バズベイトにマシンガンキャストタイプⅡ

RSS 2.0
バズベイト‥冬場は釣果がチト辛いかも知れませんが、
トップウォーター・ルアーの水面引きアクションの手軽さと、
バズベイト自体がもつあのルアー独特なフォルム(笑、が大好きです。

スピナーベイトも好きなんですが、
バスベイトは水面引きで音を出しながら進むじゃないですか。
あのアクションを考えた人はすごいなぁと。

ブラックバスがバズベイトが放つ音に反応して怒ってバイトしてくる、
とも何かで見た記憶が、真相はどうなんでしょうかねバスにしか
わかりませんけど‥

そろそろクランクベイトも含めて、巻き物ルアーに特化したベイトロッドが欲しいタイミングです。

とりあえず候補にあがっているベイトロッドがありまして、
ダイワ・スティーズのマシンガンキャストタイプⅡ、osp並木敏成プロが好きなんで(笑

近場の野池おかっぱり釣行に持っていく竿で、
このスティーズ製マシンガンキャストさえあれば‥と、
インターネットでベイトロッドの評価や愛用している方の感想を
調べています。

マシンガンキャストタイプⅡは基本バーサタイルスペックなロッドで、
タイプⅠとタイプⅡありますが、タイプⅡは巻き物に向いているとレビューでみました、
ぜひこの竿が欲しいのですが、新品価格だと流石スティーズな値段しますよね‥

かといってオークションの中古ロッドの出品開始価格みても、
やはりそれなりの値段になりますし、1円スタートで出していても3万円以上するんじゃないかと。
(竿自体の程度も関係しての価格になると思いますけど)

でも釣りビジョンの番組かDVDの映像だったと思いますが、
並木敏成プロがバスベイト(osp 02ビート)を利根川で
投げて釣っている映像をいまでも覚えていて、バズベイト=並木敏成という
イメージがあります、個人的に(まぁ並木さんは何でも使うと思いますが)

一方、スピナーベイトはノリーズ・田辺哲男プロを連想します。

そうそう「バスベイト」でした。なんだかんだ冬なんでバスフィッシングには
きびしいシーズンですよね、周りは管理釣り場やらワカサギ釣りやら行ってます。
自分ぐらいです、野池でバス釣りしているのって。でも冬場でも楽しいです、
釣れなくても寒くなければいいんですけどね。

水温が上昇してくる季節そしてブラックバスの産卵時期(スポーンって言うんですか)
を迎えてくるとトップウォーターゲームが面白くなるかなと。

驀進バズベイトの評判ってけっこう良好ですね、
でも周りのバサーでは驀進バズベイト使ってる人っていなかったなぁ。
ゲーリーヤマモト製のバズばっかりだった、ワームもゲーリー製。