バス釣りポイントの見分け方

RSS 2.0
バス釣りポイントの見分け方っていうのが分からないと、
ただやみくもに相模湖とか琵琶湖とかに行っても
どこでおかっぴきでバス釣りすれば良いのか
っていうのは検討もつきませんよね。

バス釣りするうえで知識としてストレッチとか
ラインとか仕掛けの作り方であったりっていうのが
覚えておく必要はありますが、
そもそものポイントっていうのは分かってないと、
どんな良い仕掛けであっても
釣れないっていうことになってしまいますよね。


動画とかでもきっちりと
ポイントを狙っている気がするし、
そのポイントっていうのも、
結局は雨であったり、曇りであったり、
晴れであったりっていう天気と朝とか夜とか
っていうのも大事なところなんですよね。


どうしてもバス釣りを始めた時って
ロッドのデザインとかタックルはどうするかっていうこと、
そしてワームのデザインや色、
ルアーなんかに興味が集まってしまいますけど、
それじゃあ良い釣り師にはなれないのかなと。


どんな野池などに行っても的確にポイントを
見抜くっていうのが本当に良い釣り師の条件かなって思います。


山梨県の山中湖や河口湖とかで
バス釣り出来るのか分かりませんが、
ああいった大きな湖でのポイントっていうのを
見抜く方法は知りたいですね。

相模湖であったり、琵琶湖であったりと
大きい湖っていうのはいろいろあるとは思いますが、
湖で的確にポイントを見抜くことが出来るようになったら、
それっていうのは良い釣り師になれたのかなって思います。