バス釣りのブログで技術は上手くなるのか!?

RSS 2.0
バス釣りのブログをやっている人は
結構いるみたいですが、
いろんなことが書いてありますよね。

ロッドとかルアーとかワームっていうような
道具について書いている人もいれば、
琵琶湖のポイントはこことか、
淀川のポイントはここ、
八郎潟はここがおすすめっていうように
具体的な釣り場について書いている人もいたり。

ああいう人っていうのは
群馬とか埼玉とかに住んでいて、
北の宮城や山形などの東北にも行きやすい、
静岡とか三重とか東海、関西方面にも
行きやすいとかなのかな。


個人的には新潟が酒どころなので
行ってみたい気持ちはありますけどね。


そういったバス釣りのブログを見ていると、
野池の攻略の方法とか
おかっぱりのやり方であったりなどなど
学べることが多いので、
読んでいるだけで技術が上手くなった気がします。

ただ、シャローとかリップラップとか
ブレイクなどなど専門用語が出てきてしまうと
つまるところもありますね。

ミドストって突然出てこられても
それって何なの?っていう感じではあったりします。


逆に仕掛けとかラインの結び方なんていうのは
写真が掲載されていることがあるので、
そういうのはかなり学べると思うし、
案外、収納とか針の取り扱い方とかって
人それぞれで学ぶこともあるんじゃないですかね。


ワームの付け方だって初心者の人には
難しい内容になると思うし、
実践で学ぶのも大事なことではありますが、
ブログから学ぶっていうのもありかなって思います。