春のバス釣りで快適なバス釣り生活

RSS 2.0
バス釣りするのも季節って大事だと思います。


春だとやっぱり気候が良いのでやりやすいですし、
ルアーを選ぶ手も自然とウキウキかなと。

動画を見たりしても春の装いは軽かったりするので、
休みの日にタックル選んだりするのも気持が楽ですよね。

せっかくのバス釣りなので、
修行になってしまってはいけないなって思ったりしてます。

それでもいざワームを選んだりするのは
楽しかったりするのですが。


ただ、琵琶湖も八郎潟も
やっぱり水辺っていうのは
それなりに寒かったりするので、
冬は厳しいものがありますよね。


それでも暖かい気候のところなら良いですけど、
宮城と岡山と埼玉と千葉とって比べてみたら、
やっぱり微妙に違うと思います。

ロッドとか選んだりする時に
気候とかって気にしたことはないけど、
仕掛けなんかは微妙に変えたほうが良いのかもしれません。


ラインとかも水温とかに
関係してきたりするのですかね?


そういったことはブログとかで
書いている人もいたりするのでしょうけど、
用語っていうのはなかなか自分で調べてみないと
難しいところもありますし、
みんな荒川でやる人もいれば山中湖でやる人もいるので、
ある程度知識を積まないとっていう感じですかね。


てか、世の中、どんな湖や川でも
バス釣りしている人っているんじゃないかと思うぐらい
多いかなって思います。

大江川でも津久井湖でも、
バス釣りしている人がいれば共通の話題って出来ますよね。

まさに釣れますか~
から始まる話題っていうのも良いかなって思います。