バス釣りの仕掛けの重要性

RSS 2.0
バス釣りの仕掛けっていうのは、
それがどのくらい釣れるのかっていうのを
決める要素になるのだと思います。

ルアーも用いるのか、ワームを用いるのか、
スプーンが餌釣りかっていうのは人それぞれだと思いますが、
手から伸びるロッド、タックル、
ラインなども含めて全部で仕掛けって言えるのかなって思います。


そう考えると仕掛けっていうのは1つの芸術ですよね。


ちなみに、メーカーごとに
おすすめのものだったりってありますが、
個人的にはバス釣り日記とかブログで
紹介している人たちの知識を学ぶっていうのが好きです。


上手くいったのもいかないのも学べるし、
これは千葉では成功しているけれど、
神奈川や東京では失敗しているとか。


もちろんその時のコンディションっていうのもあるので、
晴れとか雨とか朝とか夜とかっていうのも
大きく関係はしてくるのですが。


時間と言えば、千葉から栃木や群馬、
山梨ぐらいだと車でどのくらいかかるのでしょう?

山梨だと山中湖ぐらいは行ってみたいですが、
早朝に着くことを考えたら、
やっぱり深夜に出ないと間に合わないのかな・・・?


もっと遠いところ、
例えば静岡とか愛知とかもっと言えば
和歌山なんていうところであれば、
もう泊まりで行くしかないなっていう感じではあるのですが、
ちょっと近いと日帰りで行けるのかなって思ってしまったり。


ゲームとかで体験することが出来れば
良かったりと思うのですが、
なかなかそういったゲームもないだろうしな。