バス釣りでラインの選び方のポイント

RSS 2.0
バス釣りのラインの選び方のポイントっていうのは
狙うバスやどこでバス釣りするかなどによるのですかね?

バス釣りポイントっていうのも、
正直、初めて行くような湖や川では分かりますかね。

趣味で旅行っていうのもあるのですが、
山梨などに行けば、河口湖や山中湖とか、
東京なら江戸川とか多摩川とか
バス釣り出来そうなところってあるかと思います。

たとえば、多々良沼に行ったとして初めてだと
ポイントっていうのも分からないと思うし、
なかなか釣れないんじゃないかと思って。

入間川でも阿武隈川でも同じだと思いますが、
ポイントっていうのは結局のところ通いつめて
見極めるものなのかなっていう気はしてます。


ただ、旅行で宮城とか山形とか大分とか
和歌山とかもはやどこでも良いのですが、
旅行の中でバス釣りするのであれば
そんなにたくさんの時間は取れないよな~
っていう感じだったりします。


ワームがどれが喰いつきが良いとか
晴れだったらどうとか雨だったらどうとか
っていうのは経験から分かることですもんね。

それと案外、大事なのが偏光グラスが
必要かどうかっていうことじゃないでしょうか。

これば行ってみないと分からないところもあるので、
案外、必須だったりするのですが、
ロッドもタックルもルアーもワームも仕掛けすら
忘れないけれども偏光グラスは忘れたりするわけですよね。


ただ、利根川だろうと阿武隈川だろうと
淡路島だろうと水辺っていうのは日の帰りが強いと思うので、
どこでも偏光グラスは必要なんですけどね。