バス釣りのフロッグの良さ

RSS 2.0
バス釣りはフロッグでやることっていうのは
あまりないのかなって思います。

ルアーであったり、
ワームであったりっていうパターンが多いのですかね。

おすすめの仕掛けとしては
やっぱりルアーのスプーンあたりが
おすすめになるのかなって思ったりもします。


ワームもワームで色であったり、
針であったり、ラインとの組み合わせなんていうのも
考えたりするのも楽しかったりしますからね。


バス釣りってそう思うとロッドを選んだり、
タックルを選んだり、偏光グラスも
ユニクロで見たりと日常からいろいろと
楽しむことが出来ますよね。


もちろんそれなりにポイントであったりと
考えなければいけないところはありますが、
ブログで河口湖のバス釣りのおすすめを探したりすると
情報をそれなりに見つかるのではないのかなって思ったりはします。


リップラップとかシャローとか
バス釣りしていると出会うのがこの用語なんですけど、
フロッグなんていうのもそういった用語になるのかな。


フロッグとルアーとかであれば種類も
ルアーのほうがダントツで多いのもルアーで
やる人が多いんじゃないかなって思うきっかけですね。


ただ、春と夏と秋と冬ではバスだって
いろんなものを食べるだろうからフロッグが
効果的な季節っていうのがあっても良い気がしてはいます。


もちろんそれがいつなのかっていうのは
今はちょっと分からないので、
調べてみようとは思ってますけどね。


もしかしたら湖によってはフロッグが
っていうところもあるかもですよね。