2013年7月アーカイブ

バス釣りのスピナーベイトの役割

バス釣りのスピナーベイトっていうのは、
初心者の入門のものだと考えられがちですが、
熟練者の方でも愛用している人って多いみたいですね。

ただ、リールを巻くだけである程度、
バスを引き付けることが出来るので、
ルアーのほうにロッドのアクションだったり、
タックルの操作が必要ないという点では良いのかもしれません。


トップウォーターなどであれば、
水面でバシャバシャという演技が必要になってくるため、
難しいところはあるかもしれないですね。


もちろんそういったアクションが好きだっていう人もいるだろうし、
逆にヒットすれば仕掛けの作り方とかよりも、
ポイントだったり、攻略法のほうが大事っていう人も多いのではないかと思います。


好みの部分っていうのがあるというところでは、
竿の選択と同じかなって思ったりもしますね。


岩手でばっかりバス釣りしていると、
どうしてもそこの流行りっていうのが入ってきますが、
お隣の仙台だったり、秋岩手っていうような情報は
入ってこないと思います。


そんなに流行りっていうのもないかとは思いますが、
フローターの使い方とかどんなブームっていうのが
地方にはあるのかっていうのは分かりませんが、
やはりそれぞれの地方で流行っていることがあるのであれば
それはそれで知りたいところもあります。


7月は行くことが出来なかったので、
秋とか冬とかはどこかに行こうかな。

バス釣りはスポットを狙うのが大事

バス釣りはスポットを狙うっていうのが
1つ大事なポイントだと思います。

あそこだと狙った位置にルアーやワームなどの
仕掛けを落とすことが出来れば、
釣れる確率っていうのが高くなるのではないでしょうか。

もちろん狙っているスポットっていうのが的外れではダメなので、
しっかりと攻略というか、バスがどこにいるのかっていうのは
把握しないといけませんが、
初心者向けの本などにはどういったところに
バスがいるのかっていうのは説明されていたりしてますよね。


よく多摩川ならココとか江戸川なら
ココっていうようなことが書いてあったりするのがありますが、
あれってバスでもありますよね?


個別の湖ごとに解説してあったりすると良いのですが、
そういうのはどちらかというと動画で勉強したほうが
分かりやすいのかもしれないですね。


Youtubeに掲載されている動画などは栃木であったり、
新潟であったりといろんな人が投稿しているので、
いろんな場所のバス釣り動画ありますが、
やはりいろんなところで釣っている様子っていうのを
見ると行きたくなるっていうのもあったりするのではないでしょうか。


夜釣りなんていうのも、海釣りでは興味があったのですが、
バス釣りであればどうなのでしょう?


一定の効果っていうのが出るのであれば良いですが、
トップウォーターなどで狙うにしても、
暗いとバスが食いつく瞬間っていうのは分からなかったりしますからね。

それを考えると夕方ぐらいまでがベストなのかな。

バス釣りのタックルへのこだわり

バス釣りのタックルは使いやすいのが一番だとは思います。

使いにくいのはやはりバスを釣るのも難しいのかなと。

何よりルアーを操作するのにロッドと
タックルっていうのは重要ですしね。


ところで、バス釣りを夜しようと思ったらどうしたら良いのでしょう?

誰かバス釣りの夜釣りを入門させてくれる人はいないですかね。

京都とか大阪のほうで出来るようなところがあれば良いですが、
夜釣りの大会とかボートでの大会っていうのがあれば、
宮城だろうと大分だろうと出場してみたいっていうのはあります。


岩手とか確か冷麺が美味しいんじゃないかと思いましたが、
そういったご当地グルメっていうのも
遠征している時は気になってますね。


仙台であれば牛タンとか福島ならラーメンとかなのかな。


まぁ、野池でバス釣りするのにご当地グルメもないですし、
やっぱりバス釣り出来るところって都市部とは
少し離れているところが多いような気がします。


Youtubeでいろんな動画を見るのが好きだったりしますが、
新潟とか兵庫県とか行ったことがない地域っていうのは気になりますね。


そういったところっていうのは夏のほうが良いのですかね?


新潟とか山県とかになると、
冬でも雪がガンガン降っていそうなので、
バス釣りするのも難しそうな印象はありますが。


夕方のバス釣りっていうのも個人的には
オススメで夕日が落ちながらバス釣りをするっていうのは良いですね。


夕日が似合うっていうと、大阪城も良い感じではないですかね。

バス釣りはトップウォーターが一番

バス釣りはトップウォーターがやはり一番でしょう。

そう思っている人っていうのも、
案外少なくないんじゃないかと思っています。


ルアーって簡単に行ってもいろんなものがありますので、
それぞれ好みっていうのがありますが、
水面を走らせてバスをヒットさせる瞬間っていうのは
まさにトップウォーターでの攻略のだいご味だと思いますね。


ワームやフロッグなど他の仕掛けでも作り方によっては
いくらでも攻略することが出来るし、
ポイントによっても効果的なのがありますが、
Youtubeの動画などを見てもバスが
水面でガブっとくる姿っていうのはやはり良いなって思ったりはしますね。


どちらかと言えば、沼であったり、
湖のほうがそういった攻略の仕方が出来るのかなと思います。


正直、琵琶湖や河口湖、相模湖っていうような大きな湖で
ボートを使ってっていうバス釣りは初心者であり
入門としても一度もやったことがないので、
ぜひとも経験してみたいところではあったりします。


ボートで出来るスポットっていうのはどこら辺が
メッカなのかは分かりませんが、大きな湖であれば、
特に場所を選ばず出来ることがあるのでしょうか?


例えば京都などであればどういったところで
出来るのかっていうのは非常に興味があるところではあります。


牛久沼とか入間川とかそういったところでも
出来るのかなってふと思ったりはしますが、
まずは調べてみることが肝心かな。

バス釣りブログでメモ

バス釣りブログで日ごろの成果だったり、
覚えたことっていうのを記録するっていうのは良いかと思います。

二匹目のドジョウを狙うわけではないですが、
ポイントだったり、攻略法っていうのを記録しておくことで、
二度とその攻略法やポイントを忘れはしないですよね。

例えばたまにしかいけないような琵琶湖とか
河口湖とか大きな湖でのボートからのアタックっていうのは、
おかっぱりとはまったく勝手が異なるかと思います。

使うロッドもタックルもラインも
仕掛けの作り方も変化してくると思うので、
そういったところをブログに記載しておくっていうのは
大事かなって考えています。


それに、ある程度記載しておくと、
多摩川は行ってないな~とか牛久沼は良かったな~
とかいろいろ考える要素にもなるんじゃないかと思ってます。


もちろんブログによっては、
動画を掲載したりっていうことも出来ると思うので、
ラインの結び方をのせておくとか、
アクションの様子をのせておくっていうのもありですかね。


何か後から見直した時に、
自分の成長が感じられるのではないのかなって思います。


それを考えれば、撮影するための道具っていうのも必要になりますね。


釣りのための道具以外にも、
そんな道具まで準備しようとなるといろいろ必要になってきちゃいますが、
バス釣りがより上達するのであれば、
それっていうのもありかもですね。

バス釣りのポイントはどこ???

バス釣りのポイントっていうのはどこにあるのでしょう?

なかなか初心者で入門したてでは、
ポイントっていうかコツっていうのが掴めなくて・・・

それでも、その辺りの野池ではなくて、
琵琶湖とか千代田湖とか大きなところで
やってみたいっていう願望はあるのですが・・・

なかなかそれを実現するためには、
いろいろ覚えることがあるかと思いますが、
まずは一番のポイントっていうのを知りたいですね。

ロッドの使い方なのか、ルアーやワームの選定なのか、
それとも場所なのか。


仕掛けの作り方とかも大事だとは思いますが、
やっぱり投げ込むところにバスがいなければ意味がないですからね。

それを考えれば、
まずはどこにバスがいるのかっていう予想が
出来るようになれば良いのかと思ってます。


大会などに出ればうまい人たちというか、
みんなどこを狙うのかっていうのは学べるかと思いますね。

よくカレントを狙うとか聞きますが、
カレントっていうのは間違っているのかな・・・


バス釣り用語も覚えておかないと、
カタカナ語にはついていけないですからね(笑)

リグとかネストとかありますが、
リグっていうのは仕掛けかラインの何かの言葉だったかな。


そういったことも含めてですけど、
ポイントっていうのは何だろうって思います。


初心者が中級者になる程度で構わないのですが、
まずはそこからスタートしていきたいっていうのがありますね。


個人的にはやっぱり投げ入れるところか、
ルアーのアクションかな~って思いますけど。

バス釣りをボートの上から

バス釣りをボートの上からチャレンジする際、
ボートっていうのは湖などでは貸してくれるのでしょうか?

琵琶湖とか河口湖とかであれば、
スワンボートは見たことがありますが、
あれっていうのはバス釣りで
ポイントを探すためのボートではないですもんね。

よくYoutubeなどの動画では上が
平のボートっていうのを見かけることがありますが、
あればバス釣りというか釣り用のボートなんでしょうか。


でも、きっと海では使うことは出来ないのでしょうね。


釣りってボートの上からチャレンジするのと、
おかっぱりと2種類あるかと思いますが、
ボートも道具と考えると湖でも海でも釣りをする人っていうのは
2台ボートを所有していることになるのだろうか・・・

海釣りのボートっていうのは相模湖とか
絵原湖で使うようなボートとは違うと思いますので。

愛知県辺りでボートを取り扱っているところってどこなんでしょう?


なかなか普通の釣り具屋さんではないような気がするので、
おすすめはとか、選ぶポイントはって聞いても難しそうではありますよね。


ボートでバス釣りするのも夏とかであれば、
涼しいところであれば最高ですよね。

宮城、山形、青森などの東北のほうって夏は
涼しかったりしないのでしょうか?

そんなこともないのかな・・・


まぁ、西のほうが暑いとしても
大阪であったり和歌山であったりしても湖の上であれば、
ある程度は風さえあれば涼しいとは思いますけどね。

風がまったくないと辛そうですけど。

バス釣りのラインのカラーは?

バス釣りのラインのカラーは
派手なものと地味目のものではどちらのほうが良いのでしょうか?

派手なもので言えば、黄色であったり、
赤であったりとありますが、
そういった派手目のほうがバスからは見えそうですよね。

バスがどれくらい視力があるかは分かりませんが・・・


ただ、バス釣りの攻略法というか、
ポイントとしてルアーやスプーンなどで
バチャバチャ音を立てて
バスに気付いて貰うっていうのはあったと思うので、
色も派手なのが良いんじゃないですかね。


それとも7月とか季節によって関係してくるのでしょうか?


春とは秋とかは攻撃的になるから、
派手なほうが食いつきが良いとか、
夏はおとなしいからあまり関係ないっていう感じで。


そういったところまで攻略していこうとなると、
バスの生態っていうのにも興味が出てきますよね。


バス釣りっておかっぱりの時などは
どこを狙うのかっていうのが
かなり大事になってくると思いますので、
琵琶湖とか河口湖とか大きな湖になれば、
ボートを出して目的のポイントを狙うと思いますが、
それ以外にもいろいろ考えることはあるのですね。


もちろん仕掛けの作り方だって気にしなければならないし、
ワームだって使う際はラインとの結びつけ方とか
アクションとかそういったのは大事なんだと思います。

仕掛けがどういったものが
流行っているのかっていうのは分かりませんが、
動画とかでそういったのは覚えていこうかなって感じかな。

ルアーのアクションを学ぶのも良いですけど。

バス釣りのリールで選ぶべきは?

バス釣りのリールと言えば、
スピニングとベイトっていうのがあるかと思います。

どちらもリールだとは思いますが、
スピニングのほうはリールですけど、
ベイトのほうはタックルって言ったりしますよね。

リールとタックルっていうと意味がちょっと異なってくるのでしょうか?


そしてバス釣りする上では
スピニングリールと米とタックルでは
どちらを使うほうが良いのかっていうか、
どちらにどういった特徴があるのでしょう?


よくルアーなどでも、
どの水域を狙うかで特徴が異なっていたりしますが、
リールでもそういったことってあるのではないですかね?


また、作れる仕掛けが変わってくるとか、
仕掛けの作り方なんていうのが変わってくるのかなって思ったり。


どうしてもバス釣り大会などでは、
上級者っていうのはベイトタックルを使っているイメージはありますね。


バス釣りの動画なんかを見ていてもそうですが、
親指で止める感じは良いな~って思います。

ラインもいろいろあるようですが、
そういったラインのアクションなんかを
やりやすいのでしょうかね?


ところで、大阪城の周りっていうのは堀があるかと思います。


あのお堀っていうのはバス釣り出来るのでしょうか?


さすがにお城の周りだからダメですかね?


何かいつもバスがいそうだなっていう気はするのですが、
バス釣りしている人はいなさそうな気が・・・


さすがにあそこは野池扱いっていうことにはならないのですかね?
その辺りってどうなんだろう?

バス釣りのロッドと海釣りのロッドの違い

バス釣りのロッドと海釣りのロッドっていうのは、
どんなところが違うのでしょう?

海釣りの場合はロッドではなくて、
竿っていうことが多そうですけど、
具体的に何か違いはあるのですかね?


どちらもしならなければ魚を攻略することは出来ないだろうし、
しなりがロッドを選ぶ時のポイントの1つではあると思います。

バス釣りセットでも海釣りセットでも良いですけど、
比べてみると良いのかな。


バス釣りっていうのは、
琵琶湖とか多摩川とか野池とかそういったところが多いですけど、
海釣りっていうのは聞かないですよね。


海でおかっぱりしてバス釣れたっていう話は聞いたことがないので、
バスっていうのは海では生息出来ない生き物っていうことになるのかな。


夏休みなんかはバス釣りの良い時期だと思います。



学生のころはよくやったっていう人も多いんじゃないですかね。

学生の頃っていうのはおかっぱりがメインで、
場所も神奈川とか東京とか関東がメインでしたけど、
大人になれば、もうちょい愛知とか静岡とか
遠出っていうのも出来るだろうし、
ボートを浮かべてっていうのも出来そうですよね。


仙台とか福島とか関東から北上していきながら、
いろんな県でバス釣り攻略するっていうのなんか
楽しそうではあるかなって思います。


そうそうは出来ることではないですけど、
福岡とか大阪っていう西のほうに行くよりも
北の方に行ってみたいかな~っていうところはありますね。


冬はさむそうなので、春とか夏限定ですけど。

バス釣りでワームのアクションは大事?

バス釣りでワームは
アクションっていうのは必要でしょうか?

ロッドだったり、
タックルだったりを操作して
アクションってルアーの時はつけると思うのですが、
それが苦手で・・・


ワームを利用する時にもある程度、
疑似餌に見せるためにはアクションっていうのが
必要になってくるのですかね・・・?

日本地図を描いてみた時に、
地域的にこの地域はワーム使っているとか
あるのでしょうか?

バス釣りも地域ごとによって
流行りっていうのがありそうですよね。


例えばですけど、
青森などはワームを使う人が多くて、
神奈川などはルアー、
さらに西に行って大阪などはスプーンだったり
フロッグを使っているとか。


大分とか和歌山とかは仕掛けの作り方が
他の地域とは違うみたいな感じですね。


もしそうだとしたら面白いかもしれませんが、
さすがにそれはないのかな?


家にいる時はYoutubeなどで動画を見たり、
人のブログを見たりしていますが、
いろんな情報がありますよね。



おすすめのお店だったり、
物凄いバスを釣りあげる動画であったりと、
やっぱりああいった動画は
見ていて楽しいなっていうのは思います。


後は何気なく使っている道具っていうのを見つけては
それを調べるのが好きだったり。


あれって便利そうだな~っていうところから、
始まるのですが、それでいろいろ調べてみると、
今まで知らなかったような道具とかを見つけることが出来て、
それでそのままネットでポチっと
ショッピングしてしまうのもたまにあったり。

バス釣りのワームのおすすめ品

バス釣りのワームでおすすめのものってなると
どういったものになるのでしょう?

そもそもワーム選定のポイントっていうのが
イマイチ分からないのですが、
やはりバス釣り攻略のためには
バスに認知して貰わないといけないので、
派手なものが良いのでしょうか?


野池とか水が濁っていそうなところは
余計に派手じゃないとバスが見逃してしまいそうな気はしますよね。


それを考えるとルアーとかスプーンも
それなりに派手なものじゃないと
釣れないっていうことなんでしょうか?


特に梅雨時は雨によって
水が濁りそうなイメージはありますね。


風がない日とかであれば、
ごみなどを浮いてこないでしょうから、
それでもスッキリしているのかもしれませんが。


河口湖や山中湖、ちょっと言って
相模湖など山梨とか神奈川には
いろんな大きな湖がありますが、
そういったところには大きなバスがいるのかなって思います。


小さいところや、
多摩川とか江戸川とかの川っていうと
あまりヌシっていうか、
大きなバスっていうのはいないんじゃないかと思いますが、
どうなんでしょう?


もっと言えば、青森とか宮城の東北よりも、
和歌山とか大阪、大分とか南に行けばいくほど暖かくて、
バスも大きくなっていそうかなって思います。


もちろん東北のほうにだって
大きなバスはいるんでしょうけど。


東北だと阿武隈川とかありますからね。


決してバス釣りに適していないっていうようなことは
ないんじゃないかと思います。


後は腕次第かな。

バス釣りのワームでの勝率

バス釣りのワームってお手軽な釣り方で
初心者の入門としても非常にオススメではありますが、
ワームってなるとルアーと比べた時にはどの程度の勝率なんでしょう。

もちろんワームでも釣れないことはないと思いますが、
どうしてもバス釣りっていうと、
ロッドとタックルのコンビネーションが出せる
ルアー釣りが主流になっていますが、
スプーンでもフロッグでも上手い人は釣ることが出来るのでしょうね。


試しにそういった方々がおかっぱりで
チャレンジしている動画っていうのは
Youtubeで探してみても良いかもしれないですね。


愛知県とかにバス釣りの良いポイントを探しています。


愛知県に行きたいなって思っていたので、
ついでにバス釣りも出来れば良いですよね。

海釣りとかであれば、
淡路島とかそういった島のほうが
釣れそうなイメージがありますし、
海釣りであれば夜にボートでっていうのは
楽しそうではあります。


漁に行くみたいになっちゃいますけど、
他にもスポットとか海釣りってよく釣れるんだよな~
っていうポイントがいろいろありそうなイメージがありますね。


よく熟練者の人たちが狙う場所にカレントとか
何とかっていう専門用語では言われるようなところがあるようですが、
そういったところをピっとロッドで狙うことが出来る
技術っていうのは大事ではありますよね。


動画とかを見ていると派手なアクションばかりに
気をとられがちではありますけど、
そういった仕掛けの作り方であったり基本がきっちりしてますよね。

バス釣りのワームの付け方とは?

バス釣りのワーム付け方っていうのは、
ルアーなどに比べればそれほど難しくないのかなと。

ラインの結び方さえしっかりしていれば、
後はワームと針で仕掛けを作るだけなので、
覚えれば初心者でも簡単かなと思います。

ある意味では入門的な感じになるかもしれません。

ただ、スプーンとかフロッグってなると
それなりに注意しないといけないのですかね。

スプーンだとキラキラしたのが動くようにしてやらないと、
バスが攻略出来ないでしょうし、
そこが動くことにするのがポイントなんだと思います。


動画などを見ていても、上手な人はキラキラさせてますよね。


ルアーのようにロッドだったり、
スピニングリールっていうのを操作しなくても良いかと思うので、
楽ではないでしょうか。


ちなみに、バス釣りセットっていうのを買うと
ついてくるのはルアーなのか、
ワームなのかどちらもなんでしょうか?


バス釣りセットを買って、
近くの野池で上手い人に教えてもらいながら
おかっぱりでバスを釣るっていうのは
憧れのシチュエーションでしたけど、
結局、始めたのもセットではなかったし、
最初は自己流でしたね(笑)


でも、自己流ながらカレントだったり、
ストレッチなどなどいろんな用語も覚えていって、
時間帯も夕方行ってみたり、朝行ってみたりしてました。

結局、天候だったり、時間帯っていうのは
何がおすすめなのかっていうのはイマイチですけど、
そういった自己流での試行錯誤っていうのは
タメになった気がしますね。

バス釣りで夏を過ごす

バス釣りで夏休みなどを過ごす学生などは多そうですね。

社会人のバス釣り好きの方からしてみれば、
うらやましい限りではないかと思います。

夏って夜も日が長いし、朝は早くから明るいので、
ずっとバス釣りしてられるので、
出来るだけやっていたいっていう人にはおすすめですよね。


ただ、やはり暑いので、
その辺りをどうするのかっていうのがポイントですけど。


おかっぱりなどで木陰から
ロッドを振れれば別に問題ないかと思いますが、
そうでないとやはり厳しい暑さになりますもんね。


逆に雨の時なんかはちょっと涼しいくらいで良いかもしれませんが、
あまり打たれ過ぎると風邪ひくことになりますからね。


そういったことをいろいろ考えていくと、
春の風がそれなりに吹いている時っていうのは涼しくて、
すごしやすくてバス釣りもしやすいのではないでしょうか。


もっと言えば、避暑地って呼ばれるようなところは楽しそうですね。


すっかり手抜きのバス釣りになってしまいますけど。


ただ、多摩川とか江戸川とか
川のそばってうのは涼しいことが多いかなって思います。

大阪や兵庫県にはそういった川があるのかなって思いますが、
探してみればバス釣りって
いろんなところで出来るのではないでしょうかね。


夏っていうところで言えば、
宮城とかよりも秋田とか山形っていうように
日本海のほうが涼しそうなイメージがあったりします。


もちろんそれでも暑い時は暑いでしょうから、
しっかりと準備は怠ったらいけないかと思いますはしますけどね。

バス釣りの竿は慎重に

バス釣りの竿も海釣りの竿もそうですけど、
ロッドってお店にはたくさん並んでいることがあります。

素材がどうこうっていうので、
価格もかなり違うと思いますし、
おすすめされているのも異なっていたりしますが、
選ぶのが面倒になっちゃってロッドなら
何でも良いやっていうパターンってありがちですよね。


でも、大会などに出ている人っていうのは、
この辺りがしっかりしていて、
自分にしっくりくるロッドを慎重に選んでいるのだと思います。


そうしないと、ルアーだったり、
ワームだったりっていうのを選べなくなってしまうので。

しっかりコントロール出来ないとバス攻略も難しいですからね。


宮城とかであれば阿武隈川辺りでバス釣り出来れば楽ですが、
山形とかまで遠征しないと良い釣り場っていうのはないのかな。


それぞれの場所にポイントっていうのがあるかと思いますが、
行く時に雨とか冬の寒い時期っていうと辛いので、
やっぱり春から夏にかけての比較的、
バス釣りしやすい時っていうのがベストかなっていうのは思ってます。


案外、遠征したほうが夜までバス釣りっていうことが出来そうですけどね。


それと、湖などによっては
バス釣り用のボートっていうのを
レンタルしてくれるようなところっていうのもあるのでしょうか?


ボートってなかなか自分では購入することが出来ないとは思いますが、
レンタルであればかなりお手軽にボートからの
バス釣りっていうのを楽しむことが出来ると思いますので、
そういったところも探してみたいな。

バス釣りの仕掛けの工夫

バス釣りの仕掛けもそうですが、
バス釣りっていうのはいろんな工夫が出来る
ポイントっていうのがありますよね。

それっていうのは自分なりの攻略法になるのだと思いますが、
その攻略法が当たってバスがヒットした時っていうのは
嬉しいものです。

琵琶湖なら琵琶湖、
多摩川なら多摩川っていうように場所によっても
それぞれの仕掛けの工夫っていうのは出来ると思いますし、
春で風が強ければそれなりの仕掛け、
夏の暑いタイミングであればそれなりの
仕掛けっていうのがあるかと思います。


ただ、初心者がいきなり出来るっていうことでもないと思いますが、
入門の本などを見ていればそのうち自分でもこうかな~
なんて閃いたりするものですよね。


動画などで誰かがバス釣りしているのを見たりすると、
このルアー見たことないとか、
この仕掛け見たことないっていう時がくるわけですが。

そういった時こそ仕掛けの工夫を学ぶおすすめのチャンスっていうか、
ラインの結び方をとってみてもいろんなやり方がありますからね。


ルアーを操作する際のロッドの使い方っていうのも
人それぞれいろんなやり方があるというか、
癖があったりするので他の人を見て学ぶっていうのは
自分のやり方を振り返る良いチャンスになるのではないかと思います。


それが自分のためにならないっていうことはなくて、
どういったやり方であっても、
そこから学べることっていうのはたくさんあるのではないでしょうか。


とは言っても、なかなか難しいところはありますけどね。

バス釣りの春の朝に狙う

バス釣りも春の朝ぐらいになると
早朝からも苦にならないですよね。

これが冬だとちょっと寒いし、
夏だとすでに暑いなんていう時があるので、
春の風がちょうどよく吹いているぐらいの晴れの日っていうのが
一番良いのではないかと思います。

もちろん季節や地域にもよるので、春って言っても、
大分とか福岡の春っていうのと、
宮城とか山形の春っていうのでは時期が
ちょっと異なるかと思いますが・・


湖にも様々あるので、木陰がたくさんあるような湖であったり、
野池であれば涼しく楽しめますが、
それが琵琶湖などにボートをデンと浮かべて攻略しようとするのであれば、
日焼けは必須ですね。


曇りのほうが紫外線をよく浴びるなんていう話もあるので、
グラスは必要になるんじゃないかと思います。


それ以外でもおすすめの道具っていうのは
どういったものがあるのでしょうか?


収納出来るようなベストだったり、
たくさん入れられるコンパクトなルアーケースだったりと、
必要なものっていうのはいろいろ必要そうではあります


。仕掛けも数種類使いたい人っていうのは、
それなりに道具も必要になると思うし、
ロッドをいくつかっていう人はそれだけタックルだったり、
ラインだったりっていうのも持っていかなければならなくなりますからね。

自分がどういった攻略するのかっていうポイントによって、
持ち物だったり、場所だったりっていうのも
変わってくるのではないですかね。

まぁ、いろいろ覚えなければ
いけないことっていうのがあることですよね。

バス釣りの春のポイントは?

バス釣りの春の攻略ポイントっていうのはどこにあるのでしょう?

やはり生物なので、
季節ごとにいろんな動きっていうのがあるのだと思います。

それは春夏秋冬もそうですし、
朝、夕方、夜っていうのでも変わってくるのでしょう。


お腹が減っていれば、
ルアーやワームの食いつきも良いかと思いますが、
春ではどういったところが攻略のポイントになるのでしょう?


バス釣りする際にそういった風など
気候っていうのも大事なポイントになりますよね。


春はバスの目が良く見えるので、
ラインの色は派手なのはダメとか、
川が澄んでいるところでは上手くいかないなどなど。


澄んでいる川ってなるとどこでしょう?



多摩川とか江戸川とか
そういったところって澄んでいるのかなぁ?


バスは比較的、濁っていても生活していけそうですからね。


琵琶湖だろうと河口湖だろうと、
阿武隈川だろうとどんなところで
大丈夫っていうイメージはある。


その辺りの野池ですらいるのではないでしょうか。



そういった様々な要因を攻略した末の
バス釣りっていうのは楽しいようなイメージがありますが、
実際のところはそこまで考えなくても
良いのかなっていうのも思います。


カレントがどうとか、
アクションがどうとかよりも時間帯だけを考えて、
投げ込めばつれたりっていうようなこともありそうですよね。


おすすめのポイントに行ってみたりと、
何が正解かっていうのは分かりませんから、
やはりやってみるのと幅広い知識を吸収するのはどちらも大事かな。

バス釣りの初心者に対するアドバイス

バス釣りの初心者はやはりルアーの使い方というか、
ルアーを使った攻略法っていうのが難しいのかなって思います。

バス釣りする上ではルアーだったり、
ワームだったりといろんな方法があるかと思いますが、
やはりルアーを華麗にロッドやタックルなどで
動かすことを目指す人も多いのではないでしょうか?

そういう意味ではルアーの操作っていうのは
入門的な感じではないかと思いますが、
こればっかりは練習しかないですね。

スプーンなどはリールを巻いているだけで、
キラキラしてバスを引き寄せてくれたりもするようですが、
ルアーの場合は演技になりますからね。


ポイントはどこかっていうと難しいですが、
その辺りはいろいろやってみて学ぶしかないのかなって思います。


道具の選び方であったり、
ボートからのアクションであったり、
仕掛けの作り方なんていうのも大事だと思います。


最初はラインの結び方でさえ
いろいろ覚えることがあったりしますからね。
初心者の方であれば動画を見たりして
覚えることもあるかと思いますが、
それであれば、河口湖でやりたい人は河口湖の動画、
琵琶湖でやりたい人であれば琵琶湖の動画っていうように
自分のアタックしたい湖であったり、
川の動画を見ると効果的ではないでしょうか。


まずは、動画で上手い人たちがやっているように、
まったく同じにやってみることによって
上達していくはずだと思いますので。


収納について学ぶっていうのも、
後々、いろいろ役に立つのですよね。

バス釣り道具で大事なのは・・・?

バス釣り道具で大事になるのはルアーなのか、
タックルなのか、ロッドなのか分かりませんが、
どれがなくなったとしてもバス釣りとしては成り立ちませんよね。

それを考えれば、
ワームだってスプーンだって大事なわけですが、
ロッドっていうのは基本の軸になるものだから、
やはりそれなりのものを使ったほうが良いのかなとは思います。


バス釣りセットなどにはロッドってありますけど、
タックルもそうですけど、やはりそれなりですよね。


初心者が入門で使うにはもってこいだとは思いますが、
仕掛けの作り方を自分で考えたり、
バス釣り大会に出たりっていう人には物足りないのだと思います。


ボートでいろいろバス釣りしているとやはり、
おかっぱりとは違ういろんなことが分かるっていいますよね。


例えば、八郎潟にボート浮かべてバス釣りするので、
おかっぱりするのとでは、ポイントも攻略も
まったく違ってくるのだと思います。


荒川とか多摩川とか場所によってはバス釣りしている人が
多そうなイメージがありますが、
人の多いところこそ攻略ポイントの勉強にはなると思いますね。


やはりうまい人はそれなりのところを狙うというか、
持っている道具とかもですが、
仕掛けなども参考になることが多いので、
動画を見たりするのも良いですが、
近くでバス釣りをするっていうのが一番の入門になるかと思います。


もちろん人によって攻略法にクセがあったり、
得意な方法っていうのがあると思うので、
いろんな人のを学ぶのが一番にはなるかと思いますけど。

バス釣りの夜釣りってあり?

バス釣りの夜釣りっていうのは
ありなんでしょうか?

夜釣りっていうのは釣りなら
聞いたことがありますが、
それっていうのは海釣りなのが
基本かなって思ったりもします。

海釣りであれば、ボートからでも
おかっぱりからでも釣れるようなイメージはありますが、
バスにおいてはどうなのでしょうね?

ルアーの中にはスプーンのような
ピカピカするものもあるとは思いますが、
あれもきっと日光があってのことだと思うので、
夜釣りをやるとしたら餌でやることになるのですかね?

そういうのって逆に初心者の方向けの入門の本に
掲載されていたりするのでしょうか?


どうなんでしょうね?


もし、夜釣りでバス釣り大会とかが
開かれているようなところがあれば、
ぜひとも参加してみたいところではあるかなって思います。

夜釣りっていうのは日中とは
また違った仕掛けの作り方を
しなければならなかったりすると思うので、
それはそれで非常に勉強になるのではないでしょうか。


道具も日中のじゃ戦えないとなれば、
夜釣りで強い人っていうのもいそうですよね。


あくまでバス釣りで夜釣りっていうのが
ありだとした場合ではあるのですが、
岩手とか仙台とかで夜釣りが出来そうなところってないですかね?


仙台っていうのは大げさですが、
宮城はいろんなところに海があるわけですし、
湖もそれなりにあると思うので、
その辺りの野池でも良いので出来るところがあるというのであれば
行ってみたいものです。


夜釣りに関してはまったくの初心者ですが・・・

バス釣りの用語を知っていると知らないとでは

バス釣り用語っていうのは知っているのと
まったく分からないのとでは、
いろんな差が出てきますよね。

もちろん用語なんてまったく知らなくても
バス釣りが上手い人はいますし、
ポイントなんかも的確に狙う人っていますが、
やっぱり上に行けば行くほど
バス釣り用語についても知っている人は多いかなって思います。


普段のバス釣りの会話にもはや用語が出てくるので、
知らないと辛いところもありますが、
中には千代田湖のポイントって言ったらココとか、
琵琶湖のポイントって言ったら
ココっていうようなこともありますからね。


道具とかもルアーとかワームとかラインぐらいは
誰でも知っているかと思いますが、
ワームの仕掛けの作り方についての用語であったり、
ポイントを狙う際の用語であったりっていうのは、
ポイントについて話をする時には必要ですよね。


トップウォーターだったり、カレントであったり、
フローターなどなど用語って言っても
いろいろあるかなって思います。


まぁ、後はどのくらい夢中かっていうのにもよるかと思いますけど、
バス釣り雑誌とかには解説のコーナーとかもあるんじゃないですかね。


どうしてもそういったのに比べて
宮城のあそこの湖は良いとか、
多摩川のあそこはボートで攻略すると良いっていうような
情報ばかりに目がいきがちだとは思いますけど。


やっぱりそれと同じくらいに用語っていうのも
大事にしていきたいですね。


と言っても、そういう自分も
バス釣り用語についてはあまり知らないところがあるのですが・・・

バス釣りセットからの卒業

バス釣りセットって初心者が入門のために
ロッドやルアー、タックルなど一通りついてくるものだと思いますが、
このバス釣りセットからの卒業っていうのはいつになるのでしょう?

道具をいろいろ自分でそろえ始めてからは、
ルアーをいくつか持つようになってからか。

個人的にはスピニングからベイトに
変えたぐらいが卒業のタイミングかなって思ってますけどね。

やっぱり入門のセットではロッドなども
それなりなのかなって思います。


それでも仕掛けの作り方をしっかりして、
ポイントを外さなければ釣れるのだとは思いますが。


ロッドとかであれば、
ルアーの操作がやっぱり変わってくるのかなって思いますね。


バス釣り大会とかに出るのであれば、
ダメなことはないですが、
入門のセットだとやっぱり素人だって
わかっちゃうのではないでしょうか。


だからこそ、熟練者の方に
タックルはこうとかフロッグはこんなのが良いとかって
教えて貰えそうな気もしますけど。


バス釣りってアクションが醍醐味な部分もあるので、
そういった意味ではロッドは操作しやすいのが良いわけで、
操作しやすいのであれば初心者用のでも
何でも良いのかなっていうのも思います。


ラインもいろいろありますけど、
結果的にはバス攻略のために
どれが最適かっていう話だけですもんね。


大きさが大きければラインも太くしないといけないだろうし、
でもあんまり太すぎるとバスからラインが見えちゃうのかな~
っていう心配もちょっとあったりしますよね。

バス釣りルアーの選択の重要性

バス釣りルアーの選択っていうのは、
もはや釣れるか釣れないかの選択だと思います。

それはワームでもスプーンでも同じことが言えますが、
仕掛けの作り方なんかも大事だとは思いますが、
まずは何を持ってしても何でバスの
注意を引くのかっていうのは大事ですよね。

多摩川と江戸川とか東京と大阪のバスが
激しくことなるっていうことはないと思うので、
例えば和歌山で通用した仕掛けやワームなどが
宮城や山形ではまったく通じないっていうことはないかと思いますが、
それでも地域ごとにおすすめっていうのはあるのだと思います。


それとももっと気にしたほうが良いことてあるのですかね?


ポイントなどはカレントを狙うとか、
ある程度の入門程度の知識があれば、
後は経験しかないんだろうなって思ってます。

春先はどの辺りを狙ったほうが良いとか、
夏はこことかっていうのは本でいくら読んでも
やってみないと分かりませんもんね。

ブログなどでいろいろ書いている人もいますが、
そういった情報っていうのは現地に行く時に非常に役に立ちます。


最近では栃木の方が書いているバス釣りの日記を見て、
栃木に行きたいと本気で思っていますからね。

遠くて実際に行くにしても時間がかかりますが、
インターネットで調べる楽しみっていうのは
こういうところにもあるのかなって思います。


自分の身の回りだけでは分からない情報っていうのが
インターネットを使うことによってたちまち分かる。

それはロッドだったり、
新しく発売されたスピナーベイトなんかでもそうですよね。

バス釣り大会で自分の腕試し

バス釣り大会っていうのは
バス釣り入門の人も初心者でも熟練者でも
自分の腕試しにはもってこいの場所ではないかと思います。

やはり普段、何気なく野池でやるのと、
しっかりと大会として野池でやるのでは
緊張感が異なりますからね。

大会ってなればルアーだってロッドだって
厳選しなければなりませんし、
何よりポイントっていうのも
かなり重要な要素になってくるかと思います。

このポイント選びっていうのを外してしまっていると、
タックルが良かろうと仕掛けの作り方が抜群であろうと
ダメだと思うので。

そして、そういったポイントの選び方というか
見極めっていうのはいろんな川であったり
湖に行くことによって培われるものではないでしょうか?


野池なら野池だけとか琵琶湖なら
琵琶湖だけっていうのではなくて、
琵琶湖も河口湖も多摩川も江戸川でもやることによって
ポイントはここかなっていうのが身についてくるのだと思います。

きっとですけど。


それを考えれば、今、一番行きたいのは岡山だったりしますね。

なかなか行く機会っていうのがないので
行ってみたいっていうのもありますが、
あっちの方面に行っていろいろと
やってみたいっていうのが強かったりします。


他にもポイントを見つける目を養うっていうこと以外には、
仕掛けの作り方っていうのをいろいろと学べたら良いですね。

それっていうのはネットで調べたりだとか、
バス釣りが好きな人と会話をしてみるだとか
そういった方法っていうのがやはり主流になってくるのでしょうか?

バス釣り動画をアップ

バス釣り動画を世の中にアップすれば、
ネットでいろんな批判だったり、
おほめだったりっていうのが貰えるのではないかと思います。

中には心ない意見もあるかもですが、
そこから学べることっていうのはあるのではないかと思うんです。

バス釣り初心者ではないですが、
熟練者っていうほどでもないので、
いろんなことが学べるのであれば、
仕掛けの作り方であったり、
ルアーの操り方であったりっていうのを
動画でアップしてみるのは面白いかもですね。

ただ、動画を撮影する時は
他の人には注意しなければですよね。

やっぱり多摩川とか琵琶湖とか有名なところであれば、
それだけ多くの人が遊んでいるとも思いますので、
うかつに映ってしまっては、
それを動画に流すっていうのは避けたほうが良いんじゃないかと思ってます。


バス釣り大会とかの動画であれば良いかもしれませんが、
それも大会の主催者の許可を貰ったりしたほうが良いのでしょうかね?


ちなみに、動画を撮影する時には道具の選び方であったり、
ボートからのポイントの狙い方などなど
いろいろ気をつけることってあると思います。


その辺りの立ち振る舞いっていうのはかなり大事ですよね。



ちなみに、埼玉の春日部とかでボート浮かべて
バス釣り出来るようなところってありますでしょうか?


さすがにいきなり遠くでっていうのは辛いので、
栃木とか群馬ぐらいまでで考えたいところではあります。

遠くに行けば釣れるかもっていうのもありますが、
最初は近場で何とかしたいですね。

バス釣り動画youtubeでバス釣りを学びた~い

バス釣り動画youtubeでバス釣りを学ぶことが出来ますかね?

上手な人のバス釣りの様子っていうのが動画であるので、
ルアーの使い方とかワームの選び方っていうのを見ていると
覚えることが出来るかな~。

ただ、あまりにも上手過ぎると初心者の入門には
ちょっと厳しいっていう感じになるかもですけど。

動画見ていて、多摩川とか琵琶湖とかで
ボート浮かべてバス釣りしているとして、
ここのカレントがとか、風向きがどうこうって言われても
厳しいこともあるのかなって思います。

京都に行ったことがない人に京都の地元の人しか知らない
お店を言ってもあまり響かないのと一緒な感じですかね。

バス釣りもいきなりボートとかではなくて、
まずはおかっぱりから少しずつ学んでっていうところではないかと思います。

ロッドとかタックルっていうのも、
いきなり良いものも良いかもしれませんが、
少しずつ技術をつけてからやるのが良いかと思います。

夏の晴れも冬の雨も経験してこその技術っていうのもあるかと思うので。


ちなみに、バス釣りっていうのは
夜釣りすることは出来ますかね?

夜釣りって海とかであれば
かなり釣れるようなイメージがあったりもするのですが、
バス釣りでも釣れるのであればやってみても良いですよね。


それもyoutubeの動画とかで
バス釣りの夜釣りっていうことで探してみようかなって思います。


いきなり動画でなくてもブログとかで
夜釣りしてきましたっていうのがあれば、
どうなのかっていうのは分かるのではないかと思いますね。

バス釣り入門ではワームでチャレンジ

バス釣り入門ではワームで
チャレンジするのが良いのかなって思って
ワームでやってました。

冷静に考えれば、ルアーでもスプーンでも
良いかと思うのですが、
動画などを見ているといきなりロッドと
タックルの組み合わせでルアーを操作するっていうのは
難しいのではないかと思って・・・

仕掛けなどもちゃんと作れない中で、
ラインの結びが甘くてルアーがポーンって
飛んでしまっては悲しいですからね。

入門では攻略っていうのもまったく分からないので、
やっぱり風向きとかあまり気に留めることがなくて、
ポイントも分からないので
やっぱりなかなか釣れることっていうのは
出来ないんですけどね。

バス釣り初心者の時は上手い人に大きな湖、
それは琵琶湖でも河口湖でもどこでも良いと思うのですが、
そういったところでボートに乗せてもらって
ガンガンつれたりするとすっかりハマったりするのですけどね。


宮城とかでもよく釣れるところっていうのは
あるのかなって思いますけど、
仙台とかだと湖とかなさそうですよね。

宮城でバス釣りするとなれば、
野池っていうことになるのだろうか?

てか、野池でバス釣りしている人がいますけど、
あれっていることが分かってやっているのかな~
っていうのはいつも思います。

もちろんそうじゃなきゃやらないとは思いますが、
それでも本当に・・・?っていう疑いの目が(笑)

案外、そういった野池のほうがライバルも少ないし、
バスもあまり慣れてないためにワームとかでも
サクっと釣れちゃうかもですけど。

バス釣り用語が分からない

バス釣り用語っていうのは分からないと
ブログなどを見ても分からないことがありますよね。

一番最初に分からなかったのはカレントですね。

確か水流がどうとかってことだと思いますけど、
他にもチャンネルとかパンチングとか
ストレッチなんていうのはまったく想像もつかず・・・

ストレッチっていうのは体操のことだと思っていましたから(笑)


仕掛けの作り方とかワームの選び方、
ルアーの選定なんていうのはバス釣りしているうちに
何となく分かってきたりしますが、
用語だけは覚えようとしないと分からないものですよね・・・

まるで、宮城や山形に住んでいながら、
大阪や和歌山などの関西方面の地理について覚えるようなものですね。

それでもバス釣りが好きなので、
用語っていうのも覚えることが出来るのですが、
細かい人は夕方はどういったポイント、
朝はどういったポイントって記録している人もいるようですね。


もはやただの釣り人ではなくて、
研究者っていうイメージすら受けたりしますが、
そういった研究成果を動画などの配信して貰えると
初心者の入門としては非常にありがたかったりしますね。


アクションなどは自分でやっているとこれで良いのかな~
って迷うことが多々あるので、
正しいやり方っていうのが動画とかで見ることが出来れば、
スマートフォンなどを利用して
正しいやり方を身につけるのですけどね。


もちろん雑誌などでもいろんなことが学べるのですが、
動いているほうがリアリティがあるというか学べるんですよね。

フローターでバス釣りを体験

フローターでバス釣りを体験というか、
フローターでもなくて良いのですが、
バス釣りを体験したいという人には
どこから体験させてあげるのが良いのでしょう?

体験って言っても、
湖とか川とかに遊びに行った時に
体験するっていう形ではあるかと思いますが、
アクションであったり、
仕掛けの作り方っていうのを体験することが出来れば
楽しんで貰えるのですかね?

春先とか夏でも風が吹いているようなところであれば涼しいし、
天気も晴れだと良いですよね。


ラインの選び方だったり、
ルアーの選び方だったりっていうのを
1から体験することによって
バス釣りが好きになってくれるのかなって思います。

ボートからやればバス釣りしている人でも
なかなか体験出来ないことではあるので、
やはりそれはそれでありかなっていうのは思います。


出来れば、野池とかよりは多摩川であったり、
琵琶湖であったりと有名なところか、
新潟とか山県とか大分県などと言った地方に
遊びに行った時に現地のバス釣りのポイントで
遊べることが出来れば最高かなって思います。


バス釣りが好きな人は栃木とか他の県に遊びに行った時も、
予定が1つ決めることが出来るのが良いですよね。

それが周りの人に認められないとダメではありますが、
朝からとか夕方からとか時間帯はいつでも良いのですが、
普段はなかなかいかないような場所で
バス釣りを体験するっていうのはなかなか出来ることではないし、
やっぱり楽しいんじゃないのかなって思います。

雨はバス釣りには好都合

雨のバス釣りっていうと、
カッパが必要であったり、
地面がぬかるんでいたりするために注意が必要ですが、
雨だと他のバス釣りしている方がいないので
のびのび出来るっていう利点はありますね。

おかっぱりなどをしていても、
好きなところに広く構えて出来るっていうのは良いかと思います。

湖で琵琶湖とか河口湖とかだと、
観光客の方もいますが、雨だと少ないですからね。


栃木とか岩手とかちょっと行ってみたいと思っていて、
バス釣りの道具を持って夏には
遊びに行ってみようかなって考えてます。


どこかに遠出でバス釣り行く時って
収納に限界があるので、
ワームとかフロッグなんていうのも厳選することになりますが、
この厳選するっていうのが楽しかったりします。

特に新しいスピナーベイトを買ったばかりとか、
ロッドを買ったばかりなんていう時は
それと一緒に行くんだな~っていう感じではありますよね。


バス釣り大会などを見ていると、
みんなルアーは特にいろんなものを持っていますが、
使い分けることが出来るのでしょうか

?気分なんですかね?


仕掛けとかも微妙に違うので、
個性が出るところだなって思って見ていますけどね。


ボートでやるバス釣りとかはやってみたいですけど、
ボートって免許とか必要ないんでしょうか?

よくボートやる人はボート用語で
話していたりすることがありますが、
それも覚えないとダメですもんね。

ロッドの管理などでも
いっぱいいっぱいなところがあるので、
それはやっぱり難しいかな・・・

河口湖のバス釣りってどんな感じだ?

河口湖のバス釣りっていうのは
どういった感じになっているのでしょうか?

アヒルボートも浮かんでいるだろうから、
ここが釣りスポットですよ
っていう感じの場所があるのでしょうかね?

何ごとも人に迷惑かけちゃいけないと思うので、
バス釣りする時もそうだし、
同じバス釣りをしている中でも、
仕掛けを作るのにワームだのルアーだの
ラインだのっていうのを広げすぎるのも良くないですよね。


おかっぱりで場所で
広いところなら良いとは思いますけど。

ただ、邪魔っていうわけじゃなく
交流はしてみたいですね。


そのスピナーベイト良いですねっていう感じで。



バス釣りしている人が
そういう交流が好きかどうかは分かりませんけど、
この仕掛けはどうしたら良いですかとか、
ポイントはどこですかっていうような
情報共有は楽しそうかなって思います。

基本的に釣りって一人でやっている人が多いので、
そういった交流も実はしたい人も
いるんじゃないですかね。

交流っていうところで言えば、
大阪に住んでいる人なら
交流してくれそうなイメージはあります。


愛知とか岡山とか西のほうの人は
関西弁とかで交流してくれそう。

もちろん宮城とか山形とか東のほうでも
してくれる人はしてくれるとは思いますけどね。


交流するにしても、
レベルの高い人と交流ってなると
ネストとかバイトとかカレントっていうような
バス釣り用語がいろいろ並んじゃうようだと
ちょっと厳しい気がしています。


やはりそれなりのレベルの同じぐらいの人っていうのが大事ですよね。

荒川バス釣りで大物ゲット!!

荒川バス釣りはバス釣りとしては結構、
多くの人がやっているのか、
それともあんまり人気のスポットではないのかっていう話はあります。

どうしても荒川ってバスがいるような
イメージがあまりないのですが、
そもそもバスってどこにいるのでしょう?

野池とかだといるようなイメージはあるのですが、
それも池だったり湖っていう感じがします。

川っているのかな~。


日本の大きな川っていうと
江戸川とか多摩川とか利根川とかいろいろありますけど、
そもそもバスっていうのはどこにでも
生息することが出来るのかな?


何かバスの生態についての話になってしまってますけど。


バス釣りセットとか買っても
バスが近くにいなければ意味がないですからね。

そこは調べておかないと。


てか、岐阜辺りに派手にバスが釣れるところ、
しかもワームの仕掛けで
釣れるところってないですかね?


ルアーだと技術が必要だと思うのですが、
ワームだと何となく投げ入れれば良いのか
っていうイメージ。

それこそ岐阜も琵琶湖が近くって言えば、
近くにあるので、琵琶湖で
釣れるかもしれませんね。


琵琶湖ぐらい大きければ
どこかにはいるでしょうっていう感じです。


バスって強いので、
もしかしたら他の魚を駆逐して、
自分たちだけが繁殖してそうな可能性もありますけど、
そもそも外来魚だと思いますからね。


あまりにも数が多いようなと、
攻略法とかも必要なくて
ただただ投げ入れれば釣れるっていうようなことにも
なるのではないでしょうか。

山中湖はバス釣りとバーベキューで決まり!?

山中湖とバス釣りとくれば、
もうバーベキューもやるしかないでしょって感じです。

おかっぱりでバーベキューを近くでやりながら、
バス釣りするっていうのは良くないですかね。

動画とかを見ていても
そういった大騒ぎしているのってあるじゃないですか。
ああいうのをやってみたいです。


もちろんバス釣りも真剣ですけどね。



ただ、バーベキューっていうのが
許可されてないとダメではありますよね。

多摩川なんかは神奈川のほうはダメだけど、
東京のほうは良いっていう話も聞いたことがありますし・・・


ただ、バーベキューするとして、
荷物が増えるので収納がたくさん詰める車がないと
きついのかなって思ったりもします。


そうじゃなくても、バス釣りはロッドにルアーにワーム、
ラインにといろいろと荷物が必要になるので。

でも、バーベキューしながらであれば
バス釣りに興味ない人も呼べるし、
みんなで楽しめますよね。

大阪とか愛知とかそれなりに
バーベキュー出来るところと
バス釣りが出来るところっていうのはあると思いますが、
そのどちらも出来るところってないのかなぁ~。


後、こうやって一緒にやる利点としては
仕掛けを作っている時とか、
釣れた時なんかに興味持ってもらうことが出来そう。


まぁ、バーベキューを近くでやるなら
ポピュラーに食べることが出来る魚のほうが
ウケは良いかもですけど。

秋だとさんまとかね。

さんまなんて釣りで釣れるっていう話は
あまり聞かないですが。


夏だとどういった魚になるのかな・・・

相模湖のバス釣りで盛り上がろう

相模湖でバス釣りっていうのは経験はないですが、
相模湖自体は見たことがあります。

湖って大きくて壮大で良いですよね。


大きな湖っていうのと河口湖とか山中湖とかいろいろありますが、
やはり琵琶湖っていうのが一番なのかなって思います。

琵琶湖ぐらいになるとバス釣りするのも
ポイントが分からないですよね。

ボート浮かべて走っていたとして、
あの辺にいるかなっていうような場所あるのでしょうか?

それを考えれば、野池のほうがバスが
隠れていそうな場所であったりと見れるような気もしています。

これから夏本番となれば、
日本海側の秋田とか新潟とかのほうが
涼しくて外でバス釣りするのも良い気候ですよね。


おかっぱりって車で近くまで行けることもあるので、
車で一休みも可能ですが、ボートでいくと実際、
体感気温っていうのはどうなのでしょう?

水の上だから涼しそうなイメージあるし、
晴れでも辛くなさそうですけど、
日にはやっぱり派手に焼けるかな・・・


仙台とか青森とか実際、
遠くのことを知ろうと思ったらネットで
他人様のブログで拝見するのが手っ取り早い方法ではありますが、
公式サイトなんていうのはないのかな。

県でバス釣りを推奨しているようなところがあれば、
県のサイトでバス釣りのポイントをっていうのも
あったりするかもって思いますけどね。


春日部とかそういったのを推奨していないですかね?


突然ではありますけど、
どこに行きたいと言われれば
関東のあのあたりに行ってみたいんですよね。

多摩川バス釣りは何で攻略?

多摩川バス釣りはワームやルアー、
フロッグなどなどありますが、
何で攻略するのが良いのでしょう?

というか、多摩川でバス釣りって出来るのですかね?

あれだけ広いとバスがいるポイントっていうのは
かなり違ってくるかと思いますが、
もし多摩川でやるなら調べていったほうが
良いのは間違いないですね。

他にも東京であれば、荒川とか江戸川とかありますが、
川っていうのには基本的にはバスっていうのはいるのかな?


バスの生息マップのようなものがあれば良いのですが・・・


ブログとかネットとかで調べてみると、
琵琶湖の紹介だったり、
栃木の野池の紹介であったりするので、
生息マップなんていうのもないのかな。


ブログで河口湖調べてみると、
中には単純に河口湖で遊んだ様子っていうのが
紹介されているものもあったりして・・・


それはそれで見ていて、楽しいのですが。


宮城とかも阿武隈川っていう川が流れていたような気がします。


それって山県や岩手なども流れているのかは知りませんが、
そういうところでもバス釣りが出来るのであれば、
今後、ちょっと考えてみても良いのかなっていう気はしています。


バス釣りってバスがいるから釣れるっていうわけでもなくて、
春や夏、晴れや雨などのその時の環境に合わせた
ポイントに適した疑似餌っていうのを投げることによって
釣れると思うんです。


もちろん最初はそんなの分かるわけないので、
おすすめのものを闇雲に投げるだけだったんですけどね。


それも良い思い出です。

梅雨のバス釣りはよく釣れる!?

梅雨のバス釣りっていうのはよく釣れるのですか?

基本的に梅雨のバス釣りってなると
雨のバス釣りを想定するのですが、
天気は晴れよりも雨のほうが釣れるんじゃないですかね。

バスがよく動くっていうか活発になりそうです。


ただ、雨が降ってしまっては水が濁ってルアーだったり、
フロッグだったりっていうのがバスから
見えないんじゃないかという心配はありますが。



三重や大阪辺りに行ってみたいと思っていますが、
バス釣りするために行くっていうのはちょっとあれかな。

大阪であれば、USJとかに観光しに行きつつ、
バス釣りの日も1日予定するっていうのは良いでしょうか。


ただ、知らない場所っていうのはポイントが分からないので、
そういったのはブログなどネットの情報を
ぞんぶんに活用するしかないですね。

まぁ、それは琵琶湖だろうと、河口湖だろうと、
相模湖だろうと一緒ですけど。


昔はそういった仕掛けとかワームの情報なんていうのは雑誌か、
店員さんから聞くしかなかったんですけど、
今は便利な世の中になったな~っていう感じではありますね。


もちろん今でもそういったところからの
情報っていうのは大事ですけど、
バス釣り初心者が入門のためには、
本を読むよりパソコンで検索したほうが早いですからね。


ブログで野池についてだったり、
それぞれの地域についてのポイントっていうのが紹介されているので、
それをある程度把握すれば、
バス釣りの技術もそこそこまではいくんじゃないのかな。

琵琶湖でバス釣りは可能?

琵琶湖でバス釣りっていうのは出来ますかね?

てか、可能だとしてもどこでバス釣りすることが出来るのでしょう?

おかっぱりで出来るのか、
ボートを浮かべなければ出来ないのかっていうのも
知りたいところです。

よく湖にボート浮かべて釣りしている姿っていうのが見れますが、
初心者だとなかなか難しいところもありますよね。


ちなみに、ボートでバス釣りしようと思ったら、
琵琶湖以外にはどういったところがあるのでしょう?

湖ってなると、他にも河口湖とか山中湖とかになるのですかね?

後は川に浮かべるっていう手もあるかと思うので、
多摩川とか江戸川とか良いんじゃないかと思いますが、
そもそもボートに勝手に浮かべるっていうのは
ありなんでしょうか?


夏、7月とか8月とかであれば、
ボート浮かべて遊ぶっていうのは
バス釣り抜きでも楽しそうですが、
禁止されていそうな気もしますよね・・・


実際、ボートっていうのはバス釣りからしてみれば、
道具の中では重要なのかなって思ったりもしてます。


狙ったポイントに行くのには必要かと思いますが、
やっぱり価格も高いだろうしなって思うところもありますし。


ボート買うぐらいだったら、お目当てのロッドだったり、
ルアーを購入するっていう人も多いのではないでしょうか。


もちろんそれはそれでありな選択肢だとは思いますが、
やっぱりバス釣りする人であれば一度くらいは
誰かのボートでも構わないので、
その上からバス釣りしてみたいって思いますよね~

野池でバス釣りの修業を

野池でバス釣りっていうのは定番の場所ではないかと思います。

琵琶湖とか相模湖とか河口湖などなど
バス釣りをする場所っていうのはありますが、
やはり一番は野池ではないでしょうかね。

まぁ、どういったものを野池っていうのかは分かりませんが、
埼玉とか山県とかどこにでもあるのが野池だと思うので。


ただ、野池に必ずバスがいるのかっていうと、
決してそういうことではないような気もしますね。

バス釣りするならバスがいる野池で
やらないことにはまったく意味がない・・・


初心者だと、まずはバス釣りセットのようなものを購入してきて、
ロッドの振り方からやることになると思うので、
誰もいないような野池っていうのは便利だと思います。


他に人がいたりすると、プレッシャーかかるし、
事故になったら嫌ですもんね。


もちろん人がいない野池っていうのは
釣れないのかもしれませんが・・・



山中湖とかになれば、
観光でボートに乗っている人にぶつけてしまえば
一大事になると思いますし。

そんなところでバス釣りは許されないとは思いますけど。



春だったり、夏だったりで言えば、
野池は梅雨の時期は避けたほうが良いかと思います。

水かさとかが増してくると危ないですからね。


やはり安全第一で行うべきかと。


特に野池ではなくて、多摩川だったり、
渡良瀬川だったりと川でやろうと考えている人は
梅雨じゃなくても、大雨の時には避けたほうが無難だと思います。

仮に鉄砲水なんか来て、
さらわれてしまえばそれまでになるので。