バス釣りで夏を過ごす

RSS 2.0
バス釣りで夏休みなどを過ごす学生などは多そうですね。

社会人のバス釣り好きの方からしてみれば、
うらやましい限りではないかと思います。

夏って夜も日が長いし、朝は早くから明るいので、
ずっとバス釣りしてられるので、
出来るだけやっていたいっていう人にはおすすめですよね。


ただ、やはり暑いので、
その辺りをどうするのかっていうのがポイントですけど。


おかっぱりなどで木陰から
ロッドを振れれば別に問題ないかと思いますが、
そうでないとやはり厳しい暑さになりますもんね。


逆に雨の時なんかはちょっと涼しいくらいで良いかもしれませんが、
あまり打たれ過ぎると風邪ひくことになりますからね。


そういったことをいろいろ考えていくと、
春の風がそれなりに吹いている時っていうのは涼しくて、
すごしやすくてバス釣りもしやすいのではないでしょうか。


もっと言えば、避暑地って呼ばれるようなところは楽しそうですね。


すっかり手抜きのバス釣りになってしまいますけど。


ただ、多摩川とか江戸川とか
川のそばってうのは涼しいことが多いかなって思います。

大阪や兵庫県にはそういった川があるのかなって思いますが、
探してみればバス釣りって
いろんなところで出来るのではないでしょうかね。


夏っていうところで言えば、
宮城とかよりも秋田とか山形っていうように
日本海のほうが涼しそうなイメージがあったりします。


もちろんそれでも暑い時は暑いでしょうから、
しっかりと準備は怠ったらいけないかと思いますはしますけどね。