バス釣りのワームの付け方とは?

RSS 2.0
バス釣りのワーム付け方っていうのは、
ルアーなどに比べればそれほど難しくないのかなと。

ラインの結び方さえしっかりしていれば、
後はワームと針で仕掛けを作るだけなので、
覚えれば初心者でも簡単かなと思います。

ある意味では入門的な感じになるかもしれません。

ただ、スプーンとかフロッグってなると
それなりに注意しないといけないのですかね。

スプーンだとキラキラしたのが動くようにしてやらないと、
バスが攻略出来ないでしょうし、
そこが動くことにするのがポイントなんだと思います。


動画などを見ていても、上手な人はキラキラさせてますよね。


ルアーのようにロッドだったり、
スピニングリールっていうのを操作しなくても良いかと思うので、
楽ではないでしょうか。


ちなみに、バス釣りセットっていうのを買うと
ついてくるのはルアーなのか、
ワームなのかどちらもなんでしょうか?


バス釣りセットを買って、
近くの野池で上手い人に教えてもらいながら
おかっぱりでバスを釣るっていうのは
憧れのシチュエーションでしたけど、
結局、始めたのもセットではなかったし、
最初は自己流でしたね(笑)


でも、自己流ながらカレントだったり、
ストレッチなどなどいろんな用語も覚えていって、
時間帯も夕方行ってみたり、朝行ってみたりしてました。

結局、天候だったり、時間帯っていうのは
何がおすすめなのかっていうのはイマイチですけど、
そういった自己流での試行錯誤っていうのは
タメになった気がしますね。