バス釣りのリールで選ぶべきは?

RSS 2.0
バス釣りのリールと言えば、
スピニングとベイトっていうのがあるかと思います。

どちらもリールだとは思いますが、
スピニングのほうはリールですけど、
ベイトのほうはタックルって言ったりしますよね。

リールとタックルっていうと意味がちょっと異なってくるのでしょうか?


そしてバス釣りする上では
スピニングリールと米とタックルでは
どちらを使うほうが良いのかっていうか、
どちらにどういった特徴があるのでしょう?


よくルアーなどでも、
どの水域を狙うかで特徴が異なっていたりしますが、
リールでもそういったことってあるのではないですかね?


また、作れる仕掛けが変わってくるとか、
仕掛けの作り方なんていうのが変わってくるのかなって思ったり。


どうしてもバス釣り大会などでは、
上級者っていうのはベイトタックルを使っているイメージはありますね。


バス釣りの動画なんかを見ていてもそうですが、
親指で止める感じは良いな~って思います。

ラインもいろいろあるようですが、
そういったラインのアクションなんかを
やりやすいのでしょうかね?


ところで、大阪城の周りっていうのは堀があるかと思います。


あのお堀っていうのはバス釣り出来るのでしょうか?


さすがにお城の周りだからダメですかね?


何かいつもバスがいそうだなっていう気はするのですが、
バス釣りしている人はいなさそうな気が・・・


さすがにあそこは野池扱いっていうことにはならないのですかね?
その辺りってどうなんだろう?