バス釣り大会で自分の腕試し

RSS 2.0
バス釣り大会っていうのは
バス釣り入門の人も初心者でも熟練者でも
自分の腕試しにはもってこいの場所ではないかと思います。

やはり普段、何気なく野池でやるのと、
しっかりと大会として野池でやるのでは
緊張感が異なりますからね。

大会ってなればルアーだってロッドだって
厳選しなければなりませんし、
何よりポイントっていうのも
かなり重要な要素になってくるかと思います。

このポイント選びっていうのを外してしまっていると、
タックルが良かろうと仕掛けの作り方が抜群であろうと
ダメだと思うので。

そして、そういったポイントの選び方というか
見極めっていうのはいろんな川であったり
湖に行くことによって培われるものではないでしょうか?


野池なら野池だけとか琵琶湖なら
琵琶湖だけっていうのではなくて、
琵琶湖も河口湖も多摩川も江戸川でもやることによって
ポイントはここかなっていうのが身についてくるのだと思います。

きっとですけど。


それを考えれば、今、一番行きたいのは岡山だったりしますね。

なかなか行く機会っていうのがないので
行ってみたいっていうのもありますが、
あっちの方面に行っていろいろと
やってみたいっていうのが強かったりします。


他にもポイントを見つける目を養うっていうこと以外には、
仕掛けの作り方っていうのをいろいろと学べたら良いですね。

それっていうのはネットで調べたりだとか、
バス釣りが好きな人と会話をしてみるだとか
そういった方法っていうのがやはり主流になってくるのでしょうか?