バス釣り道具で大事なのは・・・?

RSS 2.0
バス釣り道具で大事になるのはルアーなのか、
タックルなのか、ロッドなのか分かりませんが、
どれがなくなったとしてもバス釣りとしては成り立ちませんよね。

それを考えれば、
ワームだってスプーンだって大事なわけですが、
ロッドっていうのは基本の軸になるものだから、
やはりそれなりのものを使ったほうが良いのかなとは思います。


バス釣りセットなどにはロッドってありますけど、
タックルもそうですけど、やはりそれなりですよね。


初心者が入門で使うにはもってこいだとは思いますが、
仕掛けの作り方を自分で考えたり、
バス釣り大会に出たりっていう人には物足りないのだと思います。


ボートでいろいろバス釣りしているとやはり、
おかっぱりとは違ういろんなことが分かるっていいますよね。


例えば、八郎潟にボート浮かべてバス釣りするので、
おかっぱりするのとでは、ポイントも攻略も
まったく違ってくるのだと思います。


荒川とか多摩川とか場所によってはバス釣りしている人が
多そうなイメージがありますが、
人の多いところこそ攻略ポイントの勉強にはなると思いますね。


やはりうまい人はそれなりのところを狙うというか、
持っている道具とかもですが、
仕掛けなども参考になることが多いので、
動画を見たりするのも良いですが、
近くでバス釣りをするっていうのが一番の入門になるかと思います。


もちろん人によって攻略法にクセがあったり、
得意な方法っていうのがあると思うので、
いろんな人のを学ぶのが一番にはなるかと思いますけど。