2013年8月アーカイブ

バス釣り大会で勝つ方法

バス釣り大会で勝つ方法っていうのは、
良いロッドに良いタックル、
良いルアーに良いワームなどが大事になるのだと思いますが、
そういった道具だけでも良くなくて、
ポイントっていうのももちろん大事ですよね。

大会が宮城なのか、群馬なのか、
大分なのかによっても対策は違ってくるかと思いますし、
ボートの上から投げるタイプだったりすると、
操作なんかも大事ですからね。

バス釣り大会っていうのが、
野池なのか湖なのかっていうのは分かりませんが、
琵琶湖や河口湖ぐらい大きな湖であれば、
ゴムボートを何隻を浮かべて競い合うっていのは楽しそうですよね。


仕掛けの作り方を工夫して、
Youtubeなどの動画で見た技術っていうのを真似して
釣れた時っていうのはやっぱり嬉しいのではないでしょうか?

分かりませんが・・・


バス釣り入門の本とか初心者向けのバス釣り日記では
ちょっとレベルの高いところでやると
上手くなるなんていう話を聞いたことがありますが、
これっていうのはバス釣りだけではなくて
何ごとにも言えるのではないかと。

上手くなるためには真似するのは大事ですからね。


トップウォーターの使い方、フロッグの仕掛け、
おすすめなのが、ラインの選び方など
どうやっているのかっていうことですね。

恐らくこだわる人は強いこだわりがあるかと思いますが、
そこを理解することが出来れば、上手くなり、
自然とバス釣り大会でも勝てるようになっていくんじゃないのかな~
って思っているところはありますね。

奥多摩湖のバス釣りは神秘的!?

奥多摩湖のバス釣りって
神秘的な感じがしますよね。

と言っても、奥多摩湖っていう名前が
単純に好きなだけですけど・・・


ただ、野池でも湖でも
神秘的な場所っていうのはあると思います。

東京にも千葉にも群馬だってあると思いますが、
そういうところっていうのは何となくですが、
山の奥ですかね。

ひっそりとした場所。


なので、相模湖とか琵琶湖、
河口湖のような大きい湖っていうのは
そういった場所にはならないのかな~って。

おかっぱりでひっそりと
やるしかないようなところっていうのは、
神秘的な香りが漂いそうですよね。

そういったところにロッドと
タックルといくつかのワームやルアーで歩いて行って、
バス釣りをするっていうのは
非常に楽しめるのではないかと思います。

ただ、あまりにも山奥だと道具とかが
あまり持っていけないので、
ラインも最小限、仕掛けの道具も
最小限で行く必要があります。

それでもそういったところで
バス釣り出来る喜びっていいかと思いますけど。


実際に奥多摩湖が神秘的かどうかは分かりませんが、
大江川とか小貝川であったりといろいろある中で、
神秘的な場所っていうのはあるのではないでしょうかね。

そういった場所っていうのは、
バス釣り日記とかブログよりも、
宮城とか茨木とかそれぞれの県に対して
スポットをあてているようなブログだったり、
動画だったりのほうが見つけることが出来そうではありますよね。

肝心なのはその場所にバスがいるのかっていうことではあるのですが・・・

夏のバス釣りは日焼けに注意

夏のバス釣りっていうと
炎天下の中でやることも多いかと思います。

川の上流のほうのポイントであれば、
日陰などもあるかもしれませんが、
ゴムボートに乗ってやったり、
湖でおかっぱりなどでも炎天下のもとでやることが多くなりますよね。


そのために熱中症っていうのに気を配らないといけませんが、
近くにコンビニなどがあれば
水分補給しながらっていうのはマストですね。

相模湖辺りは目の前にコンビニがあったかと思いましたけど、
琵琶湖とか山中湖とかはどうなんでしょう?

琵琶湖ぐらいになるとどのポイントでやるかにもよりますけど・・・


サングラスとかは必須だし、
仕掛けを作る際にもちょっとクラってくるようであれば、
それは休まないといけないっていうサインだって思うのが
大事だと思います。


夏の暑い日に雨とか風っていうのが
ちょっと吹いてくるくらいであれば、
一番ベストなんですけどね。


奥多摩湖とか北山ダムとかであれば、
比較的、涼しいんじゃないかと思うんです。


恐らく山のほうだと思うので。


バス釣りする時はそういったところを
狙ってやるっていうのも大事かと・・・

多摩川とか江戸川とかじゃあ、
あんまり日陰もなさそうですからね。


近くに車を止めてやることが出来れば
一番ではありますけどね。


それとルアーのトップウォーターとか
スプーンなんかを真剣に選んでいる時っていうのは、
案外、暑くても気付かなかったりするんですよね。

体調が悪くなってからでは遅いですからね。

仕掛けの調子を確認するぐらい、自分の調子にも気をつけていかないと。

バス釣りポイントの見つけ方

バス釣りポイントの見つけ方って
多くの人がそうだと思いますが、
口コミなどがほとんどだと思います。

きっと琵琶湖でバス釣りする人も
最初から知っていたのではなくて、
誰かが琵琶湖でバスが釣れたっていうから行くようになったわけで・・・

河口湖でも山中湖でも同じだと思いますが、
これが多摩川などになると多摩川の
どこどこってさらに細かくなるんじゃないですかね。

もちろん湖でも野池でも
バスがたくさんいるようなポイントっていうのはあって、
そういったところっていうのはおかっぱりでは狙えなくて、
ボート浮かべていくしかなかったりしていますけど。でも、そういったバスのポイントっていうのを紹介している日記であったり、ブログの管理者の人っていうのは神様だなって思います。


まして、新しく発見したようなポイントであれば、
多くの人が休日には向かうのではないでしょうか。


まぁ、宮城県とか山県県とか東北のほうを言われたり、
福岡とか大分っていうようにあまりにも
西のほうを言われると行くのは辛かったりしますが、
釣れるのであれば埼玉だろうと岡山だろうと行ってみたいし、
大きな大会があるのであれば、
ぜひとも行ってみたいところではありますよね。


大会を動画で放送していたりとか、
Youtubeでそのシーンを公開されていることっていうのも
あるのかもしれませんが、
やっぱり実際に参加してみることによって
他の参加者がどういった仕掛けを
使っていたりっていうのが分かるので、
これが勉強になるかと思います。

関東のバス釣り大会ならどこが一番?

関東のバス釣り大会がどうこう言う前に、
そもそもバス釣り大会っていうのに参加したことがありません。

群馬とか千葉とかで開催されていたりするのですかね?

やはりバス釣り大会となれば、
野池とかではなくて、多摩川とか江戸川とか相模湖っていう感じで
有名な場所でやっているのかなって思うのですが、どうなのでしょうか?

一度、大会に参加してみたりはしたいなって思ってます。


自分の考えた仕掛けの作り方が
どこまでやれるのかっていうのや、
ルアーやワームの操作が
どの程度のものなのかっていうのは考えてみたいので。

バス釣り大会も初心者の入門のようなものもあれば、
熟練者ばかりのところもあるのでしょうか?

熟練者ばかりの大会であれば、
ロッドやタックル、ルアーっていうのも
ちゃんとしたもので参加しないと
恥ずかしい思いをしてしまうのではないかという心配もあったり。

野池でおかっぱりやるぐらいであれば、
何でも良いとは思いますけど。


夏休みなどは琵琶湖とか
淡路島とかに行く良いタイミングなんですけどね。


冬になると寒くて辛くなるけど、
夏なら楽しくやれそうな気がします。


バス釣りは実際に釣りには行かなくても、
ラインの使い方や太さ、色や結び方など
自分なりのおすすめや選び方っていうのを
考えるだけでも楽しかったりしますし、
Youtubeなどで動画を見るっていうのもありですからね。

通販とかではいろんなスプーンや
トップウォーターなども見ていたりしますが、
通販の画面で見ている時はどれも凄い釣れそうなんですよね。

バス釣りの竿は高いけど・・・

バス釣りの竿っていうのは、
ロッドって呼ぶ人がほとんどだと思いますが
、釣りっていろんな用語がありますよね。

タックルっていうのもベイトタックルと
スピニングリールのことを言うのかなって思いますが、
スピニングのほうがタックルって呼ばないのでしょうか?

カレントとかスプーンとかいろいろありますけど、
そういった用語で思い出したのが、
山形とか宮城のほうの人と三重とか岡山の人って
会話が合うのですかね?


地方が異なるといろんな言葉があるので、
やっぱりそういったところっていうのは難しいのでしょうか?


東京と神奈川や埼玉ぐらいであれば問題なさそうですけど、
地方のほうに行くといろんな言葉ってありますからね。

もしかするとバス釣りのおかっぱりっていうのも
通じないところがあったり、仕掛けの作り方なんていうのも
説明しても通じないっていうことがあるのかもな~


そういうのって、
動画とか見ていても分からなかったりするんですよね。

それが地方の言葉なのか、
バス釣りの専門用語なのかっていうのが判別つかないので、
難しいのかなっていうのは思うのですが。

普段は行かないような地方の野池とか行けば、
いろんな言葉に出会えるのかなって思います。


ただ、山中湖とか琵琶湖とか江戸川とか
あまりにも有名なところに行ってしまうと、
いろんな地方から来ていると思うので、
そういった言葉に出会おうとしても
なかなか出会うことっていうのも
出来ないのかなって言うのは思うところはありますけど。

バス釣りのベイトリールの技術

バス釣りのベイトリールっていうのは、
スピニングリールが人差し指で操作するのに対して、
親指で操作するんじゃなかったかな~って思います。

確かルアーやワームを投げた時になれると
ポイントに落としやすいっていう話は聞いたことがありますが、
使い方次第ですかね。

上野沼って聞いたことがありますが、
これっていうのは東京の上野にあるのでしょうか?

あんな都会にバス釣り出来そうな野池があるとは思えませんが、
川とかって名前では分かりませんもんね。

江戸川であれば東京だし、
多摩川であれば東京か神奈川か千葉かな~
っていうのぐらいは分かりますけどね。


加瀬沼とか養老川なんてなると、
もはや奈良県?埼玉県?なんていう感じで
適当な県の名前しか出てこない状態ではあります。


初心者の時は近くの野池でっていうのが、
多くの人の定番だと思いますが、
ある程度道具の入門的な技術も覚えてくると、
ゴムボートに乗ってみたり、
より複雑な仕掛けの作り方にチャレンジしたくなりますよね。


具っ直にスプーンならスプーン、
トップウォーターならトップウォーターでっていう感じで
やるのも上手くなって良いのでしょうけど、
Youtubeなどで動画を見ていたりすると、
いろんな道具を使ってやっていたりもしますからね。

おすすめの選び方とか見て、
釣り具屋さんに行くとついつい
その通り選んだやつを買っちゃったり、
ランキングで上のほうのを手に取ってみたりっていうのは
多くの人が経験しているはず。

それが実はおすすめのバス釣りの楽しみ方ではないでしょうか。

バス釣り用語って・・・

バス釣り用語って気にする必要もないのかもしれませんが、
語源っていうのがそれぞれあるのですかね?

ベイトリールのベイトとか、
スピニングリールのスピニングなんていうのも
意味があるのかな~って。

カレントとかスプーンとか、
スプーンなんて始めて聞いた時には
ルアーの名前だなんていうのは分かりませんでした。

トップウォーターっていうのは、
何となく分かりそうな気はしますけど・・・


ネコリグとかタウンショットとか
例をあげればキリがない状態ではありますが、
そういった言葉を覚えていくのは初心者の頃には
入門の修行みたいで楽しかったですね。

ネットで調べられるので、
友達とそういった用語が掲載されている
おすすめのサイトの選び方などを
教え合ったりしていたような気がします。



ネットでは通販もあれば、動画もあるので、
情報共有が早いというか、
いろんなものがあっという間に分かりますから便利だなって思います。

フロッグの使い方とか
トップウォーターのおすすめのポイントやアクションなんていうのも、
かなり学んだような気がします。


使い方次第では、いろんなことが出来るかと思いますが、
その肝心の使い方っていうのがバス釣りでは難しいような気がします。

おかっぱりの時はどういった仕掛けの作り方で、
ボートの上からはどういったラインを使うのかっていうのも、
いろいろ考えると奥が深いというか、
ワーム選びをとってみてもいろんな考え方が出来るかと思うと、
それぞれの特徴が現れる部分ではありますよね。

宮城のバス釣りは阿武隈が多い?

宮城のバス釣りとなれば
阿武隈川が一番良いのかな~って思ってますが、
これは地図で大きそうな川があったということで、
他にも野池とかでロッドとタックルを駆使して
頑張っている人もいるのだと思います。

いろんなブログなどを見ていると、
埼玉でバス釣りしている人もいるし、
新潟でバス釣りしている人もいるし、
もちろん奥多摩湖限定でやっている人なんかもいると思います。


ただ、ネット上にはバス釣りの情報で探せば
ルアーもワームも仕掛けの作り方も
いろんな情報が膨大に出てくるので、
そこから埼玉県の野池の情報とか、
香川の川の情報っていうのだけを見つけ出すっていうのは難しいのかなと。


これが道具のことであったり、用語であったりして、
カレントの意味はなんていうものであれば、
比較的、すぐに見つかると思うのですが・・・


それでもスピニングリールの何とかっていう感じで、
ピンポイントな情報っていうのは
難しかったりするとは思いますけどね。


てか、そういったブログや日記などを見ていると、
どうしても自分でもそういった大会の情報とか
スプーンを使ってみた記録っていうのを公開してみたいな~
って思ったりすることもありますよね。


もちろん公開するだけならば、誰でも出来るのではないかと思いますが、
それが多くの人に見て貰おうと思ったら、
よく釣れるというようなポイントであったり、
面白い記事っていうのを公開することにしないと
なかなか多くの人が見てくれるっていうのは難しいですね。

埼玉のバス釣りは気軽に

埼玉のバス釣りは気軽に出来ればって思ってますけど、
バス釣りを気軽って言ってもそうはいかないかな・・・

ロッドとかタックル選びもしなきゃだし、
ルアーだって仕掛けの作り方がイマイチだとか、
ラインの結び方がイマイチだったりすると、
ポイントが良くても釣れなかったりしますもんね。


埼玉だと群馬とか栃木とかは行きやすいですけど、
北関東なので、そのまま福島とか宮城ってなると
行きにくかったりするかな。

別に南関東の東京や千葉、
神奈川が行きにくいかっていうと
そういうことでもないんですけどね。


よくよく考えれば、
関東の中でも真ん中に位置してますし。


ただ、これが大阪とか福岡とか西のほうに行こうと思うと、
駅まで遠かったりしていると行くことは
難しいかなって思いますね。


バス釣りで遠征するのも道具を持っていくのに
一苦労っていうことが案外、テンション下がるんですよね。


ブログでバス釣りするために
遠征する人っていうのを見かけたら
ぜひともいろいろ学ばせて欲しいなって思います。


ゴムボートとかまでは持っていけないでしょうから、
恐らく貸して貰えそうなところを見つけるのでしょうけど、
河口湖とか山中湖とかそういったところっていうのは
貸しボートっていうのがあっても良さそうな感じはしますよね。


ボートの上でバスと格闘っていうのは、
ちょっと想像しただけでも楽しそうではありますけど、
そもそもボートの運転ってやったことないし、
あれって借りるにしても免許が必要なんですかね?

大阪のバス釣りや京都のバス釣り

大阪のバス釣りとか、
京都のバス釣りとか関西方面でのバス釣りって経験ないですね。

とは言っても、経験あるのは埼玉であったり、
宮城であったりぐらいで、新潟も行ったことないですし・・・


てか、バス釣りの用語って
どうしてこんなにあるのでしょう?


ベイトリールっていわれても、
最初は何のリールっていうのか分かりませんでしたし、
スピニングリールなんていうのもありますしね。


三重県とか愛知県とか東海方面って
バス釣りの流行りってどうなのですかね?


もちろん愛知県の何とか湖が~って言われても、
地理には疎いのでダメですが・・・


芦ノ湖とか鬼怒川とか聞いたことはあります。
テレビなどで。


でも、それがどこかって言われても、ダメですね。


分かるのは江戸川とか多摩川とか、
琵琶湖とか超がつくほど有名なものっていうことですかね。

情けない話ではありますが。


でも、そういった中で関西方面の釣り場、
岡山とか徳島とかに興味を持ったのは、
Youtubeで動画を見たのがキッカケではあったのですが、
大会か何かの動画だったのかな~。

それすら覚えていないのですが、
何かボート浮かべたりして、
妙に楽しそうなバス釣りのポイント
っていうのがあったんですよね。

仕掛けの作り方なんかもかなり参考になったんじゃないのかな。

バス釣りで雨は大歓迎

バス釣りで雨っていうのは、
ちょっと大変ではありますが、
バスの食いつきが良くなったりするために晴れも良いけど、
雨も良いっていう人は多いんじゃないですかね。

風が強いとラインが流されてしまったりするため、
ちょっと大変かなって思ったりもしますが・・・


初心者の方とかであれば、
雨の中ではルアーだったり、
タックルっていうのをセットしにくかったりもするかと思うので、
晴れのほうが良いかもしれません。


夏休みとかであれば、動画を見て、
そのイメージのままバス釣りっていうようなことが出来たりするのですが、
平日ではワームのことを考える時間もなかなか難しいですよね。


ちなみに、琵琶湖だったり、
霞ヶ浦だったりに行ってみたいと思っているのですが、
仕掛けとかはブログで調べたりっていうので良いのでしょうか?


フロッグの仕掛けの作り方であったり、
河口湖にも行ってみたいので、
そこでのポイントっていうのも気になってます。



大江川とか荒川とかバス釣り出来そうな川っていうのも
いろいろあるみたいですね。

主戦場が野池の私にとっては、
そういった有名なところっていうのは、
人が多そうなイメージですが、
相模湖とかボートとか貸してくれるとかくれないとか・・・


ボートは憧れなんですよね~
福岡の湖にもそういったところはあるかな?

フローターのバス釣りのキモは?

フローターのバス釣りのキモっていうのは、
どういったところにあるのでしょうか?

フローターの使い方がイマイチなところがあるので、
やはりそれなりの入門というか、
勉強していかないと。スプーンやトップウォーターっていうのもありますが、
それ自体にもいろんな種類がありますよね。


初心者ではないですが、
はっきり言って初心者同然だったりしてます・・・


てか、千葉とか神奈川とかああいったところっていうのは、
バス釣りするとしたらどこら辺がオススメなんでしょう?

多摩川とかになるのかな・・・?


バス釣りってかなり多くの人がやっているみたいですが、
バス釣りしている人って周りにはいないので、
仕掛けの作り方とか、
ロッドとかタックルの話っていうのが出来ないんですよね。


それに大勢いれば、
ボートで湖に出してっていうことも出来そうですが、
さすがに一人じゃね。


琵琶湖とか霞ヶ浦とか
そういった大きなところの側には
そういった人がいるのかもしれませんけど。

一度で良いので、夏に福岡に行って、
夏のバス釣りと豚骨ラーメンっていう組み合わせが良いですね。


バス釣りって遠出するのも、
ロッドとタックルとラインとルアーさえあれば
何とかなるので、持ち物的には少なくしようと思えば、
出来るのも良いところですよね。


クーラーボックスも必要ないし。

小貝川でバス釣りはボートで?

小貝川でバス釣りする際は
ボートの上からロッドを
投げられるようなポイントはありますかね?

てか、ボートっていうのは、
勝手に川に浮かべて良いものなのか、
県の条例とか市の条例とかで
定められていたりするものなんでしょうか?


そうなると仙台とか東京とか
都市部のほうっていうのは厳しい規制があるのか、
山梨とか新潟とか有名なところがある場所は
厳しい規制が強いられているのかなって思います。


別に有名なところでなくても、
ゴムボート浮かべてバス釣りしてみると、
仕掛けの作り方を考えるのでさえ新鮮ではありますね。


何と言っても、水の上なので、
当然と言えば、当然なわけですが、
関東で夏にボートを浮かべて
バス釣り出来るようなところっていうのはないでしょうか?


大会とか開催しているような場所は川というよりは、
湖が多そうな感じがしますが、
湖は湖でボート浮かべるのは良いですよね。


川だと流れていっちゃうし・・・


それもまた楽しくはあるのですが。



湖であれば、流れがないので、
同じポイントでトップウォーター試したり、
スプーン試したり、
ラインのカラーを変えてみたりなんていうことも
出来るんじゃないかと思います。

そういった楽しみ方をするのであれば、
小貝川よりも琵琶湖や山中湖になりますかね。

八郎潟でバス釣りという気がしない

八郎潟でバス釣りが出来るとか
出来ないっていうのをおいておいて、
何となく八郎潟っていうのが池とか
湖っていう感じはしませんね。

実際は見たことがないので、
どういったところが分かりませんけど、
沼のようなイメージなのかな・・・

自分の中では。



バス釣りっていうと、
琵琶湖とか河口湖のようなゴムボートとか
ボートを浮かべることが出来て、
その上からルアーを投げるような感じかなって思います。


ポイントもおかっぱりよりも狙いやすいですし、
ボートの上からっていうのが良いですよね。


初心者でも入門者でも何だか
上手くなれたような気分になるんじゃないかと思います。


トップウォーターのおすすめとか、
スプーンのおすすめとかよくありますけど、
ああいったのってネットで調べると
ランキングとして登場してきそうな感じはありますよね。


フロッグもそうですけど、
実際に本物のフロッグを使って
バス釣りする人っているのでしょうか?


ちょっと仕掛けを作るのも嫌ですけど、
仕掛けの作り方で調べれば出てくるかもしれませんよね。


広島と青森とかであれば、
気候がそもそも異なっているので、
バス釣りについても違いっていうのが
あるのではないかと思いますが、
それもちょっと調べてみたいと思います。


カレントとか用語も違いがありそうだな。

秋田とバス釣りとなまはげと・・・

秋田とバス釣りは結びつきませんが、
秋田となまはげは結びつくかと思います。

山形ならさくらんぼとか
宮城の仙台なら七夕祭りのような感じではありますが、
バス釣りと結びつく県っていうのは
どこかにあるのでしょうか?

京都とか愛知とかはそういったイメージがないですが、
やはり河口湖とか山中湖とか湖を多く有している
山梨県っていうことになるのかな?

よくボートを貸し出していて、
そこで日傘を差しながら釣りをしている人っていうのは、
夏に見かけますし、冬になるとビニールハウスみたいなのを
上に被っていたりしますからね。


バス釣り好きな人は日記つけたり、
ブログつけたりしている人も少なくないかと思いますが、
有名な人であれば動画とかにも登場しているだろうし、
大会荒しのような人もいるんじゃないですかね。


バス釣りって何が実力の差になるか分かりませんが、
ルアーのトップウォーターの操作が上手いとか、
ポイントを見つけて、そこにロッドとタックルを操作して
ワームを投げ込むのが上手だったりっていことになるのでしょうか?


ラインの結び方であったり、
仕掛けの作り方っていうのも大事な要素のような気はしますが、
やはりそれ以上の何かっていうのが
きっとあるのではないかと思いますが、

何になるのでしょうね?

淡路島でバス釣りをやってみたい

淡路島でバス釣りなんていうのは
ちょっと憧れではあります。

淡路島とくれば、バス釣りだけじゃなくて、
海釣りっていうのも出来そうですよね。

ボートで沖に出ていって海釣りしたり、
野池でゴムボート浮かべて
バス釣りしたりっていうのは
最高のシチュエーションではないかと思います。


そういったバス釣りっていうのが、
格闘技だっていう人もいますが、
ロッドやタックル、
ルアーなどの装備を仕掛けとして作り上げて、
バスと戦うっていう意味では
格闘技かもしれません。


いかにバスをひっかけるかっていうところで言えば、
ルアーを使う人もいれば、
トップウォーターを使う人もいるし、
スプーンを使う人っていうのもいますよね。


徳島とか群馬とかちょっと地方のほうに行くと、
バス釣り出来るポイントっていうのも
いろいろありそうなので、ぜひとも行ってみたいなと。


これが観光で行くのであれば、
京都とか宮城の仙台だったりするのですが、
やはり観光とバス釣りが
両方楽しめるところっていうのは
なかなかないのかあんって思ったりもします。


バス釣りのシーズンっていうと、
夏から秋ぐらいにかけてなのかなって思いますけど、
夏は暑いですから、やっぱり涼しくなってくる秋ぐらいが
ベストっていうことになるのでしょうかね?

野池のバス釣り要注意

野池でバス釣りする際は、
他にその野池で遊んでいる人がいないかなど、
ルアーやワームを投げる時には気をつけたいですね。

ロッドを振ったりするのも、
誰かにぶつかると危ないですからね。


ただ、今時、野池っていうのが
それほどあるのかは分かりませんよね。


野池って河口湖や琵琶湖のことを言わないと思いますけど、
それではどういったものを野池と言うのでしょうか?

関東に野池っていうと、
群馬とか栃木とかあっちのほうのイメージが
神奈川の山奥のほうとかですかね。


都会にはそもそも池っていうのがないような気がしたりします。


これって群馬とかに失礼な発言ではあるのですが・・・


ただ、池も名前のあるものがあるし、
牛久沼のように沼っていうのは
池とどういった違いがあるのでしょうか?


この辺りが分からないと、
なかなか難しいところがあるかなって思います。


何となく池っていうのはサラっとしていて、
沼っていうのはドロっとしているイメージですかね。


それだと沼にはバス釣り出来るポイントは
あるのかっていう話になってしまいますけど、
さすがにそこまで酷い沼ばかりとは限りませんよね。


動画とかを見ていてもいろんなところで
バス釣りってやっているかと思いますが、
沼は沼なりの仕掛けとかあったりするかもですね。

入間川がバス釣りに向いている理由

入間川がバス釣りに向いている理由を
以前に聞いた気がするのですが、
それって入間川じゃなくて琵琶湖とか
多摩川とかそういうのだったかな~。

覚えていない・・・


バス釣りに最適なのは、
ポイントが豊富で、
木陰があるために夏でもあまり暑くなくて、
雨が降ってきてもすぐに車に戻ることが
出来るようなところみたいですね。


これってバス釣りに限らないと思いますけど、
海釣りだと比較的、車が近くにとめられるので
海釣りに比べればバス釣りのほうが環境としては
過酷かもしれません。


ただ、トップウォーターや
スプーンなどのルアーやワームを
ロッドで操作してヒットした時っていうのは快感ですね。


これっていうのは場所が岡山だろうと、
新潟だろうと変わらない楽しさの1つだと思います。


初心者でも比較的、入門しやすいと思いますけどね。


難しい仕掛けの作り方を覚えたり、
ラインの結び方をあれこれ覚えなくても、
ルアーの中にはスピニングリールなどを
クルクル回しているだけでバスを
弾きつけてくれるものもありますから。

夜釣りが好きな人はバス釣りが
向くかは分かりませんが、
夏とかであれば日が長いので、
遅くまで出来るのではないかと思います。


おすすめはゴムボートかなって思いますけど、
これは動画でしか見たことないんですよね。

淀川のバス釣りは盛ん?

淀川のバス釣りって盛んですかね?

初心者でも出来るとか、
ルアーが投げやすいとかいろいろあるかと思いますが、
やっぱり出来るだけ人がいたほうがバス釣りしやすいですよね。

タックルはよく見かけるけど、
バス釣り用じゃないかと、
夏は水遊びしている人がいるために
バス釣りは出来ないとかっていうと厳しいかなって思います。


動画とかで淀川バス釣りで調べてみれば、
いろいろ分かるかもしれませんけど、
どうですかね?


てか、ワームの収納方法に困ってるんですよね~。


琵琶湖行ってみたいな~からふと思ったのですが、
ラインだったり、案外持ち物って結構必要だったりするので、
仕掛けをあれもこれもと考えていると
荷物ばっかり増えちゃうかと思います。


河口湖とか大江川とかどうなんでしょうか?


バス釣りのポイントの近くに車があれば良いですが、
そうでなければ、持ち運びしやすくて
荷物がたくさん運べるものが必要になりますよね。


リールとかあんまり持ちすぎても結局、
使わないだけなので、意味がないのですが、
それでもついつい持って行きたくなったりもします。


これにゴムボートも自前で持って行こうとしたら
もう荷物だらけで大変なことになっちゃいますよね。


そういった車から遠いところの
ポイントっていう時はどうしているのでしょう?

案外、それって人それぞれの工夫があって
調べるのも楽しそうではありますね。

山中湖のバス釣りツアー

山中湖のバス釣りツアーっていうのはなさそうですが、
山中湖のツアーっていうのであればありそうですよね。

山中湖以外にも河口湖とか
精進湖とかいろんな湖があるので、
そういったツアーの中でバス釣りっていうのは出来ないですかね?


別に山梨県じゃなくても、
宮城に行くツアーで仙台でバス釣りとか、
神奈川とか東京でのツアーで多摩川でバス釣りとか出来たら良いですよね。


そのために自由時間っていうのがあるような、
ツアーじゃないとダメかと思いますけど、
ツアーって通常はどういった感じで進むことになるのでしょうか?


やっぱりバス釣り大会などでもそうですけど、
初めて参加するものっていうのは、
ちょっとおっかなビックリではありますよね。

それって旅行でも一緒で、
初めて行く土地っていうのはいろいろあるもので、
愛知とか大阪とか西のほうにはあまり行ったことがないので、
文化も分からなければ、味も分かりませんからね。


バス釣りにも用語とかありますけど、
地方ごとにルールなんていうのもあるのでしょうか?


トップウォーターはダメだよとか、
フロッグはダメだよっていう感じで。


さすがにそこまでのルールっていうのはなかなかないのかな。


でも、ゴムボートとかのルールっていうのは
ありそうですよね。


少なくても徳島だろうと、
京都だろうと野池で勝手に
ゴムボート浮かべるっていうのは止めたほうが良いのだと思いますね。

バス釣りのロッドのしなり

バス釣りロッドでも海釣りロッドでも同じだと思いますが、
ルアーだったり、ワームを飛ばすにも
バスを釣るにもしなりっていうのが大事ですよね。

もちろん、そのバスを引き付けるためのルアーも
フロッグも大事だし、ラインだって弱ければ
切れてしまいますので、大事ではあるのですが、
ロッドっていうのがある程度、良いものだと
安心してバス釣りに臨むことが出来るのではないかと思います。


ブログなどを見ていてもロッドには
こだわっているという人は多いかと思います。


ロッドだけで何本もっていうと難しいですが、
初心者セットとか入門セットからロッドを買い替える時っていうのは、
やはり良いロッドを選びたいですね。


精進湖とか山中湖とかっていうのは、
どちらも山梨県の富士五湖だと思いましたが、
こういった有名な湖っていうのは他にも
結構あったりするのでしょうか?


あるのであれば、埼玉県や群馬県などの北関東にある
湖を調べたいのですが、バスがいる湖って
ネットで調べてみれば良いのかな。


バス釣り大会が開かれるような湖であったり、
川であれば間違いなくバスがいるということだと思うので、
宮城県バス釣り大会とか京都バス釣り大会っていう感じで
調べてみるっていうのはありだと思います。


きっと中にはバス釣り大会が
どこでも開催されていない県っていうのもあると思うので、
そういったところは注意が必要ではありますけどね。

バス釣りのリールのデザイン

バス釣りのリールのデザインっていうのは、
スピニングとベイトタックルでは非常に異なりますが、
こういったデザインの違いっていうのは興味深いですよね。

ロッドであればデザインの違いっていうのはあまりないですが、
ルアーとかワームとかであればいろんなデザインがありますし、
デザインによってトップウォーターとか
スピナーベイトとか動きが異なるルアーになるかと思います。


水中でどういった動きをしているのかっていうのは気になりますが、
Youtubeで動画とか公開されていないのでしょうか?


動画を見ているといろいろ勉強になりますが、
他の動画も気になってしまうっていうのが痛いところではありますよね。

広島のお好み焼きとか大阪のたこ焼きとか
動画で何かを食べているものってお腹が減ってくるから嫌なのですが、
美味しそうでついつい見てしまいますね。

それに仙台の牛タンが食べたいとか、
茨城のこういった料理が食べたいっていう時は
動画で検索すると出てくるので、
これだよこれって感じで説明しやすいし。


バス釣りの大会の動画でも見て、
勉強しろよっていう感じではあるのですが・・・


入門したてだったり、
初心者の方でも見ているだけで学べることってあるし、
これっていうのは料理と一緒で
見よう見まねっていう感じになるのだと思います。


道具もいろんなものが登場しているので、
これがまた楽しかったりしますよね。

宮沢湖でバス釣りは良いけど場所はどこ?

宮沢湖でバス釣りっていうのが
楽しいよって聞きましたけど、
そもそも場所はどこだよって感じです。

宮城とか山形の東北のほうなのか、
東京とか千葉とか関東のほうなんでしょうか?

こういう時に地理が弱いっていうのは致命的ですよね・・・ホントに。


利根川とか江戸川とか言われてもまったく分からないのは、
ホントに嫌になってしまいますが、
地理用語がまったくダメなので、
こればっかりは仕方ないかなって思ってます。

奈良県とか埼玉県っていうように県名ぐらいであれば、
さすがに分かるし、バス釣り用語っていうのも、
カレントとかトップウォーターとか
そういった言葉であれば知っています。


まぁ、知識が偏っているというか、
バス釣りは好きなのでポイントの探した方とか
ルアーの仕掛けの作り方とか知っていて当然だとは思いますけど。


ちなみに、バス釣りやる上で
仕掛けっていうのは結構大事だというか、
ラインの結び方がかなり大事だと思います。

結び方がイマイチだとルアーがピューンと
飛んでいってしまうっていうことにもなりますからね。


大事なルアーであったり、
ワームであったりって言うのが失われるっていうのは、
やっぱり避けたいなって思ったりもします。


なので、個人的には仕掛けのラインの結び方っていうのが
大事かなって思ったりもします。

今だとインターネットで検索すれば、いろんなのが出てきますしね。

福岡にバス釣りに出かけよう

福岡でバス釣りに出かけるっていいですが、
ぜひとも調べておきたいのがラインとか
ワームなんかを調達するために釣り具屋さん。

これがないとトップウォーターが欲しくなったとか、
フロッグが欲しくなったとか言ったとしても、
手に入れることって出来ないですからね。

別に福岡じゃなくても、
大阪でたこ焼き食べながらバス釣りとか、
青森でりんご食べながらバス釣りとか、
名古屋でういろう食べながらバス釣りっていうのもありだと思います。


ゴムボートでバス釣りしたいので、
湖でも川でもゴムボートが貸してくれるところがあるのが良いですが。


多分、相模湖とかであれば貸してくれるのではないですかね。


後は山梨の河口湖や山中湖か、
何か忘れましたけど、
いつもボートが浮かんでいる湖があった気がします。


それがゴムボートかも覚えてはいませんが。



スピニングリールに最近、
ちょっと凝っていたりするのですが、
高いとラインが絡みにくかったりするのでしょうか。


仕掛けを作ってもラインがからんじゃうと、
なくなくラインを切ったりっていうこともありますからね。


仕掛けの作り方がそもそも悪いのかもしれませんが・・・


竿とかにもこだわりたいのですが、
今はタックルだけで精いっぱいというか、
そこまで使いこなす自信がなかったりしています。


まずは、そういったものも使いこなせるぐらいは上手くなりたいところですね。

夏のバス釣り大会

夏のバス釣り大会は
ゴムボートの上から好きなポイントでバス釣りをして、
大きいバスを釣れた人が優勝っていうのがありますよね。

暑い日差しの中で、トップウォーターであったり、
ワームだったりといろんなグッズを使って
バスを狙うのはやはり楽しいかなって思います。

最近は通販っていうのが非常に便利なので、
ラインを買うにしてもルアーを買うにしても
店頭まで行かなくて良くなりましたよね。

昔は、釣り具やのおじさんに聞きながら
仕掛けの作り方とかロッドの選び方などを熱心に勉強しては、
友達に披露したものですが・・・


昔は仙台とか東京とかそういった大都市には
憧れをもっていましたけど、
都会はバス釣りが出来ないと思ってもいました。


バス釣りが好きであれば、
都会ではなくて、田舎だと(笑)


東京だって神奈川だって福岡だって
大阪だってバス釣りは出来るんですけどね。


春や夏っていうのは、軽装でバス釣りに行けるので、
いろんな道具を持って行けたし遊びに行くのも
楽だったんですよね~。


野池とかではバス釣りする以外にも、
周りの鬼ごっこしてみたりしましたけど、
ちなみにケイドロっていう遊び、
ドロケイとも言うそうですけど、
山形とか青森とか東北地方はケイドロ?ドロケイ?


こういった地方によって呼び方が
違うものっていうのは、
バス釣りの用語にもみられるのではないですかね。


どんなものがあるのでしょう?

相模湖とバス釣りとボート

相模湖とバス釣りとボートっていうのは、
やはり大きく関係していると思います。

思いっきり貸しボートって書いてありますからね。

あれっていうのはバス釣り用の
ゴムボートか何かのボートを
貸してくれるっていうことだと思います。


近くに駐車場があったと思うので、
荷物の収納っていうところもそこまで
気にしなくて良いと思いますし、
初心者だったり、入門したての人であっても
オススメのバス釣りポイントではないでしょうか。


こういった都合の良い湖っていうのは
福岡とか大分とかにはあるのかな~?


福岡っていうととんこつラーメンとか、
天ぷらとか食べるもののイメージが強かったりしています。


それは大阪ならたこ焼きで、
宮城県なら仙台の牛タンなんですけど。


そんなこと言ってたら
香川とかに行きたくなってきました。

目的はうどんですけど、
もちろん良いバス釣り道具屋があれば、
ふらっと寄ってはロッドとかタックルとか
見てくるんですけどね。


ただ、いつも買うのはワームだったり、
安いルアー、トップウォーターとか
フロッグだったりするんですが。


でも、Youtubeなんかの動画でもそうですが、
見ているだけでも楽しいのってありますよね。

人が釣っているのって隣で釣られると
あまり面白くないのですが、
動画で誰かがヒットしているのっていうのは、
ちょっと面白かったりするから
不思議だったりするところがありますよね。

荒川のバス釣りでトップウォーター

荒川のバス釣りでトップウォーターって
食いつきが良いですかね?

スプーンのほうが良いのか、
ルアーのほうが良いのかっていうのを
誰か教えて~っていう感じです。

竿だったりタックルだったり
自分でこだわって買ったものっていうのは、
やはり良い道具なんじゃないかと思います。


これって青森でも山形でも
宮城でも変わらないと思います。


やっぱり釣り好きな人っていうのは、
釣り道具っていうのが好きですよね。


それと自分が作った仕掛けだったり、
自分が見つけたポイントっていうのでしょうか。


奥多摩湖だろうと、宇治川だろうと
自分がココだって決めたポイントっていうのは、
自分だけのものにしておきたいっていうのはあると思いますね。


そういう場所っていうのは
たいていは他の人の好きなポイントでもあったりするのですが・・・


ラインの結び方であったり、
選び方であったりっていうのが
こだわったつもりが誰かと被っていたっていうのと同じですよね。


ただ、ルアーだったり、
フロッグだったりっていうアクションだけは
人それぞれの個性が出るような気がしますね。


動画をYoutubeなどで見るようになってから
余計にそう思うようになりましたね。


使い方というか、動きのクセというか
イメージしているアクションっていうのがそれぞれ違うからなのかな。

大江川のバス釣りとはいったいどんな?

大江川のバス釣りって
どういった感じなんでしょうか?

簡単に行けるようなところに
おかっぱりのポイントとかがあれば良いのですが、
知らない土地でポイントって調べるのは
地元の人の日記であったり、
ブログであったりっていうのが
重要な情報源になるのは間違いないんじゃないかと思います。


千葉県とかであれば、
遊園地とか牧場とかいろいろありそうなので、
家族はそっちで遊んでもらって
どこかの野池とかでも構わないので、
バス釣り出来たらって思ったりもしますけどね。


大会とかに出るっていうのも、
バス釣りをしていると一度はやってみたいことではありますが、
多摩川とか都会のほうであれば
そういった人も多いのでしょうか?


もしかしたら、湖のほうが多いのかもしれませんが・・・


ついつい雑誌などを見ていると、
流行りのトップウォーターとかルアーの特集を見たり、
ロッドとタックルで決まる仕掛けの作り方なんていうのを
見てしまいますよね。


本当は自分のものを信じて長く使っていくほうが
良いんじゃないかと思うことも
多々あったりするのですが、
なかなかそうもいかない揺れる心(笑)


初心者の時と同じで
いろんなものが珍しく見えるっていうか、
そういう意味ではまだまだ
バス釣り入門者っていうところなんだと思いますね。

河口湖バス釣り大会があれば・・・

河口湖バス釣り大会っていうのがあれば出てみたいですね。

釣りの大会って多くの人が集まって
ロッドを振るっていうのは良いですよね。

初心者でもルアーにタックル持って出かければ立派な釣り師だし、
夏であればベストを着て川沿いから
おかっぱりっていうのも涼しくて良いなって思います。

動画などを見ていると、
ワームなどをたくみに使う人がいたりしますが、
そういった動画っていうと必ずではないですけど、
広い湖でやっていることありますよね。

琵琶湖とかなんでしょうか。

ラインとかも色がついているものだったりして、
動画に映りが良いからかもしれませんけど、
上手いな~って思って見てます。

霞ヶ浦だったり、河口湖であったり観光にも適しているところでは、
仕掛けなどを作っていると観光客からいろいろ見られませんかね?


そういったところでバス釣り出来るのか分かりませんが、
いつか誰かのブログに出るのではないかと思ってビックリしてます。


それとフロッグとかが本物に見えちゃって
ビックリされたりなんていうこともありそうですよね。

大江川でも荒川でも川での
バス釣りっていうのも楽しそうではありますし、
相模湖や高滝湖っていうのも夏のバス釣りには
適しているのではないかと考えています。

リールがどうとか、
フローターがどうとかっていうような話も良いですが、
やはり一番はポイントの話が楽しいですけかね。

バス釣りのフロッグの使い道

バス釣りでフロッグっていうのは、
使い道としてはどういったポイントで
使うのが良いのでしょう?

おかっぱりで使うのが良いのが、
ゴムボートなどからバス釣りする時に使うのが良いのか?

バスがそもそもフロッグが好きだと思うのですが、
そもそも疑似餌としてのフロッグって
どういうアクションをしたら良いのかっていうのも
分かってないんですよね。


ちなみに、カエルって地域によって
いろいろ種類がいると思うので、
宮城の仙台であれば、仙台にいるようなカエル、
大分や福岡であれば吸収にいるようなカエルのような
アクションを心がけたほうが良いのは
間違いないんじゃないかと思います。

バス釣りっていうと、
ルアーはやっぱり多くて、
スプーンとかトップウォーターとか
そういったことをどれが良いのかっていうのは、
ブログとかでも見たりしますが、
フロッグとかワームについてかなり詳しく
書いてあるものっていうのは少ないんじゃないかと思います。


ちなみに、フロッグの仕掛けの作り方っていうのは
どういったところに気にかけるべきなんでしょうか。

あんまり派手なものだと野池とかで使ってしまうと、
変なところに引っかかって仕掛けごと
持っていかれるっていう可能性もありますよね。


そういったことにならないようにする工夫っていうのが、
Youtubeなどに動画としてあがっていれば良いのですが、
探してみようかな。

バス釣りの仕掛けで気になること

バス釣りの仕掛けで気になることは、
どうやって仕掛けの作り方が上手になるのかっていうこと?

ある程度のレベルまで達成していれば、
ラインのカラーやルアーの選び方など
いろんな工夫っていうのが出来るのだと思いますが、
スプーンにしてもトップウォーターにしても
どういった仕掛けの作り方がベストなのかっていうのを
把握しないといけないかと思っています。

仙台の釣り具屋で気になるところがあるのですが、
小さな商店のような感じだといろんな話も聞けそうですが、
やっぱりどこか行くのか怖いなっていう部分はありますよね。


養老川とか奥多摩湖とか全国でも
気になるバス釣り地域っていうのはありますが、
実際、気になるからって行ってみて釣れるものなんですかね。


野池とか自分が行き慣れているところであれば、
何となく釣れたりっていうこともあるのではないかと思いますが、
千葉とか群馬とかちょっと遠くまで行くのであれば坊主で
帰ってくるのは嫌ですしね。

坊主って言っても、釣った後はリリースしてしまうのですが。


ゴムボートとかそういった釣り用具っていうのは、
普段の遊びにも使えたりするのでしょうか?

多摩川をゴムボートで下ってみたりっていうことは
許可されていることなのかな。


海とかであれば誰も止めないとは思いますが、
海は海でちょっとゴムボートで出るには
怖いところっていうのはありますよね。

霞ヶ浦のバス釣りで気をつけることに

霞ヶ浦のバス釣りで気をつけることっていうのは、
やはりマナーですかね。

別にマナーであれば、霞ヶ浦に限らず、
相模湖だろうと琵琶湖だろうと一緒だと思いますが、
ボートを浮かべていけないところで浮かべたり、
おかっぱりしてはいけないところで
おかっぱりしたりっていうのはいけないですよね。

そういうルールっていうのは、
埼玉県とか奈良県っていうぐらいのレベルで
地方のルールがあるのが、それぞれの湖であったり、
川であったりでルールがあるのかは分かりませんが、
しっかりと把握しておくべきかなと。


いくらバス釣りが熟練者だとしても、
新しい場所、多摩川とか江戸川とか、に行けば、
それはその場所でのバス釣りは初心者であり、
入門者ですので、そこはしっかりと把握しないといけないかと思います。

道具とか見ていると、ロッドだったり、
タックルだったりと立派な人っていうのはいますが、
マナーがなってないとやはり良い釣り師とは言えないと思います。

そういうのが最低限としてあって、
仕掛けの作り方とかトップウォターがどうとか、
フロッグがどうっていうのを語る権利があるのだと思います。

なかなか初心を忘れがちな部分だったりもしますが、
何事もきっとそうですよね。


Youtubeなどで動画を見ていても、
マナー違反をしてしまっているところっていうのがあったりしますので、
そういったところが注意ですね。

バス釣りのラインの結び方

バス釣りのラインの結び方は、
そこまで難しくはないかと思いますが、
しっかり結ばないとルアーだったり、
トップウォーターだったり、
ワームだったりとロッドとタックルで
アクションしている時にスルっと
どこかで放流っていう形になってしまう可能性がありますし、
ヒットしたとしてもほどけてしまっては元も子もないですよね。

入間川では、かなりおかっぱりが出来るみたいですが、
確か雨が降ったりすると危ないっていう話は聞いたことがあります。

多摩川でも八郎潟でも同じことだとは思いますけど。


広島って行ってみたいのですが、カキがやっぱり有名なので、
カキも狙いつつバス釣りしに行ってみたいですね。


そうなると冬のほうが良いのではないかと思いますが、
夏や春に比べて冬っていうのは釣れる季節
っていうことになるのでしょうか?

年中、バス釣りしているわけではないので、
正直、バス釣り日記っていうのも続きませんし、
ブログっていうタイプでもないんですよね。

道具もそれほどこだわりがあるわけではなくて、
どちらかというとボートからバス釣りだったり、
東京から神奈川とか山梨とか宮城とかって
遠征しているほうが楽しかったりします。


見ず知らずのところでやるっていうのは
ワクワクしますよね。

今だにゴムボートを出してバス釣りするっていうのはないですが、
それっていうのも一度はやってみたいことではありますね。

琵琶湖でバス釣り

琵琶湖でバス釣りっていうのは
そもそも出来るのですかね?

あれだけ広い湖であれば、
どこかにバスがいそうなものですが、
バスって外来魚なので、琵琶湖だろうと河口湖だろうと
やっぱり誰かが放流しないといないと思うんですよね。

それは多摩川でも江戸川でも同じことだと思いますが、
とりあえず生命力は強いっていう話なので、
生き延びてはいくのでしょうね。


ただ、それによって他の魚が
駆逐されてしまうっていうのは困りますけど・・・


なので、バスがいない野池だからと言って、
バスを放流するのは絶対におすすめされないことなんじゃないかと。


しっかりと、バスがいるところで
やるっていうのが良いのだと思います。


また、そういったところのほうが
いろんな人がいるので仕掛けの作り方とか
ワームの使い方とかも学べますよね。


ワームとかであれば、他の釣り師さんと
交換したりっていうことが楽しかったりもしています。


もちろん自分があまり使わないやつではありますが、
そういったものに限ってヒットしたりするので、
やってみるものだなとは思います。


そういったことが出来るのは大会などは
やはりいろんな人が集まる場所ではないかと思います。


また、ブログなどで有名な人に会えたりすると
嬉しかったりもするので、
そういったのを狙ってポイントを絞るっていうのも良いかもしれません。


ロッドとかリールとかも大事ですが、
どう楽しむのかっていうのも大事ですよね。

バス釣りのワームの使い勝手

バス釣りでワームっていうのは
非常に使い勝手が良いものなのかと思います。

ルアーもスピナーベイトだったり、
トップウォーターなどがありますが、
やはりある程度の技術っていうのが必要かなと。

それに対してワームっていうのは
種類こそいろいろあるものの、
とりあえず、初心者が入門でバス釣りするうえでも
かなり便利なんじゃないでしょうか。

この辺りは人それぞれ考えがあるかもですけど、
やっぱりバス釣りっていうとワームで初めてからルアーに、
スピニングから始めてっていう感じではないでしょうか。


ちなみに、北山ダムなどは観光地としても有名ですかね?


よくダムが好きな人っていますけど、
そういった人たちからしてみると北山ダムっていうのは
どうなんでしょう?

ちなみに私は湖がどちらかというと好きなので、
野池よりも野川派ですけど、
多摩川とか利根川とか川もいろいろありますからね。


それに神奈川と東京っていう感じで
県をまたいでいるのも何か良いですね。


湖でもそういった山梨と静岡っていう感じで
県をまたいであるのはあるのでしょうか?

さすがに湖ではそういったものはないですかね?


バス釣りの話でしたけど、
ボートとかで釣りするのって楽しそうではありますが、
なかなか一般のバス釣りをやる人っていうのは
体験することが出来ないのかな?

気軽に体験することが出来るのであれば、やってみたいんですけどね。

バス釣り動画もいろいろあるよね

バス釣り動画はYoutubeとかで調べるのが
手軽で良いかと思いますが、
そういった手軽な動画でも仕掛けの作り方とか
ルアーの動かし方なんていうのが学ぶことが出来るために、
おすすめの勉強法ではないかと思います。

トップウォーターの動かし方など紙面で
いろいろ読むのもありですが、
動画で上手い人が操作しているのを見たほうが
きっとより勉強になるのではないでしょうか?


通販サイトなんかでは釣りのDVDとかが
売られていたりしますが、
そういったものを利用しなくても、
探せばいろんな動画がありますからね。

ラインの結び方だって細かいことを言えば、
いろいろ工夫するべきところがあるのだと思いますが、
気になっていることがあるのであれば、
検索サイトに直接叩きこんでしまえば、
その動画っていうのが見つかるかもしれません。


例えば琵琶湖のポイントって入れれば、
琵琶湖のポイントを紹介したブログだったり
動画だったりっていうのは出てくるのは間違いないでしょう。


ちなみに、そういった使い方っていうのは、
上手くなればなるほどはまったりするものですよね。


やっぱり最初はやろうと思っても出来ないのですが、
おかっぱりについて調べてみたり、
秋のバスの生態について調べていくうちに
いろんなことが分かるな~っていうことで検索も
上手くなっていったりするかと思います。


用語なんていうのももちろん調べられますしね。

バス釣りの夏

バス釣りは夏休みにたくさんやれる機会がありますね。

とは言っても、夏休みっていうのは学生の特権なわけで、
バス釣り好きな人は遠くまで行くことが出来たりすると思いますけど。

バス釣りするのにピンクのラインとか
イエローとかいろんなものが増えていますよね。


通販があるので、ラインとかタックルの選び方なんていうのを
インターネットで調べながら購入を検討することが
出来るっていうのが良いと思います。


後、便利だな~って思ったのは、
ルアーの動きを動画で見ながら、
おすすめのルアーを購入することが出来るのは
非常に良いですよね。


フロッグの使い方であったりなどなどある程度、
自分で中でイメージトレーニングが出来るっていうのは
良いかと思います。


トップウォーターの動画などは
何度見ても良いな~って思います。


ルアーの動画のランキングの中では
確実に上位に入るのではないかと思います。


そんなルアーの動画があるかは分かりませんが、
仕掛けの作り方も仕掛けとワームとか
仕掛け結び方っていうのを検索にかけると
あっという間に動画が出てくるので、
非常に便利かなって思います。


それに、動画でバス釣り用語っていうのが
たくさん出てくると思うのですが、
そういった用語もインターネットで調べながら
見ることが出来ますからね。


昔は・・・っていう話をしたくなってしまうのですが、
それは野暮っていうものですかね。

バス釣りのタックルの選び方のコツが知りたい

バス釣りのタックルの選び方って、
何となくスピニングだったり、ベイトリールだったりするのですが、
どちらが良いのですかね?

鬼怒川とか芦ノ湖ではスピニングが多かったような気が・・・
確かですけど。


新潟とか宮城とか米どころに行ってみたいのですが、
観光地としてはどうなんですかね?

よく香川県はうどんが流行った時に観光客が凄い増えたみたいですけど、
きびだんごが流行れば岡山とか流行るのかな~?

牛タンが流行れば仙台とかね。


大阪に行く際に雨が降っているとなかなか厳しいなって思いますけど、
雨が降っても一番楽しむことが出来る地域っていうのは
どこになるのでしょう?

福岡とかはどうなんでしょうね?

ただ、雨だったり、風だったりが強いと
屋台村を楽しむことは出来ないのかな・・・

なので、どちらかというと冬よりも夏のほうが良いだろうし、
夏よりも春とか秋のほうが涼しく楽しむことが出来るのでしょうか?


バス釣りが好きな人になると
大会などにも出ることがあるかと思いますが、
ボートなどで出場しなければならないものもあったりするのでしょうか?

何かキャンピングカーみたいなので
ボートを引っ張って行きながらバス釣り大会を
いろんなところの参加するっていうのは楽しそうではありますよね。

奈良県とか栃木とか次はどこかな~っていう感じで
地図を見ながら旅するってちょっとうらやましいな。

バス釣りルアーのデザイン

バス釣りルアーのデザインって派手なものが多いですが、
これは水の中でバスにアピールするためのものだと思います。

地味だとバスに気付いて貰えないので、
トップウォーターなどは水の音を出してアピールすると思いますし、
スピナーベイトだとキラキラしてバスに目立ちますよね。


この目立つっていうのが大事だと思いますが、
そうなると攻略のポイントっていうのは日光の入り方なんでしょうか。

暗いところだとなかなか目立たないような気がします。


河口湖とか山中湖とかであれば、天気が良い日であれば、
どこからでも日光が入っていそうなので良さそうではありますよね。

逆に多摩川とか江戸川とか場所によっては
すっかり日陰っていうところもありますよね。

そういったところでは釣れないのであれば、
それを覚えただけでも初心者の入門としては十分じゃないですかね。


夏などはそういった日陰で風を受けながら
涼しくバス釣りしたいな~って思ったりもするのですが。


猪名川とか宇治川とか川もいろいろありますが、
実際にどういった川であればバスがいるのでしょう?


そんなのネットで調べたりしても良いですが、
バス釣りしなくても川や湖を見た時にここはバスがいるな~
とかいない~とか見極められるようになると良いかなって思います。


岡山に行った際にはそういった点を
気をつけながら見てみることにしましょうかね。


そういったのを日記でつけていくって言うのも面白いかも。

自分の成長を感じることが出来そうですからね。

バス釣りの初心者では

バス釣りの初心者では
なかなかその状況に応じてポイントや
攻略法を変えるっていう工夫っていうのは難しいかと思います。

状況に応じてルアーを変えてみたり、
ワームを変えてみたり、仕掛けの作り方を
変えてみたりっていうのもあるかと思います。


河口湖ばっかりでバス釣りしていれば、
河口湖のポイントっていうのは理解することが出来るかと思いますが、
例えば大江川に要ってみたりとか、
宮沢湖に行った時にどこを狙えば良いのかっていう応用が
効かなくなってしまいそうなイメージがあります。


やはりどんな川や湖に行ったとしても
ある程度の対応が出来るっていうのがベストなところではありますね。


トップウォーターでやっていたけど、
スピナーベイトに変えてみるとか、
フロッグに変えてみるというような直観が
働くようになればなって思います。


なかなかそこまでは難しいかもしれませんが、
バス釣り日記などをブログで公開している人であったり、
Youtubeの動画を見たりしてみれば
分かることっていうのもあるのではないでしょうか。



ラインの選び方とか細かいことを言えば
結び方なんていうのも大事かもしれませんが、
それよりは福岡行ったり、栃木行ったりといろんなところで
バス釣りっていうのをしてみたいなって思うのはあります。


福岡に絞っただけでもいろんなところがありそうなので、
福岡だけって決めて、そこで修業するのも良いですよね。


毎年、1回は福岡でバス釣り旅行をするっていうような感じで。