琵琶湖でバス釣り

RSS 2.0
琵琶湖でバス釣りっていうのは
そもそも出来るのですかね?

あれだけ広い湖であれば、
どこかにバスがいそうなものですが、
バスって外来魚なので、琵琶湖だろうと河口湖だろうと
やっぱり誰かが放流しないといないと思うんですよね。

それは多摩川でも江戸川でも同じことだと思いますが、
とりあえず生命力は強いっていう話なので、
生き延びてはいくのでしょうね。


ただ、それによって他の魚が
駆逐されてしまうっていうのは困りますけど・・・


なので、バスがいない野池だからと言って、
バスを放流するのは絶対におすすめされないことなんじゃないかと。


しっかりと、バスがいるところで
やるっていうのが良いのだと思います。


また、そういったところのほうが
いろんな人がいるので仕掛けの作り方とか
ワームの使い方とかも学べますよね。


ワームとかであれば、他の釣り師さんと
交換したりっていうことが楽しかったりもしています。


もちろん自分があまり使わないやつではありますが、
そういったものに限ってヒットしたりするので、
やってみるものだなとは思います。


そういったことが出来るのは大会などは
やはりいろんな人が集まる場所ではないかと思います。


また、ブログなどで有名な人に会えたりすると
嬉しかったりもするので、
そういったのを狙ってポイントを絞るっていうのも良いかもしれません。


ロッドとかリールとかも大事ですが、
どう楽しむのかっていうのも大事ですよね。