バス釣り用語って・・・

RSS 2.0
バス釣り用語って気にする必要もないのかもしれませんが、
語源っていうのがそれぞれあるのですかね?

ベイトリールのベイトとか、
スピニングリールのスピニングなんていうのも
意味があるのかな~って。

カレントとかスプーンとか、
スプーンなんて始めて聞いた時には
ルアーの名前だなんていうのは分かりませんでした。

トップウォーターっていうのは、
何となく分かりそうな気はしますけど・・・


ネコリグとかタウンショットとか
例をあげればキリがない状態ではありますが、
そういった言葉を覚えていくのは初心者の頃には
入門の修行みたいで楽しかったですね。

ネットで調べられるので、
友達とそういった用語が掲載されている
おすすめのサイトの選び方などを
教え合ったりしていたような気がします。



ネットでは通販もあれば、動画もあるので、
情報共有が早いというか、
いろんなものがあっという間に分かりますから便利だなって思います。

フロッグの使い方とか
トップウォーターのおすすめのポイントやアクションなんていうのも、
かなり学んだような気がします。


使い方次第では、いろんなことが出来るかと思いますが、
その肝心の使い方っていうのがバス釣りでは難しいような気がします。

おかっぱりの時はどういった仕掛けの作り方で、
ボートの上からはどういったラインを使うのかっていうのも、
いろいろ考えると奥が深いというか、
ワーム選びをとってみてもいろんな考え方が出来るかと思うと、
それぞれの特徴が現れる部分ではありますよね。