バス釣りのベイトリールの技術

RSS 2.0
バス釣りのベイトリールっていうのは、
スピニングリールが人差し指で操作するのに対して、
親指で操作するんじゃなかったかな~って思います。

確かルアーやワームを投げた時になれると
ポイントに落としやすいっていう話は聞いたことがありますが、
使い方次第ですかね。

上野沼って聞いたことがありますが、
これっていうのは東京の上野にあるのでしょうか?

あんな都会にバス釣り出来そうな野池があるとは思えませんが、
川とかって名前では分かりませんもんね。

江戸川であれば東京だし、
多摩川であれば東京か神奈川か千葉かな~
っていうのぐらいは分かりますけどね。


加瀬沼とか養老川なんてなると、
もはや奈良県?埼玉県?なんていう感じで
適当な県の名前しか出てこない状態ではあります。


初心者の時は近くの野池でっていうのが、
多くの人の定番だと思いますが、
ある程度道具の入門的な技術も覚えてくると、
ゴムボートに乗ってみたり、
より複雑な仕掛けの作り方にチャレンジしたくなりますよね。


具っ直にスプーンならスプーン、
トップウォーターならトップウォーターでっていう感じで
やるのも上手くなって良いのでしょうけど、
Youtubeなどで動画を見ていたりすると、
いろんな道具を使ってやっていたりもしますからね。

おすすめの選び方とか見て、
釣り具屋さんに行くとついつい
その通り選んだやつを買っちゃったり、
ランキングで上のほうのを手に取ってみたりっていうのは
多くの人が経験しているはず。

それが実はおすすめのバス釣りの楽しみ方ではないでしょうか。