2013年9月アーカイブ

バス釣り用語のドリフトって?

バス釣り用語のドリフト、これは用語では初めてであった言葉ですかね。

ルアーとかロッド、タックルなんていうのも用語っていえば、
用語なんでしょうけど、そういった言葉っていうのは
初めから知っていた部分もあったので。

ドリフトぐらいであれば知らなくても良さそうですが、
ストラクチャーとかハンプっていうのは
どこを狙ったら良いか教えてもらう時に
ポイントの説明する際に出てきたりしますからね。

まったく分からず、ハンプのところに投げ込めば怒られますわな・・・


いろんな用語があるので、知らなくても釣り方とか
仕掛けの作り方っていうのがしっかりしていれば、
それはそれでありなんでしょうけどね。

野池でも大きな琵琶湖のような湖でも、
千葉でも広島でも釣れれば何でもバス釣りってね。


ただ、狙ったように釣れるっていうのも面白さのだいご味ではあるので、
仕掛けの種類を覚えたり、ダウンショットや
ネコリグを使いこなしてみたりっていうのもやはり楽しいですね。

まずは、ルアーやラインの結び方であったり、
選び方であったりからのスタートにはなりますけど、
最初は何をやっていても楽しいんですよね。


バス釣りってアクションするので、
ルアーの動かし方を研究してみたりというのも楽しかった覚えが。

実際、動画サイトなどにはそういったのを
掲載されているものって結構ありますもんね。

それも慣れてくると釣れなくなってくると
楽しくな~いっていうことにもなっちゃうんでしょうけどね。

バス釣りの仕掛けでダウンショットは基本だ!

バス釣りをするうえではいろんな仕掛けの種類や
作り方っていうのがありますが、
ダウンショットっていうのはある意味では
初心者が覚えたい基本的な仕掛けの作り方になるんじゃないですかね。

ワームでダウンショットを覚えれば、
ストラクチャーなどがあっても問題ないですし、
ポイントとなるべき釣り方なども覚えられるのではないかと。

具体的な作り方はブログでも動画でも紹介されていたりしますが、
オススメはカラーとかにこだわることですかね。


仕掛けの作り方を覚える中で、
動かし方をイメージしてみたり、
ポイントを意識してみたりっていうのは非常に大事かと。


それがそのまま仕掛けの出来に関わってくるかと思います。


結び方、ラインの太さ、リール、ロッドのすべてが変わらなくても、
込める気持ちが変わればバスが釣れるのかっていうのは違ってくるかと思います。


ルアーだって、フロッグだって同じことだとは思いますが、
こういった気持を込めるという意味ではチューニングや
改造っていうのもおんなじことかと。

千葉や東京など良いポイントっていうのはいろいろありますが、
気持ちがこもっていれば何てことない野池でもバス釣りは楽しめますね。

コツなんかを覚えてしまえば、それほど苦労もいらないので、
他にもネコリグだったり覚えていけば良いんじゃないですかね。

ダウンショットっていうのは、季節を問わずに使えるのも魅力で
夏に作れば秋でも使えるっていうのも
初心者の人にとってはありがたいことではないでしょうか。

バス釣りの仕掛けでネコリグを選ぶか?

バス釣りの仕掛けでネコリグを使うかどうかっていうのは、
ポイントやワームによるところがありますね。

というか、ネコリグを使わない場合も動き方が独特となるので、
それはそれで釣り方の1つだと思います。

後は好みっていうとこかな・・・


ラインの太さや結び方など使い方にもよりますけど、
ロッドとタックルは何を組み合わせるのかっていうのも大事で、
ベイトはパワーがあるけど、バックラッシュが起きたりして。

これって経験がある人であれば分かるかと思いますが、
ラインがもうくちゃくちゃになっちゃうんですよね。

そういう意味ではスピニングリールのほうは
初心者の入門にはピッタリかと。

岡山の野池でもスピニングの人が多かった気がしますし、
琵琶湖とか千葉のどこだか忘れたけど、
熟練者が多くいるところもベイトが多いとか。


まぁ、どちらでも良いとは思いますが。


ボートの上からやるのも、おかっぱりからバス釣りするのも、
オススメの動かし方であったり、仕掛けであったりがあるので、
準備がしてあればそれなりに楽しめますよね。

ワームの付け方などはしっかりつけておかないと釣れないですけどね。

それはルアーもフロッグも一緒ですけど、
ランキングとか通販とかでもいろんな情報を見ることが出来ますし、
ブログなどには動画なども張ってあったりしますので、
そういったところから広島だったり、
東京だったりと各地方のポイントっていうのも知ることが出来たりするので、
便利なんですよね。

バス釣りのラインの結び方のアレコレ

バス釣りのラインの結び方のアレコレっていうのは、
動画とかではなかなか明らかにならない部分ではないですかね。

でも、ワームの結び方であったり初心者の方が
知りたいのはそこでは?

秋はこういうのが良いよ~みたいな。


ブログとかで仕掛けとかタックル、
ラインなどなど情報は掴めますが、
その中でフロッグだけは使う気にならないですね・・・

カエルが苦手(笑)


でも、夏はその辺りにフロッグってたくさんいるので、
バス釣りでもフロッって効果的なんだろうなって思ったりもします。

野池とかでも最新のフロッグ使って攻めている動画とかあったりしますが、
琵琶湖とかいろんなところで使えそうだもんな。

1つぐらいフロッグの付け方であったり、
動かし方であったりっていうのは知っておいて損はないかも。


ランキングとかオススメっていうのがあるのか分かりませんが
ラインと同じようなカラーに揃えてみても
ちょっと面白いかもしれないですね。


セットにはロッドやルアーは入っていても、
フロッグが入っていることはないと思うので、
欲しいのであればまずは買うべしって感じ。


練習するだけであれば、
ポイントを狙って投げるだけでも十分だとは思いますが、
やっぱり釣り方をいろいろ勉強して、
初めて釣れた時っていうのは嬉しいかなって思いますね。

おかっぱりでやる人が多いと思うけど、
初心者でもボートでガンガンに行っちゃえば良いと思いますね。

身の丈なんて気にせず、一気にレベルアップしちゃえば良いんですよ。

バス釣りのラインの色は何使う?

バス釣りのラインの色は
イエローは無色かピンクぐらいだと思います。

ピンクっていうのはおすすめだったりしますけど、
ちょっとかわいらしい気がしますよね。

シマノでもダイワでもあまり道具には
こだわらないという人はサイズだったり、
ラインの太さだったりにこだわりはないかと思いますが、
一般的にはどのくらいのを使っている人が多いのでしょうか?

どうしてもサイズは大きいほうが良いんじゃないかと思います。


ベイトでもスピニングでもですけど、
適正っていうのがあるのですかね。

ポンドにもよるのでしょうけど、
フロッグとかもあまり大きいと大物以外はかからなくなっちゃうのかな。

何ごとも使い方が大事だっていうことなのかな。

ちなみに、スピニングでもベイトでも良いのですが、
ラインの結び方っていうのは、しっかりしないと厳しいよね・・・

このラインの結び方とか仕掛けの作り方っていうのが苦手で、
ルアーだったり、ワームだったりイマイチね。

これがイマイチだからあんまり釣れないのか、
釣り方が悪いのか、動かし方が悪いのかまったく分かりませんけど、
種類とかもそれなりに覚えているんですけどね。

通販とかを見ていると、いろんなものが売られているので、
季節ごとに新作などが出ては、
あれ欲しいだのこれ欲しいっていう感じではあります。

改造とかはほとんどしないですね。

チューニングもロッドだったり、
リールだったりの手入れをするぐらいで、
本格的にどうこうっていうのはないのですが、
これが良くないのか!?っていう気もしてます。

バス釣りフロッグの使い方は難しい

バス釣りフロッグの使い方っていうのは、
やはり難しいのかなって思います。

ワームやルアーなどに比べて、動かし方であったり、
釣り方っていうのはどんな感じになるのでしょう?

バスをどうやってひきつけるのかっていうポイントがイマイチ分からないですね。

動画とかであれば、ワームを使って
仕掛けを作っている人もいるかと思いますが、
初心者でも簡単に出来るものなんでしょうか。


秋とかってそもそもフロッグっていう季節というか、
どちらかというと夏のイメージですが、
あんまり疑似餌だから関係ないんですかね。


野池とかでフロッグ使ってみようかな。


通販とか見ればオススメですとか、
ランキングで何位ですっていうのがありますけど、
ラインの太さとか結び方とか難しくないんでしょうか?

そこら辺は分かりませんね。



チューニングとか改造とかそういったのはちょっと興味があって、
車なんかでもよくやってみたいなって思ってますけど、
タックルとかルアーとかでも
そういったチューニングとか改造っていうのは出来るみたいですね。

動き方が変わるというか、
激しい動きにしてみたり、
サスペンドタイプのようなものをいじってみたり。

そこまで来ると、カレントなどしっかりと理解して、
狙いたいポイントに合わせて
チューニングっていうことになるかと思いますけど、
チューニングや改造っていうのも大まかに分けようとすれば、
いくつか種類っていうのは決まってくるものになるっていうことなんでしょうか

バス釣りのワームの色で大事なのは?

バス釣りのワームの色で大事なのは、
ピンクとかなんですかね?

正直、ワームの色って色鮮やかなものもあれば、
くすんだ色もあっていろいろあるな~っていう感じです。
ルアーなんかもそうですが。


ブログとかで紹介していたりするものもありますが、
ブログに掲載されているのは釣れた様子ばかりなので、
紹介されている仕掛けとかタックルとかを
用いればきっと良いんでしょうけどね。

そこの野池のポイントっていうのもあるし、
ブログの情報を最新の情報だと思って、
すぐに真似するのはいただけないかな。

ワームの付け方とかラインの選び方、
結び方なんていうのは2000年だろうと
2013年だろうと大して変わらないと思うので良いですが、
その辺りは本なんかもありますからね。



とりあえず、初心者の方であればセットを購入しておけば、
スピニングリールとそれなりのロッドと
ワームなんかがついてくるので、
簡単なおかっぱりぐらいならすぐに始められるのではないでしょうか。


その後は季節によって仕掛けを変えてみたり、
通販で人気ランキング上位のルアーを購入してみたり、
動画でサスペンドの使い方を覚えてみたりすると良いのでは。

個人的にはストレッチとかカレントとか
そういったのも大事になってくるかと思いますけどね。



千葉とか東京とか大きな川っていうのが近くにあるような地域だと、
バス釣りもいろんなポイントで
楽しむことっていうのが出来るのだろうなっては思いますけど、
広島だとどの辺りだろうな。

バス釣りブログで女性がやっているもの

バス釣りブログで女性がやっているもの、
というか、女性のバス釣り人口ってどのくらいなんでしょうか?

動画とかを見ていてもやっぱり男性が多いというか・・・

ワームとかは女性にはちょっと気持ち悪かったりもしますからね。

初心者の女性が男性と来ているパターンなんかも
野池とかで見たりしますが、
あれっていうのは秋のピクニックがてら
ついてきたっていう感じなんでしょう。

タックルとかロッドとかも重かったりするので、
女性向けの軽いやつっていうのがあっても良いとは思いますけどね。

ただ、まったくいないっていうわけではなくて、
夏だったり、冬だったりとバス釣りに行けば、
それなりに見つけることっていうのは出来るんじゃないかと。

通販とかでも女性のバス釣りの恰好の
オススメのランキングなんかもあったりするかと思いますし、
きっとルアーとかも男性とは選ぶ視点っていうのは
違ってくるのではないですかね。


女性であれば、野池は野池でも千葉とか
茨城とかまで遠征するのであれば、
美味しいものが食べることが出来たり、
温泉とかが帰りにあると嬉しいですよね。

バス釣りでヒットしたりすると、
ちょっと魚臭くなっちゃうので。


ルアーの動かし方とか釣り方っていうのは、
男性よりも繊細な動きが出来るんじゃないかと思ったりもしますが、
あんまり釣れる釣れないには関係ないですかね。

仕掛けの作り方とか、ラインの結び方なんていうのも
ちょっとずつ男性とは違ってくるのではって思うんですけどね。

バス釣りの仕掛けの作り方のコツ

バス釣りの仕掛けの作り方のコツっていうのは、
ワームだったり、ルアーだったりと使うものによって
違うのかと思います。

ただ、ラインの結び方とかポイントっていうのが
大方似ているのではないかと思うので、
そうなると練習しておけば、
いざという時にいろんな作り方に対応出来るのではって感じ。

ルアーとか通販でいろいろ見て、
ランキングで上のほうだからと言って購入しても
使えないと意味ないですからね。

サスペンドタイプのルアーなどは
やっぱり作り方とは実は異なるのかな・・・?

ブログとかもよく見たりしていますが、
バス釣り以外にもいろいろあって、
各地の名産のは見てしまいますね。

広島ならカキとか広島焼きとか、
宮城なら牛タンなどなど。最初はスピニングリールだったり、
ベイトタックルについて調べていたのに、
途中で千葉のマザー牧場のブログになっていた時はビックリでしたけど(笑)

オススメのカラーとか、
初心者向けのおかっぱりのポイントとか、
釣り方なんていうのは親切だな~って思います。

改造のやり方とかもありますが、
それはやり過ぎるとダメにしてしまったりしたり。


チューニングも慣れてくると、
改造も良いかなって思ったりしているんだけどね。

ただ、基本的に改造するのは、
ルアーやワームだけに限っていますけどね。

ロッドとかタックルとかを改造して、
使えなくなってしまうとダメージが大きかったりすると思うので、
そこはやはり保険的な意味合いもかけてですけど。

バス釣りブログで福島情報

バス釣りブログで福島だったり、
千葉だったりとそれぞれの住んでいらっしゃる地域の野池だったり、
ポイントがテーマになってるものがありますが、
やはり茨城だったり、東京だったりと関東の人が多いのですかね。

それだけ人口も多そうですし。


ブログは動画の場合もあるし、
ワームやルアーのランキングがリンクで張ってあるものもあったり。

リンクは便利なんですよね~。

新品のシマノグッズとか、
ダイワのグッズがでたりしていると
そのまま通販サイトに飛ぶことになるので。

これってきっとブログやっている人にも便利なんだろうな。

ラインとかの仕掛けの作り方なんかは結構こだわりたい派なので、
どちらかというと用語とかそういったのが
よくよく書いてあるのが良いですね。

用語を知って、あぁ~あのことかって思ったり。

特にサスペンドとかはルアーなんかに出てくることもあるしね。

ルアーで言うと、トップウォーターとか
スプーンとか釣り方というか動かし方も違ってくるので、
その辺りを把握しておかないとかなりきつかもって思ったりもします。

オススメされるままにセット買ったり、
あれもこれもって揃えるとお金なくなるしね。

初心者セットっていうのであれば、
それで当分の間はやっているぐらいは良いのかも。


タックルとかはスピニングリールだと思うので、
それなりだと思いますし、他にもいろいろついているんじゃないの?

通販なんかを見ていて、自分に合うって思っていても結局初心者セットのほうが良かったりもするし(笑)

バス釣りの仕掛けの種類は1つで良い?

バス釣りの仕掛けの種類はいくつも知れば、
楽しいかもしれませんが、
ルアーやワームなど1つしか知らなくてもそれはそれで良いのかなと。

釣り具メーカーもシマノとかダイワとかありますが、
どちらもそれぞれ良いように、
仕掛けもそれぞれに良さがあるので、
人気のものだったり、流行りのサイズであったり、
ランキング上位のものにこだわらなくても、
おすすめっていうのが1つあれば良いんじゃないでしょうか。

ラインの色もピンクでもブルーでも良いとは思いますが・・・
ブルーなんてあるか知りませんが。


太さなどころころ変えるのではなくて、
スピニングリールなどを合わせて同じものを使うことによって、
釣り方などにも工夫が出てくるのではないかと思います。

フロッグとか使い方が難しいような気がしますが、
それも結局な慣れだと思いますし、
結び方も付け方も全部そうだと思います。


ダウンショットとかネコリグとかいろいろありますが、
まずは仕掛けは作り方を1つ覚えて、
それに合わせた釣り方も1つ覚えてってやっていくのが良いかと。

琵琶湖とかだときっと多くの釣り人がいて、
そういった人たちの釣り方だったり、
タックル、ロッド、何から何まで目新しく見えちゃうので、
ついつい見行っちゃったりするのですが、
何事にも迷わされずに1季節ぐらいは
同じものを使い続けるのが良いんじゃないでしょうか。

とは言っても、ルアーの改造であったり、
チューニングっていうのが大事なので、
それはそれで覚えたほうが良いとは思いますが。

バス釣りの仕掛けと結び方

バス釣りの仕掛けと結び方っていうのは、
作り方としてはかなり重要な要素だと思います。

ルアーとラインの結び方がしっかりしていないと、
ポイントめがけて投げた瞬間にルアーだけが・・・
っていう可能性もありますからね。

これはワームでもフロッグでも一緒だと思いますが、
付け方とか動かし方とかそういったことを加味した
ラインの太さや結び方、種類を選ばないと
なかなか厳しいところがあったりするかと思います。

まぁ、そこまで神経質にならなくても多少練習をすれば、
初心者でもあっという間に出来るようになるし、
結び方とか動かし方とか付け方っていうのであれば、
家でも出来ますからね。


さすがにルアーやワームっていうのは野池じゃないと、
ダメだし、サスペンドタイプとかであれば慣れないと
釣り方っていうのもままならないんじゃないですかね。

通販なんかでは、ルアーの動きなんかを動画であったり、
Yotubeのリンクを張ってくれているところもあるようですけど、
ルアーの季節っていうのはどんな感じなんでしょう?


バスも夏とか秋とかの季節によって、
好きなルアーっていうのが変わるのではないかと思ったりもするのですが、
そういったことっていうのはないのかな・・・?

千葉のバスと東京のバスと福島や岡山のバスを比べた時に
どう違うのかっていうのは分かりませんが、
それで言えばバンクとかカレントとか
そういった場所による違いっていうほうが
大きく影響してくるのかなとも思ったりしますね。

バス釣りの仕掛けのルアー選定

バス釣りの仕掛けのルアー選定については、
いろいろやり方があるかと思います。

仕掛けの種類であったり、作り方っていうのはもちろんですが、
出来る動かし方とか出来ない動かし方とかがあると、
それでルアーも限定されてきてはしまうのではないかと。

タックルとかロッドとかとの組み合わせなんていうのもあるので、
自分の付け方であったり、動かし方にあったルアーだったり、
ワームだったり、フロッグだったりっていうのを使えば良いのですが。

パンチングとかカレントとかいろいろ用語はありますが、
仕掛けの作り方をいろいろ覚えるのであれば、
用語も覚えておいたほうが良いのは間違いないですね。

それと、千葉のどことことか、岡山のどことことか、
ブログなどを見ていると、各県のどういった野池で
よく釣れるのかなんていうのも覚えるようになってしまいますね。

琵琶湖とかであれば、すぐに覚えられますけど、
福島とか広島とかの野池の話を聞いても最初は分かりませんが、
ネットでいろいろ見ていると覚えちゃうかと。


これっていうのは、仕掛けの種類とか作り方なんていうのもそうで、
特に動画を見ている人であればなおさらではないかと思います。

ストレッチとかチャンネルとかっていうような用語も
そういう意味では同じかと思いますが・・・

そうやってバス釣りの世界に浸っていくうちに、
いろいろ覚えていくっていうのが実は案外、
一番すんなりと覚えられる方法なのかもしれないなって思いますね。

バス釣りの仕掛けは初心者では

バス釣りの仕掛けが初心者では
まったく出来ていないこともありますよね。

動画などで紹介はしていますが、
ワームの使い方であったり、
タックルやラインの組み合わせであったりっていうのは
上級者向けであることが多かったりするのではないかと。


秋とか夏とか関係ないですもんね。

本当は季節によってネストとか考えないといけないのだと思いますが、
そんなところまで・・・

せいぜいラインのカラーとか結び方っていうのが
とっかかりとしては良いんじゃないでしょうか。

最新のルアーばかりあっても
、別に釣れるわけではなくて、
ある程度のワームの付け方、動かし方っていうのが
よほど大事ではありますね。

ランキングで上位のものは
それなりに釣れるのであろうけど、
サスペンドタイプなんていうのもあったりして、
使い慣れないのを使っても練習ばかりすることになってしまうので。

千葉に遊びに行った時は野池で楽しい思いをしましたけど、
やはり釣りなれたところが一番良かったりもしますね。

バンクとかも分かっているので、
おかっぱりのポイントなんかもそう間違うことはないですからね。

久々にバス釣りする時なんかは慣れた仕掛けの作り方、
ラインの結び方、慣れたポイントでっていうのが鉄則だと思います。

そうやってまずは慣れたところで、勘を取り戻しつつ、
少しずついろんなロッドやタックルになれるっていうのが
良い方法になるのではないかと思います。

もちろんいろんなことしてみるのも、
学ぶっていう意味では大事なことだとは思いますけど。

バス釣りのラインの太さは大事なの?

バス釣りのラインの太さや色っていうのは
バスから見やすいっていうことなんでしょうか。

スピニングリールはシマノが良いのかなって思ったりもしていますが、
ダイワのも良いんでしょうね。


ルアーもいろんなメーカーのものがありますが、
人気なものってなるサイズが大きかったりするのでしょうか?

人気ランキングをルアーであったり、
スピニングリールだったりで見てみるのも良いのかな。

さすがにラインの人気ランキングっていうのはなさそうな気がしますが、
おすすめっていうのはいろいろ調べればあるのでは。

色だけで言えば、個人的にはピンクがおすすめですが、
号とかはどうなるのでしょうか?


peラインっていうのがほtんどだと思いますが、
ポンドによっても変えたりっていうのが
必要なんだろうなっていうのは思ったりもします。


使い方にもよるかと思いますが、結びやすかったり、
ネコリグの調子でラインを変えたりっていう人もいるのではないですかね。

詳しくは分かりませんが、種類や作り方っていうのも
いろいろあると思いますので、
初心者の方であれば当面は使い続けるのが良いのかなって思ったりもします。


ルアーやワームなんかも次々に新しいのを買うのではなくて、
琵琶湖も同じおかっぱりのポイントからやることによって
見えてくるものっていうのがあるかと思いますしね。

通販なんかを見ていると、ついついいろんなものに
手を出したくなってしまうっていうのがいけないですよね。

しょうがないとは思いますけど。

バス釣りの初心者のルアーで良いのは?

バス釣りの初心者のルアーで良いのは、
トップウォーターやスプーンなどでは
どういうのがあるのでしょうか?

ポッパーみたいなのもなかったかな・・・?

海釣りでよくある餌がつけるのが苦手な人にとっては
ワームっていうのは非常に便利ではありますよね。

秋とかになって落ち葉だらけの野池とかだと、
落とすと見えなくなったりするのですが(笑)


ブログとかで書いたら反響というか共感が得られそうな気はします。


仕掛けの作り方とかお気に入りのフロッグとかを
ブログに掲載するよりも、そっちのほうが何か面白そうではありますよね。

野池の情報とか、例えば千葉のどこどことか、
東京のどこどこっていうのが興味がある人にとって、
広島だったり、福島だったりっていうのは興味がないですよね。


なので、バス釣りのことでブログを書こうとしても
なかなか難しいなって思ったりもします。

ポイントの見方とか、用語でストレッチが
何でパンチングが何かっていうのを解説するのも良いですが、
人気のブログになるためには、仕掛けの作り方もワームのカラーなんかを意識してみたり、
ラインの結び方を意識してみたりと大変そうではありますよね。

さすがにそこまではやれる気がしないなっていうのがあったり・・・

ただの根性無しかもしれません。


とりあえず、持っているロッドやタックルなどなど。

スピニングリールとかベイトタックルとか
そういったものっていうのを公開しながら、
今までの戦績っていうのを振り帰ってみようかな。

バス釣り初心者の練習法には何をしたら?

バス釣り初心者の練習っていうのはいろいろあるかと思いますが、
動画のYotubeなどで探してもいろいろ出てきますよね。

ワームを覚えたりっていうのも初心者には大事かなって思います。


秋になると涼しくなるので、野池とかにも行きやすいですしね。

ブログなどを見ていても、仕掛けを公開している人はいるので、
タックルとかラインとかフロッグなどなど
初心者にはありがたい資料ばっかりですね。

夏にはスマートフォンでブログを見ながら仕掛けを作った覚えが・・・

動画も2013年になれば、最新の野池のものがあるだろうから、
わざわざ過去の見る必要はないでしょうし、

季節だって検索で指定出来ますしね。

琵琶湖とか相模湖とか大きな湖となれば、
いろいろと思うところもありますが、
ワームの付け方とか動かし方っていうのは
野池やそれこそ家でも十分だと思います。

オススメされたことがあるのは、
家でロッドの動かし方を練習すること。


これっていうのはルアーの操作に繋がってくるというか、
ベイトを使いながら狙ったポイントに落とすのでも良いのですが、
まずは釣り方を上手くなるために初歩のステップっていう感じなんですかね。

金森っていうのがバス釣りの場所としては
良いっていう話は聞いたことがあるようなないような。

遠賀川っていうのもあったり、霞ヶ浦っていうのもあったり。

どこも行ったことありませんが。

有名な場所にこだわるよりも、
まずは釣れることが大事ですから、釣れるように練習が優先かな。

バス釣りの初心者向けロッドはコレかな・・・

バス釣りの初心者向けロッドとなれば、いろいろありますが、
バス釣りセットなんていうのもありますよね。

動画を見ていれば、それはみんな立派な道具を使っていますが、
ワームだろうとルアーだろうと初心者向けだからと言って
釣れないなんていうことはないかと思います。


バス釣りにもシーズンっていうのがあるかと思いますが、
秋だったり夏だったりっていうのはバス釣りに向いている時期になるのかな・・・

夏は海に行ったりすることが多いので、海釣りやることが多いですけど。

まぁ、千葉とか岡山とか地域によっても違うと思います。

よくあるじゃないですが、この野池は春はよく釣れるんだよっていうやつ。

琵琶湖ぐらい大きくなるともはや
ポイントによって違うのかなって思ってしまいますが、
そういった大きな湖っていうのは最新の情報っていうのが調べやすいので、
そこまで困らないんですけどね。

ネットで調べるというと通販なんで、
2013年で最新のフロッグのランキングなんていうのもよく見てますね。

人気のフロッグだったり、
ラインだったりって言うのは気になりますし、
最新の情報っていうのは何でも気になるものです。


結び方とかそういったのでは、
もう今更っていう感じがなくもないのですが、
ロッドやベイトなんていうのはちょっとした進化があったりしますから、
季節ごとにどういった新商品が出ているのかっていうのだけは
注目しているようにしてます。

いろんな種類がありますからね。どうしても気になります。

バス釣りの初心者セットの使いやすさ

バス釣りの初心者セットの使いやすさときたら完璧ですね。

てか、バス釣りじゃなくても
それなりに初心者セットってなると
考えてあるものばかりだと思いますが、
バス釣りの場合はロッドやタックル、
ワームにルアーにラインなんていうのも入っているので、
それだけで十分にバス釣りすることが出来るかと。

野池レベルであればおかっぱりするのに問題ないかと思います。

そこからいきなり高いのにいくか、
そのタックルやロッドを自分なりに改造して
遊んでいくのかって言うのは人それぞれな気がしますが、
フロッグだったり、ルアーだったりっていうのをいじるのは楽しいですね。


通販とかで探せばそういった道具っていうのはいくらでもあるし、
ちょっと調節するだけで動きが変わったりしますので、
そういったのを学ぶのも釣り方を練習したりする上ではポイントなのかと。

動き方が分からないと釣り方も何もないですしね。


最新の道具なども見ると良いかと思いますが、
狙ったポイントに飛ばせるとか、
釣れるポイントを探すことが出来るっていうのも大事です。

そいうのが出来てくると茨木とか千葉とか
遠くのほう言っても別にやっていけるし、
シマノでも何でも好きな時に好きなものを使えば良いんですね。

格好から入るっていうのも大事ではありますけど、
だからといってチャンネルとかネコリグとかカレントなんて
用語ばかり覚えられても辛いところはありますね。

バンクやネストも大事ではありますが、まずは身体で憶えないと。

バス釣りのワームでオススメのポイントはどこ?

バス釣りのワームでオススメの
狙うポイントってどこになるのでしょう?

ワームやルアーなどなど仕掛けっていうのはいろいろありますが、
どういった時にワームを使うべきなのかっていうのは
分からないところがありますね。

初心者の方であれば分からず適当に投げてしまうのではないでしょうか。


それでも仕掛けがある程度しっかりしていれば釣れるかと思いますが、
出来れば仕掛け作りの参考にもなるので、
どういったポイントではワームやルアーを
使い分けるべきかっていうのは知っておいたほうが良いですよね。

よくブログなどに琵琶湖のここはワームがオススメとか、
岡山のあの野池はスプーンがオススメっていうのがありますよね。

千葉なら千葉の宮城なら宮城のポイントを探せば良いかと思いますが、
どうしてそう判断したのかっていうのは大事な知識かと。

カレントなのか、バンクなのか分かりませんが、
何かキッカケっていうのがあるんじゃないかと思います。

季節かもしれませんし、本来はルアーじゃダメだけど、
改造したものであったり、
作り方によっては狙うことが出来るっていうことも考えられますよね。


それを考えていくと道具や釣り方についても
いろいろ知っておかないとで、
ロッドやタックルもどういったものがあるのかっていうのを
しっかり把握しておいたほうが良いかなって思います。

単純に通販などでワームのランキングを見るのも良いですが、
それ以外の知識っていうのも大事ですよね。

バス釣りのワームのランキングとは

バス釣りのワームのランキングっていうのは
どういったものが上位に来ているのでしょうか?

ワームだけではなくて、タックルだったり、
ロッドだったりも通販で調べればランキングってありそうですけど、
地域別のランキングなどがあれば見てみたいなって思ったりもしますね。


茨木や群馬などの北関東ではこれが流行りとか、
千葉や東京ではこういったのが流行っているっていうような。

それと広島とか岡山とのほうを比べてみれば、
かなり異なるランキングっていうのがありそうではありますが、
そんなにワームもルアーも変わりはないのかな~。

ワームも色とか形とか選ぶ要素はいろいろですが、
仕替えを作りやすいっていうのは大事ですよね。


ラインの結び方とかネコリグの作り方とかまだまだな初心者なので、
難しい仕掛けの作り方っていうのは避けたいところではあります。

種類も様々なので、簡単なやり方っていうか、
使い方はあるだろうし、使いやすいように改造で来たりすれば良いのですが、
タックルだったり、ラインだったりと
それぞれの基本的な役割っていうのが分かっていないと
辛いところもありますからね。


ポイントを探す方法と似ているのかなって思いますが、
まずはおすすめから始めてみるのがやっぱり良いかな。


スピニングリールもダイワとシマノで迷ったら
近くの人がおすすめするほうにしておけば間違いなさそうですもん。

カラーぐらいは自分で決めれば良いとは思いますが、
まずはそこからですよね。

バス釣りのワームの動かし方はロッドの動かし方が大事?

バス釣りでワームの動かし方で釣れるか決まるわけですが、
動画とかを見ていると初心者と上級者との違いっていうのは
ブログなどにも書いてありますが、仕掛けの作り方であったり、
タックルとラインのコンビネーションであったりと様々ですよね。

フロッグでも同じことが言えるのかもですが、
ロッドの動かし方なんていうのも重要なんでしょう。


夏はいろんな人がバス釣りしたと思うので、
2013の最新の動画っていうのもたくさんありそうですが、
見ていて楽しいのは琵琶湖などの
大きな湖でボートの上でやっているものではないですかね。


付け方とか動かし方など参考になるものが多くありますし、
ランキングなどを見ていてもそういったものが上位に来るのではないかと思います。

カラーとかこだわりはないですが、
セットを買う時にラインのカラーなどが様々だと
そのカラーによって選んじゃうこともありますね。


ロッドやルアーのデザインっていうのもそうですが、
気にしないと言いつつ気にするみたいな。


まるでポイントを選んでいる時のようです。



練習する時も釣り方や動かし方を練習するだけだったらどこでも良いのですが、
バスが釣れるかもって思うと、おかっぱりの場所もこだわりたくなっちゃいますね。

千葉とか東京とかでどこか野池で練習する場所があれば知りたいのですが、
ネットで探せばすぐに見つかるのかな。

ただ、ネットでいろいろ知るのは良いですが、
コツとかっていうのは結局、自分で掴むしかないので、
やっぱり練習あるのみですよね。

バス釣りのワームの付け方で変わる!?

バス釣りのワームの付け方が変わったからといって
、バス釣りが大きく変化しないと思っている人がいるみたいですが、
そうは思わないですね。

おかっぱりでやる時も、
ボートの上からやる時もワームでもルアーでも
仕掛けの作り方であったり、
ラインの結び方だって大事じゃないかなって思う。


やっぱり初心者のころであれば、
入門時にいかに正しい仕掛けであったり、
タックルの持ち方、ラインの結び方っていうのを
学ぶことが出来るのかっていうのが大事で、
それは知らない野池だったり、
動かし方への上達の道じゃないですかね。

最初はオススメされたカラーであったり、
デザインのものをセットで購入して
いろいろ試してみるのも良いとは思いますけど。


ルアーもトップウォーターとかスプーンとか
いろいろ種類があるので、
その中から自分に合うものっていうのを
探せば良いのではないかと思ったりもしますね。


釣り方もある程度、学んでしまえば、
雑誌を見ながら練習あるのみって感じだし、
ある程度、釣れるようになってくるとそれはそれで面白くなってきますしね。

岡山とか福島とかちょっと関東や関西とは外れたような地域に
行ってみたかったりするのですが、なかなかそうもいかないというか、
こればっかりは・・・


ネットで通販っていうのが出来て、
地元の店でも売ってないものが手に入るようにはなったけど、
さすがに釣りの場所だけはそういうわけにはいかないっていうところもあるので、
仕方ないところはありますよね。

バス釣り動画の夏

バス釣り動画の夏は、ホントに動画ばっかり見てました。

バス釣りするなら、
ワームとかタックルとかラインとかをお店に見に行けば良かったのですが、
夏は暑かったので家から出たくない・・・

野池でおかっぱりするよりも動画で勉強とか、
琵琶湖とか多摩川とかいろんな水辺の映像見ているほうが楽しかったり。


ただ、バス釣り動画も見ているとワームの付け方であったり、
動かし方であったり、ランキングを見ていたりっていうのが楽しい。

用語を調べたりもしますけど、
動画で分からない言葉が出てくるとっていう感じかな~。


チャンネルとかストレッチとかドリフトっていうのは、
車を滑らすことって思ったり。

ワームって考えるといろいろ色がありますが、
ピンクとかパープルとか差ってあるのですかね。

バスって色の見分けって出来るのかっていうのが知りたいですが、
その辺りはこだわりなのかな。


ロッドも高いのが購入出来るのであれば、
高いの欲しいですが、金森とか霞ヶ浦とか行ってみたいな。

千葉と言えば、ディズニーがありますが、
女同士でディズニーと女同士でバス釣りなら
絶対にバス釣りのほうが珍しいですよね。


でも、女性でもバス釣りしている人は結構いそうで、
ブログとかでバス釣り日記をつけている人もいるみたいですね。

そういった人たちだけが集まっているコミュニティっていうのも
ありそうではありますが、
やっぱり男性と女性とでは
仕掛けの作り方なんていうのも微妙に異なっていたりするのですかね?

バス釣り動画の最新を見つける方法

バス釣り動画の最新のものを見つけるようにしています。

いろいろ見ていると、スピニングリールと
シマノで探しても同じものばかり見ることになってしまいますからね。

ダイワとか検索の言葉を変えてみたり、
ルアーって入れてみたり、
人気なんていうのも良いのかもしれません。

よくサイズがいろいろあったりしますが、
ランキングとしてはどのサイズのものが人気になるのでしょうか?

おすすめのラインとかもネットではいろいろありますが、
ラインの色はピンクでも何でも良いんです。

透明が安いのであれば、それが一番おすすめじゃないかと。


太さなどはさすがにいろいろ考えておかないと、
スピニングとの相性とかあったりするのではないでしょうか。

相性と言えば、ラインの色と
スピニングなどのタックルの色っていうのは
相性がありそうではありますけど。


バス釣りを始める時にいろいろ用語には悩まされましたけど、
ポンドがキログラムではどれくらいなのかっていうのもなかなか思えられず・・・


ポンドで大きさが把握出来れば良いのですが、
それで太さなんかを決める時っていうのは、
どうしても脳内変換が必要で。


ネコリグとか種類とかいろいろ考えることがあるっていうのは
面白いことではありますけど、
仕掛け作り方の初心者には種類を覚えるっていうのは無理なわけで・・・

ルアーやワームを用いたものっていうのを結局、
2種類ずつくらい覚えたら後は
それを使いまわすっていう感じになるのかな~って思いますね。

バス釣り動画で野池が舞台のもの

バス釣り動画で野池が舞台のものってあるかと思いますが、
ワームの使い方が初心者向けに解説してあるもので、
かつ秋でブログがあるものってないかな(笑)

ようは仕掛けの作り方を学びたいのですが、
タックルとかラインとかの知識がまったくないので困ってます。

持っているのもフロッグだけだし。

夏はそれだけでもとりあえずは楽しめたけど、
2013年になって動画を見ていくとやっぱり楽しそうではありますよね。

いろいろ使えると。野池でも最新の動画がどんどんアップされるし、
琵琶湖とかの大きい湖はそれはそれで楽しそう。


ただ、それもワームの付け方とか動かし方、
ルアーの使い方っていうのがしっかりしてこそですよね。

ランキングばかり見ていても、
自分の実力がともわなければオススメの仕掛けも無駄な仕掛けに。

カラーとかはどちらでも良いと思うのですが、
セットもどういったセットで組み合わせれば
良いのかっていうのは気になるわけで、
ロッドとかルアーとかポイントが知りたいんです。


釣り方など最初は我流でって思っていたのですが、
やっぱりいろいろ学ばないとダメですよね。


用語とかも知っておかないと分からないこともあるし、
おかっぱりだっていろんなテクニックがあるんじゃないのかな~。

金森とか霞ヶ浦とか行きたいところは
いろいろあったりはしますが、
近場で茨城とか千葉とかそういったところから
スタートするのが身の丈にはあっているんじゃないでしょうか。

などなどいろいろ考えているわけですよね。

バス釣り動画の2013は何が流行っている?

バス釣り動画も2013の流行っていうのがあるのかなって思います。

バス釣りもワームの流行だったり、
バス釣り自体が流行って初心者が増えたりっていうことがあるかと。

これから秋になるとすずしくなってくるし、
始める人も多いのかな。


案外、新たに始める人って
一緒にブログに仕掛けとかタックルとか
掲載したりすることがあるかと思うので、
ブログを見ているとバス釣りする人が増えたな~
って感じることが出来るのかもしれません。

ラインとかフロッグとかそれだけ見ていても楽しいですが、
やっぱり動画のほうが良いですよね。


夏の炎天下の中で野池にボート浮かべて
バス釣りっていうのは動画でもありそうです。

後は最新のワームやルアーの情報など
動画であると良いのですが、
それっていうのは通販などで
お店を見に行ったほうがあるのかもしれないですね。


琵琶湖とか大きな湖でやるには
どうしたら良いのかっていうのを考えてますけど、
オススメは貸ボートがあるところですかね。


セットになっているところであれば楽ですけど
、上手い人といってポイントを教わりながら
練習するっていうのは楽しそうだなって思います。

釣り方って上手い人と入門したての人っていうのは
明らかに違いますからね。

経験がものを言うというか、
ラインの結び方やおかっぱりの狙い方を見ても、
違いっていうのはあるのではないかと思います。


仕掛けの作り方もいろんな人から聞いてみると、
案外、いろんな発見があるんですよね。

バス釣りも夏の時期は終わった

バス釣りの夏のシーズンっていうのもそろそろ終わりですかね。

次は秋シーズンっていうことになりそうですが、
夏と秋の違いっていうとポイントなどが変わってくるのでしょうか?

動画などを見ているとワームとかはそれほど変更ないかと思うけど、
そういったことに変化がありそうだと思うのは、
初心者の私だけかな・・・

秋になると涼しくなってくるので、
バス釣りに行く恰好は変わってきますよね。

ブログなどでたまにいろんなオシャレな恰好を見ることがありますが、
それ以外だと仕掛けもタックルもラインもそこまで変化はないのかな・・・

フロッグなどで秋用とかあってもおかしくないんじゃないかと思いますが、
夏用っていうのも見たことがないような気もするし、
きっと季節はそこまでっていう感じなのか、
冬になれば大きな変化っていうのがあるのかもしれませんね。

野池とかであれば、冬は凍ってしまったりするので、
秋がある意味ではシーズン終盤っていう感じではないでしょうか。

最新の道具とか手に入ると
ついついバス釣りにすぐにでも行きたくなりますよね。


それこそワームの付け方とか動かし方だって
新しい方法がわかればやりたくなりますもん。

すっかりバス釣りにハマッているっていう感じでしょうか。


ネットが出来たことによって、
周りとオススメの道具などの会話が出来なくても、
ブログなどで出来るし、動画などで見たりすることも出来るので便利ですよね。

通販っていうのはランキングなんかもあって、本当に便利。

バス釣りのフロッグを使うタイミング

バス釣りのフロッグを使う場面っていうのは、
大物を狙いに行く時などでしょうか?

フロッグの仕掛けってやはり大きくなるので、
小物のバスじゃかからないと思うんですよね。

大物狙うのにフロッグっていうのであれば、
今度からはフロッグの仕掛けの作り方も
いろいろ試してみようかなと思います。

スピニングリールってシマノのものがあったりいろいろだと思いますが、
ダイワのなども良いのでしょうか?

よく見ても違いが分からん・・・・


ルアーをしっかり飛ばすことが出来て、
ある程度人気があって、
サイズもそれなりであれば別に何でも良いかなって感じです。


なので、ランキング見てはこれが良いかな~っていう選び方になるのですが、
ラインもおすすめされるがままですし。

それでバスが釣れるのかっていうことですけどね。


よくラインの色がピンクじゃないとダメだとか、
おすすめはイエローだとはありますけど、
太さなども結構関係あるのですかね?結局何が重要なのって感じ。

ただ、リールに関しては見た目的には
ベイトリールのほうがカッコイイのかなって思ったりもしますけど、
使い方がスピニングに比べて難しいとか
そうでもないとかっていう話は聞いたことがありますね。

種類もたくさんあるので、
やはり迷ってしまうのですが、
道具の選び方っていうのも確かに決めておいたほうが楽かもですね。


ロッドを選ぶ時の使い勝手で固いほうが
良いとか柔らかいほうが良いとかいろいろあるとは思いますけど、
そういうことですよ。

バス釣りのラインの結び方のコツ

バス釣りのラインの結び方って
いくつか種類があったかと思いますが、
ルアーを装着する時やワームやフロッグを使う時に
どうしても結び方っていうのが重要になるかなって思います。

用語で結び方の名前もあったかと思いますが、
太さや釣り方なんていうのも考慮しなければならないのかな。

釣り方なんてほとんど自分の確立されたものはないけれど、
練習していると結び方ぐらいは
そのうち覚えられるのではないかと思ってます。


ポイントって何ごともあるかと思いますが。


結び方もそうだし、ベイトリールやルアーのアクションもそうですけど、
そのポイントさえ掴めば後は慣れるまでひたすら頑張るだけですよね。

初心者セットのラインなどはカラーも透明のものが多いけど、
オススメなのがイエローとかピンクですね。

ああいうのっていうのは水中でも目立つと思うし、
ランキングでも上位に入ってくるんじゃないでしょうか。


ルプーンやトップウォターなどの動かし方っていうのが
イマイチでもカラーで何とかっていう気もしますし・・・

琵琶湖とか大きな湖っていうのはいろいろありますが、
夏に避暑地として最高なのはどこなんでしょう?


暑いところでバス釣りっていうのはかなりキツイと思うので、
そういうのも大事かと。

案外、その辺りの木陰のある野池っていうのは
最高の環境だったりするので、
そういったところで秋はゆっくりと仕掛けの作り方を考えながら
バス釣りに励むっていうのも楽しいそうなことではあるなと思いますね。

バス釣り仕掛けの面白さ

バス釣りの仕掛けっていうのは、
もちろん適当ではダメでそれなりに考えないとです。

動画をかを見ていると、
ワームを初心者が適当に作ってやっていたりしますが、
あれよりもしっかりやったほうが釣れるのは
間違いないんじゃないかと。

秋に入ってくると涼しくなってくるので、
ブログなどでもバス釣り始めましたっていう人、増えてきそうですよね。

仕掛けの作り方とか、タックルやラインの選び方など
いろんな情報が出回るようになるかな。

まだ、フロッグって使ったことがないですが、
今年の夏やチャンスでしたね。

使ってみようと思っていたのですが、
結局、野池とかに行く機会がなくて。


動画とかでフロッグ使っている人って
どんな感じで仕掛けを作っているのでしょう?


最新の仕掛けとか、ワームの付け方だったり、
動かし方っていうのを学んでみますかね。


ランキングなんかが良くネット通販にはありますけど、
あれでオススメされている種類だったり、
カラーだったりって本当に釣れるのでしょうか?


まぁ、みんなが勝っているっていうことで、
初心者セットとか初心者向けロッドとかルアーとか
ついつい見ちゃいますけど、それなりに練習しているので、
初心者ではないのですが、初心者のアイテムっていうのは参考になりますし、
釣り方などを見て、自分の反省に活かすなんていうのもあります。


ラインなどはぐちゃぐちゃな結び方になりやすかったりするので、
最初はスプーンとかトップウォーターとかに引っかかったりしましたけど、
良い思い出かな(笑)

バス釣りブログも面白い

バス釣りブログっていうのを付けている人がいますが、
ブログって簡単に言ってもいろんな内容のものがあるみたいですね。

ルアーやロッドなどの道具について紹介してあったり、
用語について紹介してあったり、
後は河口湖とか琵琶湖とかで実際に釣りをした成果を記してあったり。

出来れば、動画のありかとか
ワームの初心者向けの使い方なんていうのが解説してあれば、
そのまま仕掛けの作り方を覚えるのですが、
なかなか目的のものっていうのはないのかな。

たまに東京とか宮城とか
旅行話っぽくなっているのもあるとかないとか。

それはそれで楽しそうではありますが、
チャンネルとかストレッチとかドリフトとか
出来るだけ用語が少ないほうが入門するには
ありがたいかもしれません。

もちろろんパンチングの意味やカレント、
サスペンドの意味を知っていたほうが
バス釣りするうえは役に立ちますが、
ワームの色とか人気のランキングなんていうのを知っているほうが案外、
ためになったりしますからね。

通販なんかでは、
ルアーもいろんなものがあるので、
選ぶのにも自分なりのコツっていうのを見つけないと、
ただひたすら探すハメになったりしますよね。


フロッグだってこんなに種類があるのっていうくらいですから、
使いかたあとかチューニング、
改造がしやすいなどでいろいろ用途に応じた選び方っていうのをしないと、
いざって言う時に使えないフロッグばっかりに
なってしまうっていう可能性も十分にあったりしますからね。

バス釣りの秋と夏との違いは?

バス釣りを秋やるのと、
夏やるのとではブログなどを見れば、
仕掛けが異なっていたり、タックルやラインなどが
異なっているというのが分かるのでしょうか?

フロッグも夏は良いけど、秋はダメとかありそうですよね。

動画を2013で探していたりすると、
野池でのバス釣りだったり、
琵琶湖とかでの最新の動画などが出てきますが、
今だと夏の動画っていうのが多いのかな。

ワームの付け方とか動かし方、
ランキングなんていうのも動画では分かりそうではありますが、
やっぱり雑誌で見たり、お店でのオススメ見たりするのも楽しいですよね。

初心者セットの時はロッドもルアーも選べなかったけど、
ポイントが分かってくると練習の方法とか
釣り方なんていうのもこだわりが出てきてみたり。

ラインの太さとか結び方っていうのは、
正直、なかなか上手くはなりませんが、
そうやって少しずつ知っていくと面白いですよね。

スピニングリールはとりあえず、卒業して、
おかっぱりだけじゃなくて、
金森や霞ヶ浦とかでボートで釣りしたいなって思ってます。

無理やろか・・・


ブログ見る上で、
何で検索するのかって大事だと思うのですが、
茨城なら茨城の情報がたくさん出るし、
女性なら女性のバス釣りさんのブログとかも
拝見することが出来ますよね。


千葉とか岡山とかひたすら地名入れていくのも
楽しいけど、福島とか広島とかあまりいけないところ見るのも
案外辛かったりするんですよね。

やっぱり東京ぐらいをボチボチ見ていくのが楽しいのかな。

バス釣り動画の投稿方法

バス釣り動画の投稿方法っていうのは、
どういった形で行うのでしょう?

インターネットが普及して、
ルアーやロッドを見るのも買うのもネットで出来ますが、
動画でワームやタックルさばきなんていうのも
見ることが出来るようになったので、
Youtubeなどなど動画さまさまです。

それで秋にはバス釣りの様子をブログでアップしたり、
動画を投稿してみたりしたのですが、どうやるのでしょう?

まずは、仕掛けの作り方とかラインの結び方とかかなって思ってますけど。

夏は忙しかったので、チャレンジ出来ず・・・


なので、秋こそはっていう感じでしょうか。
動画って野池でも良いし、
琵琶湖などの大きな湖でも良いとは思いますが、
大きな湖だと人が入ったりしますからね。

それはマズイ気がする・・・


最近の最新の動画には人とか入ってないようにしているのかな。

まぁ、ワームの付け方とか動かし方っていうのであれば、
人は入らないように出来ることも可能だと思います。

ちなみに、動画ランキングっていうのはあったりするのでしょうか?

バス釣りの動画でどこまで上を狙えるのか分かりませんが、
せっかく投稿するのであれば、用語解説してみたりと
みんなの役に立つ動画を作っていきたいですね。

ストレッチとかカレントとかいろいろ用語っていうのは
知りたい人もいると思うので、
そういったところで工夫して上手くやれたら良いですよね。

とまあ、動画についていろいろ言いましたけど、
それと一緒に仕掛けの結び方とかもう少し勉強しないと。

河口湖でバス釣りをアヒルボートで

河口湖でバス釣りっていうのが出来るか分かりませんが、
河口湖にはアヒルボートが浮かんでいるのは見たことがあります。

山中湖だったような気もしますが、
相模湖であったり、琵琶湖であったり大きい湖っていうのには
アヒルボートって浮かんでいるのではないでしょうか。

それ以外にゴムボートなんていうのは見かけはしませんが、
そのアヒルボートにバス釣りの道具、
ロッドやタックルっていうのを持ち込んでバス釣りしてみたいですよね。

もちろんそんなことは出来ませんが・・・


でも、アヒルボートをこいていると
水面に魚が見えることがあったりして、
釣りしたいって思ったことがある人いるはず。

ちなみに、アヒルボートって多摩川とか
江戸川とかの川では見かけることがないですよね・・・

どうしてでしょう?
流されてしまうからかな。


バス釣り大会がボートで
開かれる時っていうのは、
ボートの上にしっかり立てるようなボートを使うのだと思いますが、
そういうのを貸してくれるところって
愛知にはあるかな?

野池とかでは無理だし、
バス釣りを推奨しているようなところになるのでしょうけど。


そういったことで言えば、
徳島とか香川とかそういったところがありそうですけど、
大阪とか京都ってなさそうなイメージですね。

京都とか大阪っていうのは
観光で行ってみたいところではあるのだけど、
広島でも良いかな。

やっぱり行くなら美味しいものがあるところが良いですよね。
仙台とか広島なんて考えるだけでお腹がすきそう。

バス釣りの用語の単語帳!?

バス釣りの用語を覚えるために
単語帳を利用するという人はいないと思いますが、
分からない言葉はやはり単語帳ですよね。

よく埼玉の県庁所在地はとか、宮城はどこで、
新潟の名産は何かなんていうような
社会の知識を単語帳で詰めた記憶があります。

バス釣りで使うとしたら、香川県の野池はとか、
多摩川のポイントはっていうのでも使えそう。


ただ、大分だの福岡だのっていう遠くの地域っていうのは、
そうそう行かないので、覚えておいても仕方ないんですが・・・

北山ダムとかダムでの釣りっていうのはしたことがないのです。


後は湖でのボート釣りかな。

相模湖とかではボートを貸していたような気がするし、
河口湖とか山中湖とかでもしていたようなしていないような。

そういったバス釣りどっぷりのところに行くと、
カレントがどうとか、ストレッチがどうとか用語の出てくるし、
仕掛けの作り方とか道具の使い方なんていうのも
どっぷりバス釣りっていう感じになるので、
それはそれでちょっと楽しかったり。


通販ではバス釣りで検索するとロッドやタックル、
ラインとかいろいろ出てきますけど、
ルアーとかワームとか備品ぐらいなら良いですが、
ロッドとかであればやっぱり実際の店舗で買うのが
一番だと思うのですよね。

考え方にもよるかと思いますが・・・


それでラインでピンクのものっていうのは、
どうやって仕掛けと作ったり、結び方をするのが良いのでしょうか?

何か特殊な作り方とか結び方っていうのがあるのかなって思いますね。

バス釣りの初心者がするべきこととは

バス釣りの初心者がするべきことっていうのは、
まずは道具をそろえること。

ロッドやタックル、タックルと言っても
スピニングリールだったり、
ベイトタックルだったりといくつか種類がありますからね。


それとルアーやワーム、
フロッグなどを使った仕掛けの作り方を覚えることでしょうか。

ラインの選び方や結び方をとっても、
イマイチだとバスは釣れませんからね。

もちろんバスがいるポイントだったり、
琵琶湖や河口湖、山中湖っていうような
有名な湖や川に行く算段をするのは良いのですが、
何をするにしても基礎は大事かなって思います。

個人的にはYoutubeの動画を見ながらの
イメトレなんていうのは、
実際にポイント探す時だったり、
ボートの上でヒットした時の立ち振る舞いなんかを
覚えておくには良いんじゃないかと思います。


もちろんそういったことっていうのは、
実際にボートの上でやってみたり、
おかっぱりでやってみたりすることで
憶えていくものでもあるのですが。

入門っていうと難しく聞こえますが、
やはり最低限の知識は欲しいですよね。

別にカレントやバイトっていうような用語は必要ないと思いますが、
トップウォーターやスプーンなどのルアーの種類ぐらいは
知っているとお店に行った時なども
便利なのかなって思いますね。

最初は竿だって、
ルアーだってまずは安いものから始めれば良いわけだし、
当たって砕けろの精神でいくぐらいのほうが、
案外、大物の釣ってしまうのではないかとも思います。

バス釣りのワームの成果

バス釣りのワームの成果っていうのは、
実際、ルアーやフロッグに比べると
個人的にはあまり良くないですね。

ルアーでもトップウォーターや
スプーンなどいろいろありますが、
ルアーは操作とポイントが大事ですよね。

ワームはそれに加えて
仕掛けの作り方っていうのも関係あるのかなと。

おすすめの仕掛けの作り方などがあれば良いのですが、
あまり知らないので、
ラインの選び方や結び方もいつも同じだし、
ネコリグとかテキサスとかそういったところも
何か工夫したほうが釣れるようになるのでしょうか?

ただ、仕掛けさえ上手くいけば
おかっぱりからさらっと投げて後は
ちょんちょんっていう感じで釣れるんじゃないかと。

Youtubeの動画で見た感じではありますけど。


あれって簡単そうに見えていろんな技術が
詰まっているのかな?

動画などを見ているとカレントがどうとか、
ブレイクがどうとかってありますよね。

バイトっていうのはかかったっていうことだと思いますが、
ああいったのが理解できると手に汗を握ってみることも
出来るようになった気がします。

でも、動画はしっかり選ばないと
ラインの使い方とか太さの選び方など
しっかり言っているのもあれば、
ひたすら釣っている動画っていうのも様々ですからね。

山中湖や相模湖などなど行く湖や野池っていうのが
決まっているのであれば、
そこで釣りしている動画っていうのが良いとは思いますが、
そうは言ってもなかなか見つからなかったりするものなんですよね。

バス釣りのタックルはラインが・・・

バス釣りのタックルはラインが絡みやすいものと
そこまで絡まないものがあるのですかね?

スピナーベイトとかスピニングリールとかありますけど、
どれが扱いやすいのでしょう?

初心者の入門に便利なのはどっち?っていう感じ。

夏もそろそろ終わるので、
次は秋のバス釣りっていうことになりますけど、
ポイントとか変化あるのでしょうか?


それよりも宮城とか山県とか
東北のほうはあっという間に寒くなってくるので、
おかっぱりでもボートの上からでも防寒対策はしっかりしないと。


そういった道具のほうもちょっと興味あるな。


よく山梨の山中湖や河口湖か忘れましたけど、
秋とか冬だとボートの上にカバーが
かかっているところありますよね。

あれって別に秋田とか群馬とかでもあるとは思いますが、
やっぱり風が当たらなくなるというだけで、
だいぶ楽なんでしょうか?

まぁ、野池とかでは使えそうではありますけど、
多摩川とか江戸川とかでやっているのは見たことないし、
そんな大がかりなボート浮かんでいたら目立ちそう・・・


それとバス釣りは餌を落とすというよりは、
ルアーだったり、ワームだったりで
ロッドとアクションしなければならないので、
トップウォーターでもスプーンでも良いのですが、
座ってのんびりっていう釣りのスタイルは
向かなそうな気もします。

仕掛けの作り方とかラインの選び方とか
そういったことによっても変わってくるかと思いますが、
やっぱり防寒しながらバス釣りっていうのは難しいのかな。

バス釣りルアーが作りたい

バス釣りルアーっていうのは、
バス釣りする上では必須の道具ではありますが、
このバス釣りルアーを自分で作れるところっていうのは、
三重県ではないかな・・・?

やっぱり東京とか神奈川とか
都会のほうじゃないとダメなんですかね?

誰かの日記というか、
バス釣りブログで見たような気がしたのですが、勘違いなのかな・・・


でも、秋田とか山梨とかの山奥には
そういったお店っていうのがあっても
おかしくないような気はしますよね。

河口湖とか山中湖ってバス釣りが恐らく出来るでしょうから、
そういった湖の周りにないのかな。


さすがにロッドやタックルとなれば難しいと思いますが、
ルアーであればトップウォーターとかマンガか何かで
キャラクターが自分で作ったもので仕掛けを作り、
バス釣りしていたような想い出があります。


あくまでマンガではあるのですが、
Youtubeの動画とかでルアーの作り方とか探してみようかな。

よくワームとかラインとかおすすめがありますけど、
例えば同じバス釣りのチェーン店なら宮城でも
茨城でも兵庫でもおすすめの太さだったり、
色だったり、選び方なんていうのも一緒なんでしょうか?

ただ、場所によって野池の条件なども違うので、
そういったところは店員さんがある程度把握しては、
変えているのかな?ランキングってなれば、
勝手に変えるわけにもいかないんじゃないかと思いますけど・・・

まぁ、お店の事情っていうのを気にしても仕方ないし、
それよりは仕掛けの作り方とかポイントを少しでも調べたほうが役に立ちますけどね。