バス釣りの初心者がするべきこととは

RSS 2.0
バス釣りの初心者がするべきことっていうのは、
まずは道具をそろえること。

ロッドやタックル、タックルと言っても
スピニングリールだったり、
ベイトタックルだったりといくつか種類がありますからね。


それとルアーやワーム、
フロッグなどを使った仕掛けの作り方を覚えることでしょうか。

ラインの選び方や結び方をとっても、
イマイチだとバスは釣れませんからね。

もちろんバスがいるポイントだったり、
琵琶湖や河口湖、山中湖っていうような
有名な湖や川に行く算段をするのは良いのですが、
何をするにしても基礎は大事かなって思います。

個人的にはYoutubeの動画を見ながらの
イメトレなんていうのは、
実際にポイント探す時だったり、
ボートの上でヒットした時の立ち振る舞いなんかを
覚えておくには良いんじゃないかと思います。


もちろんそういったことっていうのは、
実際にボートの上でやってみたり、
おかっぱりでやってみたりすることで
憶えていくものでもあるのですが。

入門っていうと難しく聞こえますが、
やはり最低限の知識は欲しいですよね。

別にカレントやバイトっていうような用語は必要ないと思いますが、
トップウォーターやスプーンなどのルアーの種類ぐらいは
知っているとお店に行った時なども
便利なのかなって思いますね。

最初は竿だって、
ルアーだってまずは安いものから始めれば良いわけだし、
当たって砕けろの精神でいくぐらいのほうが、
案外、大物の釣ってしまうのではないかとも思います。