バス釣りのラインの結び方のコツ

RSS 2.0
バス釣りのラインの結び方って
いくつか種類があったかと思いますが、
ルアーを装着する時やワームやフロッグを使う時に
どうしても結び方っていうのが重要になるかなって思います。

用語で結び方の名前もあったかと思いますが、
太さや釣り方なんていうのも考慮しなければならないのかな。

釣り方なんてほとんど自分の確立されたものはないけれど、
練習していると結び方ぐらいは
そのうち覚えられるのではないかと思ってます。


ポイントって何ごともあるかと思いますが。


結び方もそうだし、ベイトリールやルアーのアクションもそうですけど、
そのポイントさえ掴めば後は慣れるまでひたすら頑張るだけですよね。

初心者セットのラインなどはカラーも透明のものが多いけど、
オススメなのがイエローとかピンクですね。

ああいうのっていうのは水中でも目立つと思うし、
ランキングでも上位に入ってくるんじゃないでしょうか。


ルプーンやトップウォターなどの動かし方っていうのが
イマイチでもカラーで何とかっていう気もしますし・・・

琵琶湖とか大きな湖っていうのはいろいろありますが、
夏に避暑地として最高なのはどこなんでしょう?


暑いところでバス釣りっていうのはかなりキツイと思うので、
そういうのも大事かと。

案外、その辺りの木陰のある野池っていうのは
最高の環境だったりするので、
そういったところで秋はゆっくりと仕掛けの作り方を考えながら
バス釣りに励むっていうのも楽しいそうなことではあるなと思いますね。