バス釣りのワームの動かし方はロッドの動かし方が大事?

RSS 2.0
バス釣りでワームの動かし方で釣れるか決まるわけですが、
動画とかを見ていると初心者と上級者との違いっていうのは
ブログなどにも書いてありますが、仕掛けの作り方であったり、
タックルとラインのコンビネーションであったりと様々ですよね。

フロッグでも同じことが言えるのかもですが、
ロッドの動かし方なんていうのも重要なんでしょう。


夏はいろんな人がバス釣りしたと思うので、
2013の最新の動画っていうのもたくさんありそうですが、
見ていて楽しいのは琵琶湖などの
大きな湖でボートの上でやっているものではないですかね。


付け方とか動かし方など参考になるものが多くありますし、
ランキングなどを見ていてもそういったものが上位に来るのではないかと思います。

カラーとかこだわりはないですが、
セットを買う時にラインのカラーなどが様々だと
そのカラーによって選んじゃうこともありますね。


ロッドやルアーのデザインっていうのもそうですが、
気にしないと言いつつ気にするみたいな。


まるでポイントを選んでいる時のようです。



練習する時も釣り方や動かし方を練習するだけだったらどこでも良いのですが、
バスが釣れるかもって思うと、おかっぱりの場所もこだわりたくなっちゃいますね。

千葉とか東京とかでどこか野池で練習する場所があれば知りたいのですが、
ネットで探せばすぐに見つかるのかな。

ただ、ネットでいろいろ知るのは良いですが、
コツとかっていうのは結局、自分で掴むしかないので、
やっぱり練習あるのみですよね。