バス釣り初心者の練習法には何をしたら?

RSS 2.0
バス釣り初心者の練習っていうのはいろいろあるかと思いますが、
動画のYotubeなどで探してもいろいろ出てきますよね。

ワームを覚えたりっていうのも初心者には大事かなって思います。


秋になると涼しくなるので、野池とかにも行きやすいですしね。

ブログなどを見ていても、仕掛けを公開している人はいるので、
タックルとかラインとかフロッグなどなど
初心者にはありがたい資料ばっかりですね。

夏にはスマートフォンでブログを見ながら仕掛けを作った覚えが・・・

動画も2013年になれば、最新の野池のものがあるだろうから、
わざわざ過去の見る必要はないでしょうし、

季節だって検索で指定出来ますしね。

琵琶湖とか相模湖とか大きな湖となれば、
いろいろと思うところもありますが、
ワームの付け方とか動かし方っていうのは
野池やそれこそ家でも十分だと思います。

オススメされたことがあるのは、
家でロッドの動かし方を練習すること。


これっていうのはルアーの操作に繋がってくるというか、
ベイトを使いながら狙ったポイントに落とすのでも良いのですが、
まずは釣り方を上手くなるために初歩のステップっていう感じなんですかね。

金森っていうのがバス釣りの場所としては
良いっていう話は聞いたことがあるようなないような。

遠賀川っていうのもあったり、霞ヶ浦っていうのもあったり。

どこも行ったことありませんが。

有名な場所にこだわるよりも、
まずは釣れることが大事ですから、釣れるように練習が優先かな。