バス釣りの仕掛けのルアー選定

RSS 2.0
バス釣りの仕掛けのルアー選定については、
いろいろやり方があるかと思います。

仕掛けの種類であったり、作り方っていうのはもちろんですが、
出来る動かし方とか出来ない動かし方とかがあると、
それでルアーも限定されてきてはしまうのではないかと。

タックルとかロッドとかとの組み合わせなんていうのもあるので、
自分の付け方であったり、動かし方にあったルアーだったり、
ワームだったり、フロッグだったりっていうのを使えば良いのですが。

パンチングとかカレントとかいろいろ用語はありますが、
仕掛けの作り方をいろいろ覚えるのであれば、
用語も覚えておいたほうが良いのは間違いないですね。

それと、千葉のどことことか、岡山のどことことか、
ブログなどを見ていると、各県のどういった野池で
よく釣れるのかなんていうのも覚えるようになってしまいますね。

琵琶湖とかであれば、すぐに覚えられますけど、
福島とか広島とかの野池の話を聞いても最初は分かりませんが、
ネットでいろいろ見ていると覚えちゃうかと。


これっていうのは、仕掛けの種類とか作り方なんていうのもそうで、
特に動画を見ている人であればなおさらではないかと思います。

ストレッチとかチャンネルとかっていうような用語も
そういう意味では同じかと思いますが・・・

そうやってバス釣りの世界に浸っていくうちに、
いろいろ覚えていくっていうのが実は案外、
一番すんなりと覚えられる方法なのかもしれないなって思いますね。