バス釣りの仕掛けの種類は1つで良い?

RSS 2.0
バス釣りの仕掛けの種類はいくつも知れば、
楽しいかもしれませんが、
ルアーやワームなど1つしか知らなくてもそれはそれで良いのかなと。

釣り具メーカーもシマノとかダイワとかありますが、
どちらもそれぞれ良いように、
仕掛けもそれぞれに良さがあるので、
人気のものだったり、流行りのサイズであったり、
ランキング上位のものにこだわらなくても、
おすすめっていうのが1つあれば良いんじゃないでしょうか。

ラインの色もピンクでもブルーでも良いとは思いますが・・・
ブルーなんてあるか知りませんが。


太さなどころころ変えるのではなくて、
スピニングリールなどを合わせて同じものを使うことによって、
釣り方などにも工夫が出てくるのではないかと思います。

フロッグとか使い方が難しいような気がしますが、
それも結局な慣れだと思いますし、
結び方も付け方も全部そうだと思います。


ダウンショットとかネコリグとかいろいろありますが、
まずは仕掛けは作り方を1つ覚えて、
それに合わせた釣り方も1つ覚えてってやっていくのが良いかと。

琵琶湖とかだときっと多くの釣り人がいて、
そういった人たちの釣り方だったり、
タックル、ロッド、何から何まで目新しく見えちゃうので、
ついつい見行っちゃったりするのですが、
何事にも迷わされずに1季節ぐらいは
同じものを使い続けるのが良いんじゃないでしょうか。

とは言っても、ルアーの改造であったり、
チューニングっていうのが大事なので、
それはそれで覚えたほうが良いとは思いますが。