バス釣りの仕掛けの作り方のコツ

RSS 2.0
バス釣りの仕掛けの作り方のコツっていうのは、
ワームだったり、ルアーだったりと使うものによって
違うのかと思います。

ただ、ラインの結び方とかポイントっていうのが
大方似ているのではないかと思うので、
そうなると練習しておけば、
いざという時にいろんな作り方に対応出来るのではって感じ。

ルアーとか通販でいろいろ見て、
ランキングで上のほうだからと言って購入しても
使えないと意味ないですからね。

サスペンドタイプのルアーなどは
やっぱり作り方とは実は異なるのかな・・・?

ブログとかもよく見たりしていますが、
バス釣り以外にもいろいろあって、
各地の名産のは見てしまいますね。

広島ならカキとか広島焼きとか、
宮城なら牛タンなどなど。最初はスピニングリールだったり、
ベイトタックルについて調べていたのに、
途中で千葉のマザー牧場のブログになっていた時はビックリでしたけど(笑)

オススメのカラーとか、
初心者向けのおかっぱりのポイントとか、
釣り方なんていうのは親切だな~って思います。

改造のやり方とかもありますが、
それはやり過ぎるとダメにしてしまったりしたり。


チューニングも慣れてくると、
改造も良いかなって思ったりしているんだけどね。

ただ、基本的に改造するのは、
ルアーやワームだけに限っていますけどね。

ロッドとかタックルとかを改造して、
使えなくなってしまうとダメージが大きかったりすると思うので、
そこはやはり保険的な意味合いもかけてですけど。