バス釣りの秋のルアーのポイント

RSS 2.0
バス釣りで秋のルアーのポイントってなんでしょう?

動画とかでも説明されているかもしれませんが、
そもそもワームだったり、フロッグだったり、
ルアーだったりと数が多いですよね。

しかも、それらを使って仕掛けを作り出すというのは
ブログを見ていてもそうですが、
初心者にはなかなか難しい世界。

ラインやロッド、リールでさえ
違いが分からなければまだまだってことかな。


というか、秋が涼しくなってきて
バス釣りには良い季節ですよね。

夜はちょっと寒いし、朝は冷えますけど、
のんびり出来るっていうのは秋が一番かなと。

野池に行ったりすると、誰がやっていたりもしますが、
そういった時にポイントが埋まっていたり、
相手が釣れているのに釣れないとちょっと悔しかったり。

これって勉強するためのキッカケになるのですが、
どうしても最新の道具ばかりに目がいきがちなんですが、
ランキングで上のものも良いですが、
古くても本当にオススメされているもののほうが
つれたりするのであないのかなって思います。


付け方が簡単とか、アクションがしやすいっていうのは、
大事な要素なので、仕掛けの種類や作り方も大事ですが、
まずは自分に合った仕掛けっていうのを
見極めるのが大事かなって思います。


もちろん、その池や川には合わないと意味がないので、
東京の多摩川とか、大阪の何とか池にはコレっていうデータも
大事なことには変わりないかと思いますし、
それも立派なデータっていうものになるかと。